「マーク・フェルト氏亡くなる」

マーク・フェルトさんと言っても、普通の人はそれは誰だとなるでしょう。
彼の別称は、ディープ・スロート。映画のタイトルですが、ウォータゲート事件が発覚した時
ある意味、内部告発的な情報を出したその人であります。
本人は内部告発ではない、手法も、その確信の情報はここにあるというサゼッションという手法でありました。当時FBI副長官であった彼が、何でこの様な事をしたかは色々ありますが、その事によって、米国民は、権力とは何なのか?こんな事までできるのかと、ある意味政治に落胆させられた訳です。
 Photo_3

2005.5.31に自分がディープスロートであると告白し、ボブ・ウッドワードをはじめとする関係者もその事を認めています。30年間この事を隠してき
たのは、FBIという情報を扱う部署にいた者として最低限の仕来りを守ろうとしたのかも知れない。その事を公開して、今日、95歳でお亡くなりになったと
言う事は、ひょっとすると肩の荷を降ろして向こうへ旅立ったのかも知れない。











Photo_4
映画「大統領の陰謀」(1976)で、ディープスロート役を演じた。ハル・ホルブロックさん
当時、映画を息を詰まらせながら見ていたのが懐かしい。



更には、その後、J・エドガー・フーバーの本を読んで、ニクソン問題を上回る事が、フーバーの下で行われていたんだなあと、寒心(ぞっと)したものだった。
 同じ情報マンとしては、彼らをどのように判断してよいのかは、まだ、答えが出ていない。





明日21日は 「冬至」 です

12月20日付 編集手帳



 日本初の近代的な国語辞書「言海」を著した大槻文彦は本名を「清復」という。「きよまた」あるいは「きよしげ」と読んだらしい◆人名にはめずらしい「復」の字は、冬至の日に生まれたことにちなんで付けられた。北半球で一年のうち夜が最も長くなる冬至は古来、陰から陽に転じる時の意味で「一陽来復」と称され、その「復」をもらっている◆あすは冬至、日の長短はともかくも、後を絶たない食品偽装や振り込め詐欺などで世相は濁り、不況の濁流にのまれて雇用の視界はきかない。いつにまして「清復」の二文字、清澄に復する日が待たれる年の瀬である◆実際には冬至のころから寒さが増し、昔の人は〈冬至冬なか冬はじめ〉と言い習わして戒めた。景気はいまが陰の極みなのか、冬はじめではないのかと、多くの人が不安を募らせている◆不安を解くのは政治の仕事だが、自民党内はいま、やれ「離党者には刺客を送るぞ」、やれ「批判封じは平成の大獄だ」と“幕末ごっこ”で多忙らしい。辞書の名前「言海」は文字通り、言葉の海である。



益体(やくたい)もない言葉ばかりを浮かべた海が、永田町にはある。





(2008年12月20日01時51分  読売新聞)





暦については下記サイトをご参考にしてください







2008title


























Photo_2



「長崎バイオパークのカピパラ親子のゆず湯」 http://www.biopark.co.jp/staff/2008/12/1_1.html





Only the good die young

2008年も数々の名選手が引退することになったプロ野球界。球史に残る多くの名勝負の舞台となった広島市民球場も、今シーズン限りで広島カープの本拠地
としての歴史に幕を下ろす。ここでプレーすることに情熱を燃やした選手たち。「炎のストッパー」と呼ばれながら32歳の若さで脳しゅようで亡くなった投
手・津田恒美さんと40歳を過ぎても150キロ近い速球を投げ続け「中年の星」と呼ばれた大野豊さんの情熱を振り返る
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2008-12-20&ch=21&eid=20623&p=1 NHKアーカイブにて



Photo




今回も涙無しでは見れなかった。思い込みが無ければプロにはなれない。でも、思い込み過ぎても…。でも、思い込まない奴より思い込み過ぎる奴の方が可能性がある。



「弱気は最大の敵」 僕は神宮の最後の球、ボールをストライクと審判に言わせた気力は忘れる事ができない。



Photo





Only The Good Die Young by Billie Joel









ダイア建設株式会社 民事再生法の適用を申請

ダイア建設株式会社



民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ



民事再生手続申立に関するお詫び 代表取締役 加治 洋一



TDB大型倒産情報より



 その後、主力行が特別公的管理(一時国有化)の決定を受けたことで動向が注目されたが、準メーン行をはじめとした支援のもと再建が進められ、2000年には米大手投資ファンドのサーベラスグループと資本・業務提携で合意するとともに整理回収機構と債務弁済協定を締結。2002年には整理回収機構の債権がサーベラスグループに譲渡されたうえで、その一部は金融機関に再譲渡することで合意していた。

 しかし、その後も不動産価格下落に伴い所有不動産が含み損を抱える事態となり、2003年には大幅債務超過となったことで、同年5月には「ダイア・リバイバル・プラン」を発表。同年8月に産業再生機構の支援第1号の決定を受け、同年末には金融機関より900億円を超える債務免除を受けていた。

 この間、支店の統合・廃止、関係会社の整理などリストラを断行、マンション事業に特化し立て直しに努めてきたが、売り上げは年々減少。昨今においても販売市況の低迷から2008年3月期は販売戸数が計画を大きく下回ることとなり、年売上高約409億7600万円に対し、約31億9500万円の経常赤字を余儀なくされていた。さらに3月には子会社株式を売却することで資金を捻出、仕掛物件や完成在庫の販売に注力していたが、10月以降、マンション販売がさらに落ち込むこととなり資金繰りはひっ迫、今回の措置となった。



負債300億円



株式会社アゼルとの業務提携に関するお知らせ



ダイア建設株式会社との業務提携契約解除に関するお知らせ 22日は こちら







技術はあるのでしょう・・・。

本日12月19日、数社から問い合わせがあり、確認できたところメインの会社が午後3時過ぎに何らかの手続きをするのではないかと聞き、現地に向かったようです。午後には出荷が止まったとも聞いていますが、この件に関して続報を含め判っている事あればご連絡お待ちしています。



東京大学(東京)などと共同で成分の約8割に廃材を再利用したH型建材を開発。低価格を前面に首都圏などの住宅メーカーに拡販



廃材を8割再利用のH型建材開発



所 在 地    本社工場  東京営業所



事業内容    



  • プラスチック成型品製造販売


  • プラスチック建材製造販売


  • 室内ドア・クローゼットドア・玄関収納・造作材製造販売


  • 住宅用金具製造販売


  取引銀行



  • 福井銀行岡本支店


  • 三井住友銀行福井支店


  • 中小企業金融公庫福井支店


≪追加≫



12月20日(土) 12月22日の決済で銀行から融資受けられず自己破産申請した模様



日本プロファイル工業 株式会社



会社概要 http://www.n-profile.co.jp/company/outline.htm



連携体の構成 連携体の構成 事業推進体制 事業推進体制



『新連携』で住宅内装新素材 多くの特質、再利用も 中日新聞より



場所は下記↓↓↓



http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E136.14.58.170N35.54.30.540





視聴率と視聴質

あなたが、会社の広報担当で、もし、その広報予算を効果的に使ってくれと頼まれたのならどのように、繰り回しますか?



