駒大、資産運用損失154億円 キャンパス担保で穴埋め

駒大、資産運用損失154億円 キャンパス担保で穴埋め



駒沢大学(東京都世田谷区)が資産運用で始めたデリバティブ取引で、150億円を超える損失を出していたことが18日分かった。損失穴埋めのため今月、
キャンパスの土地建物やグラウンドを担保に多額の銀行融資も受けている。大学側は事態を重く見て、17日付で調査委員会を設置。文部科学省も報告書の提出
を求めた。



予想通り徐々に最終投資家の損失が表に出始めた。
http://www.asahi.com/business/update/1119/TKY200811180350.html



年間総収入400億円、人件費100億円 前年のデリバティブ運用益1億7000万円、今年の予定2億7000万円が上のような結果…。



でも、ご安心ください。駒大のレベルではない組織があります。ご存知カルパースです。



その運用の一部ですが、こんな結果になってます。



米カルパース:7-9月に112本のREIT購入、10月相場急落の前に
            

     11月13日(ブルームバーグ):米最大の公的年金基金であるカリフォルニ
ア州職員退職年金基金(カルパース)が、不動産投資信託(REIT)相場が
10月1日以降の数週間で急落する前に、100本以上のREITを仕入れていた
ことが、当局への届け出で明らかになった。         


      

13日付の届け出によると、カルパースは2008年7-9月(第3四半期)
に112本のREITを購入。9月30日時点で総額4億8200万ドル(約470億
円)と見積もられている。現在の評価額は約2億4500万ドル。         


      

カルパースは、ロサンゼルスの北で総面積1万5000エーカーの住宅開発
事業を手掛けるランドソース・コミュニティーズ・デベロップメントへの9億
7000万ドルの投資でも損失を出す恐れがある。REITはこの1年の大半は、
株価より堅調な動きだったが、10月に始まった市場崩壊の先陣を切って下げた。         


      

MSCI米国REIT指数は今年1-9月に、配当も含めて1.9%上昇。
同期間にS&P500種株価指数は19%下落した。その後、S&P500種が22%
下落したのに対し、REIT指数は42%下げている。         


      

広報担当のクラーク・マッキンリー氏によると、カルパースは昨年12月、
不動産への資産配分比率を8%から10%に引き上げた。同氏はこの日の届け出
についてはコメントを控えた。カルパースは12日には、保有している住宅資
産の時価総額が34%下落し、6月30日時点で61億ドルになったと発表した。         



0003478






今あるとこでやっているアンケート途中経過

原油価格の下落はどこまで募集期間:11月14日~11月20日



7月に147ドル台と、150ドルに迫るところまで上昇した原油市場は

その後一気に反転。

12日の市場では55.03ドルと、高値から半値以下どころか

約1/3にまで迫ろうかと言う状況になっています。

高値を付けた後の8月に年末の原油価格についてアンケートしたときには

80ドル以下を見越していた方が19%しかいなかったことが

信じられないような状況です。

(最も低い水準が80ドル以下と言うあたりで、設問自体が状況を読めていませんでしたが)

さて、この状況で再びアンケート。

年末の原油価格はいったいどの水準でしょうか。

ちなみに、2000年代に入って上昇してきた原油価格は

2006年に80ドル手前で一旦頭を打ち、

2007年に入って50ドルを瞬間割り込んだところが

直近の安値となっています。






























~30ドル 03年以来の20ドル台へ 17%
30~40ドル 03年に頭を抑え04年年末に下値を支えた40ドルを割り込む 12%
40~50ドル 07年は下値を抑えた50ドルを割り込む 26%
50~65ドル 50ドルが下値のメドに、その後安値圏揉み合いへ 29%
65~80ドル 調整局面終了、行き過ぎ分の調整へ 9%
80~100ドル 商品市場への資金の流れ復活、再び上昇へ 3%
100ドル~ 大荒れの展開再び




バーリントンハウス馬事公苑


東京都内の物件における耐震性の調査とその対応について
(世田谷区内の老人ホームの耐震性不足が判明)


平成20年11月12日





国土交通省では、世田谷区内の建築物について、確認図書と竣工図書※が整合しておらず、耐震性が不足するのではないかとの情報提供を受け、特定行政庁である東京都に通報し、東京都において調査を進めてきました。

