ヒューリック 株式会社(旧・日本橋興業)東証1部新規上場

Hulic_logo




旧日本橋興業 明日東証一部上場予定




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
コード業種市場承認日公開予定日
3265不動産業東12008/10/062008/11/11
主幹事
みずほインベスターズ   
【事業内容】

  不動産事業及び保険代理店事業
公開株数合計30,000,000売買単位100
公募株数10,000,000売出株数20,000,000
発行済み株数公開日前⇒136,428,700.00
公開日現在⇒146,428,700.00
資本金公開日前⇒1,670,151,000円
公開日現在⇒3,879,151,000円
仮条件提示日2008/10/21
ブックビルディング(始)2008/10/23ブックビルディング(終)2008/10/29
公募価格決定日2008/10/30
申込期間(始)2008/11/04申込期間(終)2008/11/07
仮条件470円~520円仮条件のPER(前期ベース)13.75~15.21
公募価格470円
公募価格のPER(前期ベース)13.75公募価格のPBR(前期ベース)1.28
調達資金使途不動産賃貸業務の拡充及び強化を図り、将来にわたり効率的・安定的な賃貸収入を一層強固なものとするために、東京都心部等の駅周辺・交通至便な優良立地のオフィス賃貸用の新規物件取得に充当予


こんな時なので、途中で中止ないし、延期になると思いましたが、その様な事も無く
明日、東証一部新規上場となりました。有り難い話ですね…。



http://www.tse.or.jp/listing/new/200811/11hulic.html 詳細は東証HPより




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会社設立年月日1957年03月26日
会社住所103-0027 東京都中央区日本橋2-5-13
代表電話番号03-3271-7541
社長名西浦三郎
ホームページhttp://www.hulic.co.jp/
監査法人新日本有限責任監査法人  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
主要株主
株主名比率
千秋商事(株)14.51%
東京建物(株)9.38%
(株)損害保険ジャパン9.38%
明治安田生命保険(相)9.38%
沖電気工業(株)7.15%
日本抵当証券(株)6.82%
みずほキャピタル(株)6.15%
安田不動産(株)5.40%
昭栄(株)5.08%
安田倉庫(株)4.93%
※主要株主の持株比率は目論見書に基づき、潜在株式を含めた割合を記載しております。
社員数229人(2008年08月31日現在)
代表者生年月日1948年06月10日生まれ
代表者略歴
年月概要
1971年04月(株)富士銀行入行
1995年05月同 数寄屋橋支店長
1998年06月同 取締役法人開発部長
1999年05月同 取締役営業第一部長
2000年08月同 常務執行役員法人グループ長兼法人開発部長
2002年04月(株)みずほ銀行常務執行役員
2004年04月同 取締役副頭取
2006年03月当社代表取締役社長(現任)




どこまで続く不動産倒産!危険信号“48社”

世界を揺るがした金融危機の陰に隠れ、不動産会社の倒産劇が大々的に報じられることはなかった。しかし10月下旬に山崎建設(ジャスダック)、ノエル(東証2部)、ダイナシティ(ジャスダック)が倒産している。3社は、危機が叫ばれ続ける建設・不動産会社だ。
 今年に入ってから上場会社の倒産は27社。そのうち建設・不動産が18社にのぼる。危ない業界の筆頭だ。
 この先も倒産劇は続くのか。帝国データバンク情報部の中森貴和氏が言う。
「不動産危機は去っていません。ファンドや金融機関から資金を借り入れ、不動産を開発、高値で販売するというビジネスモデルが崩壊したのです。マンション販売を中心にする会社は今後も苦しい。倒産は続くと思います」
 PBR(純資産倍率)という指標がある。会社の資産価値で、単純には1倍を切るとマーケットは割安と判断する。だが落とし穴もある。
「0.5倍を切るような会社は実態とかけ離れ過ぎています。悪材料がひそんでいると判断したほうが賢明です」(投資ストラテジストのリチャード・コーストン氏)
続きはhttp://netallica.yahoo.co.jp/news/54378



続きには PBR のリストが載っています。



【PBR「0.3倍以下」の上場不動産】
◇社名/PBR
◆パシフィックホールディングス/0.03
◆アゼル/0.07
◆日本エスコン/0.07
◆サンシティ/0.07
◆明豊エンタープライズ/0.09
◆ジョイント・コーポレーション/0.10
◆東栄住宅/0.10
◆クリード/0.12
◆原弘産/0.13
◆大和システム/0.13
この会社に続くリストも載っています。この中でも、取引可能な会社もあるでしょう、それをシビアに探る必要はあるでしょう。また、残念ながら、会社は辛うじて何とかなりそうだったけど、株価の下落や銀行の取引姿勢で状況が変わってくる会社もあるかもしれません。



東栄住宅の株価情報 http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?scode=8875
この会社に事が及ぶと、実態は兎も角イメージ的な影響も大きく。だいぶ前から
個人的には注目しています。皆さんはどのようにお考えでしょうか?
考え方見方は変わられましたか?



色んな事がこちらの意図するスピード以上で動いているのは現在だと思います…。