視聴質とは、テレビ・ラジオ番組の質、視聴者の質、視聴の質などを測る尺度として実現が期待されているもの。しかし何をもって質と定義するか、という点で判断が難しく、古くから検討されているものの業界標準の指標としては実現していない。放送局別ではそれぞれ独自の調査を数多く行っている。スポンサーサイドでも、例えばトヨタはアメリカにおいて、IAG Researchという視聴質調査会社に対して、NBCとエンゲージメント保証契約?と言う発想で取り組んでいる。
 なお、このIAG Researchをニールセンがこの春、2億2500万ドルで買収した。
日本における例、TV朝日、リサーチQはこちら 



視聴質と言う発想は、単にCMと言う事だけでなく、どの業界にとっても判りにくいが故に、最も重要な事であります。それは、お菓子を買う事や車を買う事は、毒が入ってなかったり、変な車を買わなければ、一時的な事で、色々あっても精神的には一次的な我慢で対応ができます。
 しかし、我々、住宅産業においては、この事については、間違えると我慢の限界を超える事となります。視聴質調査では、記憶に残っているとか満足した程度であるのでしょうが、住宅質調査をすれば、最終的には、あなたの家を作ってくれた業者を、友人・知り合いに紹介できますかいう調査内容にいたる筈です。



何が言いたかったと言えば、そんなような事を意識して言葉だけでなく、実行できる会社ができるだけ多く増えるように、我々も応援協力していきたいと思っている次第です。そんな事が簡単にできる訳ではありませんが、自分の周りでこつこつと努力している事なども紹介していきたいと思ってます。



会社のHPを見ていると、連動でブログが書かれていたり、業界の情報がリンクしていたり、コラムが書かれていたりします。皆さんの会社のHPは、どのようになっているでしょうか?また、会社だけでなく、支店サイドでも構わないと言うより、本社より、拠点の方が良いかもしれません。そんな事やってないって?
 まあ、遣り方様々、ただ、どのような遣り方にしてもメッセージを出せてないのでは、これからの企業社会においては、少し足りないのではと思うこの頃です。



自分のお仲間さんでこんなとこにコラムを書いている方がいます。
http://www3.ocn.ne.jp/~toyama/column.htm  (コラム 板目/柾目)
皆様も、自分の会社のHPを見直してみたり、同業者さんのとこにアプローチしてみるなどの今でもできる事から、スタートしてみませんか?



来年はしんどいと思っていても何も空からChristmasプレゼントが降ってくる訳はありません。でも、その時を、営業者でタバコを吸っているのなら、その時に何かはできる筈です。そんな当たり前の努力をしているかしてないかは、空で神様は見ているはずです。
上司の人も、下を数字で追い込んでも何も出てきません。こんな時こそ、上の人こそが目先の数字にならない事を率先していくべきです。そして、下の追い込められている部下の呪縛を解きはらってください。
 来年がどんな年になるかは皆さん判っていると思います。この様な事に対しての準備をとこのブログで随分前から言ってきましたが、世の中がこの様に進むにつれて段々、首が絞まっていくのを見ていて苦々しく思っているこの頃です。



http://www3.ocn.ne.jp/~toyama/column.htm  (コラム板目/柾目)
 ブログの左側にあるリンクリストにも載せておきます。
俺のとこもやっているよと言う事がありましたらご紹介ください。





誰も米国だけに責任を求める事は出来ない

最近のコメントや決算発表時の業績説明のところで、「サブプライム問題の影響」という文面を見る機会が多くなった。それは確かに問題点の一部ではあると思いますが、日本も輸出(米国・中国)に頼ってきたのは事実で、その間内需拡大などを遣ってこなかったツケでもある。



12月19日(金)日経の朝刊であるがTOP記事で最近特集が組まれている、「世界同時不況」今何をすべきか④で国際通貨研究所理事長の行天富雄氏が出ている。今回のは「多極体制、経済の支えに」と言うことだが、一番最後に段落に日本モデルを少しだけ述べている。



時間のある時、記事を御覧下さい。



以前仲の良い方に、「日本はこのように無駄なお金の使い方をせず、何かの危機に備えて蓄積を重んじてきた筈」と自分と意見が同じ話になった事がある。そのために会社も配当重視ではなく内部留保をを高める事を行ってきた。また、中小企業も会社が危機に瀕した時は、個人資産を出してでも仕入先には迷惑をかけないと言う意地もあった。そのためには過大な借入をせず自分の器にあった経営(現金主義もその一つ)を目指したのかもしれない。「儲かるから大きくするそれも間違いではない」のですが、少なくても2~3年先、5年先、10年先の見通しやその点を踏まえ今一度考える時かもしれない。



序でに実需について、同じく同日日経の社説ですが、



社説2 産油国の焦り映す大幅減産(12/19)



住宅においても実需にあった最低限の需要はある筈で、量的な家作りは当面見込めないものの、それには何をすべきかが重要な問題になってくる。コスト高になっても施主にとって質的な向上(目に見える部分の付加価値ではなく)も注目点と思うのですがいかがでしょうか?