今般、東京都より耐震性不足が判明したとの報告がありましたので、下記のとおり公表します。

なお、東京都の検証では確認図書の通りに施工されていれば建築基準法違反はなかったと見込まれますが、今後、東京都において精査を行う予定です。

国交省HP http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000054.html



馬事公苑を散歩する時、この立派な建物を何回か見掛けたが、しかし、これほどの価格の建物でさえ、この様な事を行ってしまうのはどこから来るのだろう?
http://www.roujinhoumu.com/sisetu2/425.html



06002_001



安い物には理由があると言う見方でいると、一つのヒントになるがこの様な事になるとその判断では駄目になる。そんな時、どうするかと言えば、それは信用。その一つの手掛かりは、大手だからと言う物もあったが、そんな事では成り立たなくなったと言う現在であります。



日頃、感じませんか?大手の業者ほど、名刺では商売するけれど、一人ひとりを見ていると、それより小さな業者の人と比べると、説明が薄っぺらで表面的だったりする事を…。



 会社の規模は別として、人の出入り(会社内での移動、離職率を含め)などもその業者の信用度を示す指数かも知れない。でも、あまりにも動かさなさ過ぎて、「のほほん過ぎる」業者もありますよね。



 







ノーブレス・オブリージュ無き社会の行き着く先

もう二十年前になるかなあ。今日、夫婦2人が自宅玄関先で殺害された現場の数十メートル先の住宅によく行っていた。



山口元事務次官は東大法学部を卒業後、1965年に厚生省に入省、年金局年金課長
、年金担当の官房審議官、年金局長などを経て、96年から厚生事務次官を2年9カ月
担当した。その後、社会福祉・医療事業団と、事業団が組織変更した独立行政法人福祉
医療機構の理事長を08年3月まで務めた。現在は、全国生活協同組合連合会理事長。
年金課長時代に85年の年金制度大改正を手がけ、省内では「年金制度のスペシャリス
ト」と呼ばれていた。



仏の山さんと言われていたが、本業については結構はっきり言う為、嫌われていた面もあったとか?一応時期柄、ノーパンしゃぶしゃぶリストに載っていた。



浅野史郎ブログ http://www.asanoshiro.org/mm/031021.htm



吉原健二(72歳)厚生年金事業振興団理事長

   1955年 4月 旧厚生省入省

     88年 6月 厚生省事務次官

     90年 6月 退職

   1990年11月 厚生年金基金連合会理事長

   1999年12月 (財)厚生年金事業振興団理事長




   厚生省での報酬・合計 4億8919万円

      給与 4億0331万円

      退職金  8588万円

   厚生年金基金連合会理事長の報酬・合計 2億0419万円

      給与 1億7353万円

      退職金  3066万円

   (財)厚生年金事業振興団理事長の報酬・合計 9900万円

      給与 8414万円

      退職金1486万円




   総合計 7億9238万円
http://www.news.janjan.jp/special/0403/0403011541/1.php



年金テロなのか?いずれにしてもこんなにならないうちに直すという自浄努力があれば、全く無かったのでしょうね。



年金・事故米など、このところ同じ様な問題が頻繁しているので…。



ノーブレス・オブリージュ無き社会の行き着く先の一つの結果なのかも知れない。けれど、今後このような事が無いように、お互いのレベルで努力するしかない。不幸な時代に入ってしまったのだろうか…。



このようなコンフュージョンな時に、どのような政治家が出てくるか、その事によってその国の将来が決まるかも知れない。殊更、変なムードで煽らずに、一つ一つ説明し理解してもらう。状況の厳しさを正直語る。その事は、その指導者にとっても必ずしも良い事ではない。



この様な事は、国だけでなく、個々の企業においても同じである。経営の重要さは、普通の時ではない。今のような時に会社によって差が出る。厳しいからと言って、下の者だけにプレッシャーを与える、MBA的経営が駄目なのは、今のアメリカを見れば判る。自分の能力を冷静に分析した上で、自分お足元をしっかり見て、浮ついた行動でなく、腹を括った行動が要求される。



http://jp.youtube.com/user/BarackObamadotcom



一曲  [Someone Saved My Life Tonight] by Elton John -



http://jp.youtube.com/watch?v=G0dUhYc0sic&fmt=18