ザ・ロック(Rock of Gibraltar)

「世界に近づいたのか…」 マンチェスター・ユナイテッド=ガンバ・大阪



Photo
ロックオブジブラルタル 
(Rock of Gibraltar)




2002年 カルティエ賞年度代表馬、
最優秀3歳牡馬、
G1・7連勝の世界記録樹立
生涯成績 13戦10勝
獲得賞金 1269804ポンド



2007年一年だけ、静内で種牡馬として過ごし、147頭の種付けを行った。その後、アイルランドへ帰国した。



この世界的名馬の所有権を半分、アレックス・ファーガソン(マンチェスターユナイテッド監督)保有していた。ザロックが重賞をはじめて勝った後、クールモア側からプレゼントされたものだった。ただし、口約束で書類を交わさなかった事から、引退後の所有権について訴訟となった。結果としては、引退した種牡馬については、クールモア側が所有、ファーガソンは、4株の種付け権利を得ると言う形になった。初年度の種付け料は、1頭について890万円、合計25億円にもなった。クールモアスタッドのマグナーは、当時、マンチェスターユナイテッドの筆頭株主でこの権の中、買収が行われ、一時は25%所有までいった。監督の解任要求かというともまで行ったが、ザ・ロックの問題が決まった事から、マンチェスターユナイテッドの株は売却された。



なお、シンジケートの最高額は、先の記事に書いたフサイチペガサスの72億円といわれている。このシンジケートを取り仕切ったのは、クールモアのマグナー氏であった。



 最初にこの話を聞いた時、ファーガソンもいつもの癖が出たのかと思ったけれど、どうやら種牡馬シンジケートをクールモアがした時に何も話が無く進めたのではという話を聞く事ができた。そして、ここには種牡馬バブルというものがある事が人間をこの様に動かせた。



その後もManchester United Football Clubの株式問題は、燃え続けている。こんな事ができるのは、やはり遠巻きに見ていても、プレミアバブルと言うものがあったのだと思う。今、そのバブルも何らかの形になろうとしている。今後、どのような事があるかは判らないが、変化の兆しは既に起きつつある。



何かが進む時、ある種のバブルが起こる時がある。それを完全に否定していてもその先は無いのかもしれない。でも、そのバブルを膨らまし過ぎないと言う節度が社会にあれば良いのだが…。洋の東西を問わず人間は、その欲望に繰り返し揺さぶられ、そして悩まされる。時には悩みに留まらずにその存在について問われる時も多い。



今日の横浜であった試合を、どのように評価するかは人それぞれであるが、この先に、日本サッカーが進むには、何か考えるヒントになるような気がする。それを、世界に近づいたと簡単な言葉ではあらわせられないとは思うけれど…。








「細い道を歩く」

---なるほど。それでは、実際に起業するときのポイントは?


   

関口 これは簡単な話で、「とに
かく細い道を進む」という心構えを持つこと。すでに誰かが整備してくれた、でっかい国道のような道を進んでも、もうビジネスチャンスは残されとらんのやか
ら。だから、人生の中で、特にビジネスシーンにおいて、細い道を見つけたら、とにかくその道を進むこと。そうすれば、必ず「自分だけの道が見えてくる。
ビジネスチャンスちゅうやつは、そんなオンリーワンの道、その先にだけ隠されとるんやからね。


   

---王道を歩むな、と。


   

関口 うん、歩み方としては王道でいいと思うよ。地道に、誠実に、しっかりと一歩ずつ歩いていけばいい。ただ、他の人が歩いとるような道には、もうチャンスは残されてないからね。勝ち馬に乗ろうとせず、自分自身が勝ち馬にならんと。


   

---先見性やアイデアが重要になってきますね。


   

関口 ただ、特別な才能が必要なわけじゃないよ。もしそうだったら、私なんか生き残っているはずがない。先見性というよりも、「常に三年先を見ながら歩く」という心構えが大事でしょうな。


   

---三年先を見ながら歩く、ですか。


   


口 これは難しい話で、若い経営者は、とにかく目先の利益にこだわるのよ。実際に資金繰りに困ってるというのもあるだろうし、若いエリートはプライドが高
くてをかきたくないから、とりあえず利益を出そうとする。それをちょっと視線を変えて、三年先、五年先を見ながら歩く。そういうことができれば、実際に
三年先や五年先に生き残っとるのよ。それもすごくいい形で。


   

---三年先を見ると、何が変わりますか?


   


口 まず、やるべき先行投資がわかるようになる。会社の設備投資はもちろん、知識や人脈といった自分自身への自己投資もね。それに、三年先が見えていれ
ば、方針がブレなくなる。ちょっと風が吹いたくらいじゃ揺るがない自分ができて、地に足のついた経営ができるようになりますよ。


   

---先行投資の判断は難しそうですね。


   


口 たしかに難しい決断です。でも、これと決めたら思い切ってやること。ほら、たとえばめちゃくちゃ高いパソコンを買ったら、「元を取ろう」という気に
なって、仕事でもプライベートでも使いこなすでしょ? それと同じで、どでかい先行投資をやったら、それだけ決意が固まるものですよ。



[E:carouselpony]



「順張り経営と逆張り経営」…通常期はこの差だけで大丈夫だけど今回は



実際に思っていても、それができるかは、また別な話であります。個人的には、バブル以前からずっとこの事に注目している。今までは、その代表の会社として、東芝と沖電気工業の半導体部門を…。残念な事に沖電気はとうとう半導体部門をロームに売却、東芝も半導体部門はフラッシュメモリーに注力したのは良かったけれど、そこでも世界一戦略の元で、同じ様な順張り経営を繰り返してきた。「世界一への戦略」



半導体のようなかなり大きな振れ幅のある市況産業でも、順張り・逆張りの事を考えていれば大丈夫だけれど、今回のファンドバブル崩壊は、予想したとおりそれでは済まなかった。ある程度この事に意識があったエルピーダ坂本さんも結局は会社の存続一歩手前まで追い込められている。



そんな事考えても無理だよとなったらそれはすべて終わり。



[E:thunder]



「裏シナリオ」



会社や経済を見る時、個人的には、いくつかのシナリオを想定して見ていく。通常期ならそこまでする必要が無いけれど、ひょつとしたら転換期近きと判断した時は、ご都合シナリオから最悪シナリオまで、少なくとも3つ位。そして、そのシナリオの可能性の数字の変化を探る。



大きな会社ほど、この場合最悪シナリオは公表できないのだろうけれど、絶えず持つ必要がある。そんな事が三年先を読むと言う事に繋がるのかも知れない。



「5-5-5」シナリオ



個人的には想定内なんだけど、このところ出てきた裏シナリオに「5-5-5」と言うのがある。内容は何かと言えば円ドル50円、日経平均5000円、NYダウ5000ドル。



個人的には一番最後の5はかなり可能性あり、5000円は、できるだけNYに付き合わないにはどうしたら良いか?政権交代が早まれば付き合い方が少なくなると見ていたが、結構厳しい事になりそうだ。昨夜のアメリカの事実上のゼロ金利入りもそうだけど、オバマ・アメリカは相当追い込められるから、外に対してタフに遣ってくる筈だ。その時の戦略が為替ではないかと…。それでも、高値更新のオーバーシュートで60円入り程度は…。と思っている。しかし、今の裏ムードではこの「Go-Go-Go」シナリオも想定に入れておく必要がありそうだ。



ご意見があったらコメントください。







Dan Fogelberg 「Run For The Roses」

Daniel Grayling Fogelberg (August 13, 1951 – December 16, 2007)



今日はダンの命日です。競走馬は何の為に生まれ、何の為に走るのだろう?



また、人間は何の為に生まれ、何の為に生きるのだろうか…。





 「Run For The Roses」by Dan Fogelberg をお聞きください。画面に歌詞も入っています。



アメリカ3冠の第1戦。 「The Greatest Two Minutes Of Sports (最も素晴らしい2分間)」 とも言われる

 ほど、すべての競馬関係者が目標としている競走。 勝ち馬にはバラの首飾りが贈られるため、ケンタッキ

 ーダービーへの道は、
「Run For The Roses」 と呼ばれます。



 





第126回 Kentucky Derby  Fusaichi Pegasus



関口さんの勇姿です http://jp.youtube.com/watch?v=gfKYJBF9ltE





その関口さんも今は、競走馬を大部分を手放し、事務所も六本木ヒルズから、神田へ移ったとされる…。関口さんも今、色んな事を考えながら何かを考えているでしょう。                               



Photo_3





たぬきサンタさん

Photo
タヌキ像は高さ5メートル、胴回り6・6メートル。信楽焼のタヌキの置物にちなみ、駅のシンボルとして20年前に設置された。



 毎年この時季に、駅前のイルミネーションに合わせてサンタの衣装をまとい、信楽の風物詩になっている。



記事はこちら



なお、信楽高原鉄道ではサンタ電車も運転します



こちら



[E:xmas]



[E:bell]



[E:snow]







[E:xmas]





[E:house]



[E:building]



[E:note]



[E:smile]



[E:crown]



たぬきの八相縁喜

      狸には八相縁喜というものがあり、八つの縁起があります。


 
            
            
         
         
            
            
         
         
            
            
         
         
            
            
         
         
            
            
         
         
            
            
         
         
            
            
         
         
            
            
思わざるは悪事災難避けるため用心常に身をまもる笠(思いがけない災難から身を守る)
世渡りは先ず信用が第一ぞ活動常に四通八達(世渡りには信用が第一。)
何事も前後左右に気を配り正しく見つむることを忘れめ(何事も前後左右に気を配り正しく見つめる)
もの事は常に落つきさりながら決断力の大胆をもて(常に沈着冷静にしかし、決断には大胆さが必要である。)
世は広く互いに愛想よく暮し道を以って務めはげまん(常に愛想良く真を以て努める)
金袋金銭の宝は自由自在なる運用をなせ(金銭を自由自在に使える金運に恵まれるように)
徳利恵まれし飲食のみにこと足利て徳はひそかに我につけん(飲食には困らず、徳を持てるように努力せよ)
なに事も終わりは大きくしっかりと身を立てるこそ真の幸福(物事の終わりは大きく、しっかりと身を立てることが幸福である。)




能力の無い人がやる気を出すのが最悪

 能力のある人が能力を出そうとするのはまだ、多少間違えがあっても、我慢ができる。
一番良いのは、能力の無い人が、能力の無い事を認識しながら、皆の力を借りて
賄って行く事。どちらかと言うと、戦後日本が歩んだのはこのパターンだった。
 一番悪い事は、能力の無い人が能力をあるようにみせながら遣ること。東大に入ることやMBAを取る事は、その面では確かに、ある種の能力である。しかし、それはそれとして、その事だからといって、経営やリーダとしての能力がある訳ではない。その事は、能力がある様に見せる為の道具に過ぎない。今のアメリカは、この様な事。そして、名立たる肩書きを持った人ほど、何かの事で追い込められた時に、悪い事を平気でやってしまう。それは、ある意味、自己否定をできない。それほどのエリート意識が成せる業。
 更に悪い事は、その様な人が、追い込められた時、ヤル気を出そうとする事。



[E:ban]
(未発表情報ですが)麻生さんは月末頃…



①12月24日?時間無制限の会見をはじめるそうだ。(これは、ルーズベルトの炉辺談話を模倣した)
②12月25日新麻生プランとして、雇用中心の対応策を発表
③12月27日総理大臣公邸に引越しする。



以前、仮免だから選挙後に公邸に入りたいと言ってた頃は、ある意味正直だなとも思えたけど。





女たちとの代理戦争に惨敗…。 二枚舌上司に「汚れ役」にされた男性社員

女たちとの代理戦争に惨敗…。

二枚舌上司に「汚れ役」にされた男性社員…(職場環境)



http://diamond.jp/series/yoshida/10003/ 中堅大手ほどこの手の話に悩まされる



中小オーナー会社はまた別のレベルの話はあるが、いつになっても進歩できない実態が
日本には残る。



そこに働く人間は、機械じゃないし、でも、単なる動物でもない。話せば判ると思うけれどなかなか上手くいかない。



Photo



これからも、会社が負い込められれば追い込められるほど、様々なトラブルが増えてくる。



ある種のバブルの終わった後、ほぼ同じ事を繰り返す。



こんな事が起こる度に、社会の包摂性が無くなる(壊れる)音が聞こえる…



 



「お命ちょうだいしたい・・・」ブログ記事は  こちら 



 経済・経営の普通以上に混乱させる事の罪は大きい。自由主義経済だだから波はある。しかし、その波を大きくさせ過ぎた後に何が起こるかは…。
蟹工船が売れている理由は表面的だけど、マルクス・エンゲルスの「資本論」が読まれている理由が判る。今こそ、更に発展した「新資本論」が書けるのかもしれない。



資本主義、修正資本主義、社会主義、共産主義 しかし、この事はあくまでも先進国の話
ミュルダールの「アジアのドラマ」を読んでいた頃と何も状況が変わってない地域は多い。



当時、フリードマン(マネタリスト)を専攻しながら、Asian Drama an Inquiry into the Poverty of Nations にも悩んでいた当時の事がよみがえってくる。








地方分権は需要、骨抜きにしてはならない

地方分権委の2次勧告、異例の再審議 出先機関の人員減修正で (日経Netより)



 地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)は16日、麻生太郎首相に8日提出した第2次勧告を再審議する。国の出先機関の人員3万5000人の削減要請が骨抜きになりかねない表現が紛れ込んでいたため、異例の再審議で修正などを話し合う。



 分権委は8日の審議で、出先機関の人員削減を第2次勧告に急きょ盛り込むことを決めた。これは本文の4節に書き込まれた。その直後には「政府に対して具体的な措置を求める事項は、5(節)及び6(節)のとおり」との文言も追加された。文字通り読めば、政府に4節の実行を求めないことになる。



内閣府 地方分権改革推進委員会



http://www.cao.go.jp/bunken-kaikaku/iinkai/iinkai-index.html



第 2 次 勧 告~ 「地方政府」の確立に向けた地方の役割と自主性の拡大 ~



参考資料



第二次地方分権改革の基本理念に関する考察











ジム・ロジャース予想…。徐々に言い難い事が表になっている





ロジャーズ氏ら衝撃予想「来年のダウ平均は4000ドル」




 
 『フォーチュン』がこのほど行った、著名財界人8人に対する「2009年の経済動向」のインタビューでは、「ダウ・ジョーンズ工業平均株価
は4000ドルまで落ち込む」、「米国国債市場にはすでに深刻なバブル崩壊が始まっている」、「失業率は2010年には9%に上昇する」、「不動産ビルの
価格は15%下落する」などの衝撃予想が相次いだ。

  インタビューに応じたのは、ヌリエ
ル・ルビニ氏(ニューヨーク大学経済学部教授)、ロバート・シラー氏(エール大学経済学部教授)、「債券王」ビル・グロス氏、「商品王」ジム・ロジャーズ
氏、メレディス・ホイットニー氏(オッペンハイマー アナリスト)、シーラ・ベアー氏(米国連邦預金保険会社(FDIC)総裁)、ジョン・トレイン氏
(Montrose Advisors総裁)、ウィルバー・ロス氏(W.L.Ross総裁)の8人。




「商品市場は唯一健全な資産。次いで、中国や台湾の株式。特に台湾企業は、中国本土の長期的な成長の恩恵を受けやすい」「米国債のバブルはすでに崩壊していて、30年期の長期国債の利子は0.04%と低く、買い入れる理由がない。大量の国債は市場から淘汰され、インフレーションが深刻化する」、「人々は通常、6%のリターン率で初めて買い入れをはじめる。しかし現在の米国株のリターン率はわずか3%で、元のレベルに戻るには、ダウ平均が4000ドルに落ち込まなければならない」(ロジャーズ氏)
詳細は http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081212-00000030-scn-bus_all



または http://money.cnn.com/galleries/2008/fortune/0812/gallery.market_gurus.fortune/5.html



や http://blog.jimrogers-fun.com/ ジム・ロジャースファンサイト(ブログ)もご参考に



[E:present]



「娘に贈る12の言葉」


  1. 他者に流されてはいけない


  2. 大好きなことに情熱のすべてを注ぎなさい


  3. 常識はそれほど常識ではない


  4. 世界を自分で見ておいで


  5. 哲学を、つまり「考える」ということを学びなさい


  6. 中国の時代 中国語を身につけてほしい


  7. 歴史を勉強しなさい


  8. 汝自らを知ること


  9. 変化をとらえ、そして受け入れなさい


  10. 未来を見つめなさい


  11. 大衆に逆らいなさい


  12. 幸運の女神は努力を続けたものに微笑む
 

(目次より)



    12





円高メリットを生かす経営を

したのレポートをお読みください。その上で我々が何を目指すかをお考えください。



[E:typhoon]2009年度わが国貿易収支、経常収支の見通しについて
社団法人 日本貿易会 2008年12月5日発表
http://www.jftc.or.jp/research/index2.html



1. 商品別貿易の見通し(通関ベース)
[E:appli02] 2008 年度 ~ 輸入は年度上半期の資源・エネルギー高で過去最高
輸出総額は前年度比2.3%減の83 兆1,220 億円と見込まれる。輸出数量は、米欧向けを中心とした自動車・電算機類等の不調で同0.2%減と01 年度以来の減少となる見込みである。輸出価格は円高による円建て価格低下を主因に同2.1%低下するとみている。
輸入総額は前年度比2.7%増の76 兆9,430 億円と見込む。これはエネルギー・金属資源・穀物など一次産品価格が前年度比で大幅に上昇し、輸入価格が同4.2%高と上昇することによる。ただし、国内需要の伸び悩みから輸入数量は同1.4%減と07 年度に続き減少する見込みである。
[E:appli02] 2009 年度 ~ 輸出はさらに減少、輸入は価格下落で大幅減
輸出総額は77 兆5,600 億円で前年度比6.7%減と予想される。輸出数量は、世界経済の大幅減速の影響により伸び率が08 年度を大幅に下回る同4.1%減となり、輸出価格も円高の影響を受け同2.7%低下するだろう。
輸入総額は、エネルギー・金属資源・食料の価格の大幅下落と円高進行の影響で輸入価格が大きく下がることにより、前年度比17.0%減の63 兆8,980 億円と3 年ぶりの低水準となることが予想される。輸入数量も国内需要の低迷により同2.7%減と3 年連続の減少となるだろう。
2. 経常収支の見通し
[E:appli02] 2008 年度 ~ 輸出減・輸入増により経常収支黒字は7 年ぶりに縮小
経常収支黒字は、20 兆4,300 億円と7 年ぶりに黒字幅を縮小する見込みである。
貿易収支黒字は、輸出金額が減少に転じる中で、輸入金額が増加することから、前年度比3 兆7,760 億円減の7 兆9,100 億円となる見込みである。また、所得収支黒字は、海外金利の低下と円高による円ベース受け取り金額の減少により、07 年度比で9,240 億円減の15 兆8,300 億円となる見込みである。一方、サービス収支の赤字は、輸送収支や旅行収支の赤字幅縮小により、1 兆9,900 億円と07 年度から縮小する見込みである。
[E:appli02] 2009 年度 ~ 経常収支黒字は輸入金額の大幅減を背景に過去最高の27兆円に
経常収支黒字は26 兆9,800 億円となり、08 年度の水準から6 兆円以上の増加となる見通しである。これは、輸出が減少するものの、輸入がエネルギー・金属資源・食料価格の下落で輸出の減少幅を大幅に上回る減少となることによる。一方、サービス収支赤字は、円高による旅行収支赤字の拡大等の影響により赤字が小幅拡大する見通し。所得収支は、海外金利低下と円高にともなう受け取りの減少により黒字幅がやや縮小すると予想している。



Si_081107_01_01



GDP(Y) = 消費(C) + 政府支出(G) + 投資(I) + 純輸出(X-M)

上の日本貿易会の計算数値が違ってくるかもしれない。予想以上に輸出が後退するかもしれない。しかし、輸入金額の減少も相当進むだろう。つまり、その頃、全世界で唯一通貨高が現実となっている国であります。その事を、これからの経済成長に活かさない手はありません。



88



このところ、裏の話では日銀の本格介入が噂されています。しかし、この介入が一時的には功を奏しても、逆にこの事が始まると第二のドル崩壊の入り口に入っていくのです。ディラーにとって何が良いのかと言えば流動性の確保なのです。それがなければ、利益を出そうが損失を出そうが危ない。その様な意味でも日銀介入は新規買い手であるのは事実。



 この事を考えても、米国ビッグ3の支援の流れでも、ドル態勢の危うさが徐々に顕在化されます。その中で、経営が、円高困った困ったと言っているだけでは、経営者ではありません。最初に書いたように、マクロでは円高の恩恵もある訳です。当然、輸出企業であっても大なり小なりある筈です。俺の会社は完全な内需企業だと言っても、直接的ではなくともある筈です。



 今までは、若干意図もあり、駄目だ駄目だと言って来ました。時折、他人事の様に言うなと怒られた事もありました。でも、駄目な事は判っていますから止めませんでした。来年もこの流れは更に悪化して続くでしょう。しかし、これからは底探しなのです。これからの底探しの時期が、将来の企業のあり方にとって一番大事なのです。バブル後我々はこの事を経験しました。今回はその時より厳しいかも知れません。あの時、世の中は何をしたか、売り上げ後退で、リストラに走る。そのリストラも大手ほど、安易なリストラに頼った。その事から今残っている社員が、どうなっているかは皆さんもご存知の通り。上から下までが自分を守る事のみ。本来は正しいことではありますが、この合成の誤謬によって、会社や世の中がどうなったか…。



 同じ過ちを今、繰り返しかかってます。勿論、リストラが悪いのではありません。しかし、安易なリストラがどのようになるかは判ってます。個々の会社が社会の包摂性を担保できるわけはありません。しかし、会社内における包摂性については何かができるかも知れません。しかし、それを守る為には、知恵と努力が必要です。安易なリストラの流れで、お前のせいだ合戦になれば、そんな社会は更に崩れていくでしょう。



ワークシェアリング



Q:

過度に養護されている正社員と冷遇されているパートに二極化しています。ワークシェアリングを考えるうえで、両者をもう少し真ん中に寄せていくことが必要ですが、パート労働者の賃金を上げるのか、正社員の賃金を下げるのか、現実的なやり方はどちらでしょうか。
 
A:

両方を変えるべきです。正社員の給与体系を変え、パートの雇用条件も改善すべきです。難しい試験を受けて入社した正社員と、1~2回の面接で入ったパートが同じではおかしいという議論がありますが、本当に区別する必要があるのか、労働組合も変わるべきです。


オランダのワークシェアリング(ワッセナー合意)
http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2005/2005honbun/html/H3222000.html



雇用をスイッチ・オン・オフでやってきたアメリカの断末魔をみれば、日本はどの道を選ぶかが判るのだろう。勿論、オランダモデル(ポルダー・モデル)が完璧なものでもなんでもない。
残念ながら、一か八かという政策は取れない。当然、6と言う線になる。できるだけ合理的なパートタイム…。将来の人口減の際には、子供を生んだ後の奥さんだって、働いて欲しいという時期はもうすぐ来るだろう。その時に、今のパートタイムではなく、もう少し働きたいという時も、今のままじゃ嫌だなあと言う事になる筈です。



 




業績短信

飯田産業 第二四半期決算短信は こちら



土屋HD 10月期決算短信 こちら 同時に定款変更や資本勘定についての変更発表あり



ファースト住建 10月期決算短信 こちら



サーラ住宅 10月決算短信 こちら



ついでに発表ものです、三陽商会と藤和不動産のものです。



Photo



当社は、平成 19年4月20日付「固定資産の譲渡に関するお知らせ」で公表しております、当社所有の潮見商品センター及び潮見ビルの譲渡契約を解除いたしましたので、お知らせいたします。
1.譲渡中止の理由
 当初の譲渡契約先である㈱長谷工コーポレーション(現契約持分10%)及びその地位譲渡先である藤和不動産㈱(現契約持分90%)の都合により、契約解除の申し出がありましたので譲渡が中止となりました。
2.譲渡資産の内容
  平成 19年4月20日付で公表しました「固定資産の譲渡に関するお知らせ」をご参照ください。
3.今後の見通し
  当期(平成 20年12月期)で特別利益に計上予定でした固定資産売却益約6,700百万円が計上できなくなりましたが、契約解除に伴う解約金等3,870百万円を特別利益に計上予定です。 なお、本件中止による業績に与える影響につきましては、本日開示しております「通期業績予想の修正に関するお知らせ」をご覧下さい。

この様な場所でも、もう無計画な事はできなくなったという事です…。ここです
京葉線に乗っている方ならお判りだと思います。潮見駅のとこです。



譲渡契約時のプレスリリースです。こちら 譲渡価格は、215億円です







LEAFBANK

「エコ」って何だろう? 今の地球はダメなところが多いから、ダメを減らせってこと。
でも、「CO2排出量を減らせ」って言われて、楽しい気分になる人はいない。一旦覚えてしまった甘い蜜は、そう簡単には手放せない。ひたすら、我慢と努
力。それに、罪悪感。考えただけでも憂鬱だ。


      

Adingo_information




ところが、「エコ」を実際にやってみる。例えば、エコフリマに参加する。例え
ば、マイバッグを使ってみる。するとどういうわけか、街路樹の緑がいつもより瑞々しく見えてくるし、吹く風が普段より断然気持ちよく感じられる。そんなと
き、僕たちは、この地球の『いやなところ』ではなく、『いいところ』や『好きなところ』を見ているのだと思う。『好きなところ』を増やす努力は、全然苦で
はない。楽しいし、なにより気持ちいい!


   

エコは、楽しくてラクチンなほうがいい。

    だから、LEAFBANKは「軽エコ」です。


   


んなに立派な「エコ」も、やる人が少なければ、まさに絵に描いた餅だ。手軽に実行できる「エコ」だから、誰もが簡単に楽しい気分になれる。楽しいから、み
んなが長期間つづけられる。大勢でつづけられるから、本当に効果がでる!何でもないことが、とっても意味のあることに変わる。
空気のように水のように、
毎日の習慣になっていく。


      

リーフバンクは一番手軽な「ネット検索」を使ったエコ。何気ないクリックひとつひとつが、CO2削減を助
ける緑化活動への寄付に変わっていくのだ。「リーフ=葉っぱ」は、ひとりひとりのオモイの象徴だ。ひとつひとつは小ちゃいけれど、こつこつ増やしていけ
ば、いつかは地球を、『いいところ』や『好きなところ』でいっぱいにできる。



http://leafbank.jp/ こちらでどうぞ





1年間気付かなかった (合掌)

December 16, 2007



Sunday, December 16



Dear friends,



Dan left us this morning at 6:00am . He fought a brave battle with cancer and died peacefully at home in Maine with his wife Jean at his side. His strength, dignity, and grace in the face of the daunting challenges of this disease were an inspiration to all who knew him.



A message from Jean は こちら からどうぞ



http://www.danfogelberg.com/news.html ダンフォーゲルバーグドットコム ニュースより



昨年の11月末、ブログで彼の事を取り上げた。こちら



残念な事に上の様に12月16日、自宅でジェーンに看取られた…。





Same Old Lang Syne by Dan Fogelberg   は昨年のブログからどうぞ



今年は、ロンガー をどうぞ この歌を素敵だと思わない人はいないと思う (合掌)














Sailing2_2









エッセンシャル・ダン・フォーゲルバーグ 1,785円(税込)  コンパクトに纏まっているベスト盤です…





株式会社田中商会 金融債務 (単位千円)

【借入金】                     
[債権者名]           [所在地]          [債権額]
信金中央金庫 埼玉県分室     さいたま市大宮区        119,191
城北信用金庫 蕨支店       埼玉県蕨市           89,930
埼玉りそな銀行 浦和中央支店   さいたま市浦和区        51,255
巣鴨信用金庫 西浦和支店     さいたま市南区         27,500
埼玉縣信用金庫 浦和支店     さいたま市浦和区        18,998
日本政策金融公庫 浦和支店    さいたま市浦和区        12,800
武蔵野銀行 浦和支店       さいたま市浦和区        12,611
群馬銀行 浦和支店        さいたま市浦和区         7,328

【リース】
[債権者名]           [所在地]          [債権額]
リコーリース(株)        さいたま市大宮区         3,539





トヨタショックの影響も…

トヨタショックの後は、今まで比較的住宅環境も良かった東海地区でも
そろそろ、この業界でももう一段スケールアップした破綻が近いかもしれない。



少しでも、知っている人なら、どの辺から起こってくるだろうなあと想像していると思います。



しかし、これから起こる事がトヨタさんの責任だとは思いませんが、相当大きな
影響を与えている事を、世界のトヨタなら認識し無ければならないのは事実だと思います。



Photo






本当に言っているのか

厚生労働行政の在り方に関する懇談会(第4回)


議事要旨




  1. 日時:平成20年11月12日(水) 17:59~19:29


  2. 場所:官邸小ホール


  3. 出席者



    浅野史郎(慶應義塾大学教授)、岩男寿美子(慶應義塾大学名誉教授)、大熊由紀子(国際医療福祉大学大学院教
    授)、奥田碩(トヨタ自動車株式会社取締役相談役)、高山憲之(一橋大学教授)、土居丈朗(慶應義塾大学准教授)、松浦稔明(坂出市長)、薬師寺泰蔵(慶
    應義塾大学客員教授)、内閣官房長官、内閣官房副長官(政務、衆)、内閣官房副長官(事務)、厚生労働大臣、大村厚生労働副大臣、渡辺厚生労働副大臣


これから先は問題になったところです。議論は良いのですが、やはり、口に出してよいこととそうでない事があるような気がします。勿論、口に出せば判りやすくはなりますが…。マスコミ側も問題もあり、その点はマスコミ側でよく考え直すべきではあるが…。






○奥田座長 私の個人的意見を言いますと、本当に腹が立っていますよ。何に腹が立っているかというと、新聞もそ
うだけれど、特にテレビが朝から晩まで、名前を言うとまずいから言わないけれど、二、三人を連れてきて、もう年金の話とか厚労省に関した問題について、わ
んわんと毎日毎日やっているわけでしょう。あれだけ厚労省がたたかれるというのは、自分は正直言って厚労省の人間じゃないけれど、しかしやっぱり厚労省だ
けであれだけたたかれるというのは、ちょっと異常な話なので、私は何か報復でもしてやりたいなというぐらい、それぐらいの感じは個人的には持っておるんで
すよ。だから、例えばスポンサーとかね。だからそれはちょうど、今……



○浅野委員 それを言ってはいかんですよ。



○奥田座長 言ったらいかんけども、今のところやっぱりあれでしょう、実際に、だから会社なんか相当、
経済の問題で最近沈んできているわけですね。だから、もう経費節減だと。経費節減だとなってくると、もう3Kが出てくるわけです。広告宣伝費と、それから
交際費、それからもう1つは何だったかな……、3Kですよね。だから、広告宣伝費なんか出さないと、特に大企業は。

 ということで、私は正直言って、皆さんテレビを見てもらっていてもわかると思うけど、ああいう番組に出てくるテレビのスポンサーは、大きな会社じゃないですよ。いわゆる地方の中小といいますか、変な話だけれど、それはやっぱり流れとしてはあるんですよね。

 だから余計私も、そういう意味で個人的にも、やっぱり今、厚労省がこれだけど突きまくられて、何であんなにど突きまくられなければいかんかというのは、腹が立ってしようがないんです。個人的には座長は、もうこんなことをやらずに、私も言いたいんだけれども……



○浅野委員 私もそれのかかわっている、「朝ズバ」なんていう番組に出ていますからね。ただ、私は現職
の知事のときからマスコミにいろいろ言われて、実は腹立っていないんですよ。随分ぼろくそに言われているんですけれど。それは、マスコミというのは批判す
るために存在しているのであって、マスコミに褒められるようになってはおしまいと。マスコミがおしまいということなので、ただ、そこのところでもし奥田座
長にあれがあるとすると、うそを言ったり、うそはだめ。事実に反することを公共の電波なりで言われたら、これはきちっと反論すべきなんです。ただ、これが
気に入らないとか、厚生労働省やっていることはおかしいとか何とかというのは、これはやっぱり言わせなくてはいかんのですよ。ぜひスポンサーも降りないで
ください。



○奥田座長 事の大小によってね、大きなことを言うのはいいけれど、小さいことを1つずつ持ってきて、こうやって、年金だ何だとかとやられると、正直言って……



○浅野委員 それはお腹立ちでしょうが、ただ、それは何かの形で反論するなら反論するということで、むしろそれは問題提起をしているわけですから、問題が広がるということ自体は悪くない。ただ、そこの中に、事実に反すること、誹謗中傷というのも……



○奥田座長 それはいかんですよね。



○浅野委員 事実に反することを根拠にした誹謗中傷ですね。それはきちっと現に、厚生労働省も報道のたびに言っているようですけれど、だけど、それで、褒めないからいけないとか、けなしたらスポンサー降りるぞというのは、これは座長、言い過ぎだと思います。



○奥田座長 いやいや、降りるぞというのではなくて、もう現実にそれは起こっているわけですよ。



○浅野委員 そうですか。それはえらいことだ。



○奥田座長 だから、今もうテレビ局なんか、正直言って、広告取りに走り回っているわけですけれども、
ところが結局聞いてみると、マスコミというのは経営権と、それから編集権は独立したものであって、編集権には経営者は介入できないという話があって、だか
らいろいろ問題があって、こんなのはおかしいとか言っても、上のほうは編集権に介入できないから何もできませんと、そういう言い方をするんですよね。



http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kourougyousei/dai4/gijiyousi.html すべてはこちらで





クルーグマン・プライズ・レクチャー

「米自動車産業は消滅も」 … ?



[E:shine]



Krugman_museum_photo


 




 ノーベル賞授賞式出席のためストックホルムを訪問している経済学賞のクルーグマン米プリンストン大教授は7日、経営危機に陥ったビッグスリーに代表される米自動車産業について「消滅する可能性がある」と語った。AP通信が伝えた。



 クルーグマン氏は、米政府の公的資金投入によるビッグスリー救済を「短期的な解決策」と指摘。経済危機下で巨大産業が破綻するのを政府が受け入れたくなかったのだろうと述べた。(共同)



以上のように日本では報道されてますが、大きな危機とはいったけど、消滅の危機とは言ってない。消滅の危機とは、デトロイトエリアでの自動車産業の集中は消えるというもののようだ。



なお、プライズ・レクチャーは http://nobelprize.org/mediaplayer/index.php?id=1072&view=3 で見れます。(44分)



その時使う資料は http://www.princeton.edu/~pkrugman/nobelslides.pdf です。



ついでに、益川先生のレクチャーは http://nobelprize.org/mediaplayer/index.php?id=1064 で(33分・日本語で)お父さんは家具職人さんだったんだ… [E:good]



Maskawa_press_03_photo







このところで嬉しかったひとつの事

シンセキ氏の退役軍人長官起用発表 



[E:shine] 政府見解に逆らった軍人さんなのに良いの? 良いんです。
  どこかの国の頭の足らない元軍人さんに比べれば判ります。



20081208k0000e030026000p_size5



記者会見で抱負を語ったシンセキ氏




オバマ米次期大統領は7日、当地で記者会見を開き、ハワイ出身で日系3世のエリック・ケン・新関元陸軍参謀総長を、退役軍人長官に指名すると正式発表した。


 



オバマ氏は、退役軍人長官としてこれ以上の適任者はいないとシンセキ氏を称賛。シンセキ氏が変化しつつある米軍およびその家族のニーズを理解しており、困難な時代に合わせて退役軍人省を改革していくだろうとコメントした。


 



オバマ氏に続いて演壇に立ったシンセキ氏は、退役軍人が国への貢献の見返りを享受できるよう日々努力したいとの抱負を語った。



別に日系の人が選ばれたからではない。相当前に、プライベートのブログで取り上げた



その時の抜粋は以下の通り



エリック・ケン・新関(Eric Ken Shinseki、1942年11月28日 - )

アメリカ合衆国陸軍軍人・陸軍参謀総長。日系アメリカ人(カウアイ島出身)

1999年6月22日に第34代米陸軍参謀総長として陸軍制服組トップに上り詰めた。イラク戦争における運用兵力の規模を巡ってラムズフェルド国防長官と対立し、2003年6月11日退役。



http://www.ff.iij4u.or.jp/~narita/ca/news97.html



中東調査会の大野さんのレポートの一部です。「「ポスト・サッダーム」に欠けている視座」



ホワイトハウスのアリ・フライシャー報道官は「サッダームの大量破壊兵器を軍事力により破棄した後に、(イラクを)再軍備化させることはない」と述べており、武力行使が開始されれば政権転覆以外の可能性は低いだろう。

 しかしその一方で、アメリカは政権転覆後のイラクをどうするつもりなのだろうか。またアメリカの描くポスト・サッダームのシナリオは妥当であろうか。

*米軍はイラク政権を転覆した後、数年間にわたりイラクを占領統治し、民主イラクの構築を目指すとされている。エリック・シンセキ米陸軍参謀総長は、米議会軍事委員会で駐留する米軍の規模は数十万人に達すると発言している。



(ここからは感想)



日本で言う軍人とは、勇猛果敢な人が良いとされる。しかし、本当の軍人とは、逆に石橋を叩いても渡らないような人。それは、なぜかって?人(部下)の命がかかっているからであります。しかし、特に日本の軍人は、本当に称えられべき人はいますが、多くの人は、日本の為に死んで来いと平気で言える人だからであります。情報を冷静に分析し、その上で戦略が練れる。しかし、実際は、果敢になると言う目的が優先して、細かい事はことごとく無視されてきた。そんな戦争では、勝てる戦いも勝てなくなる訳であります。









オリックス宮内さん…木材輸入から

8591
このチャートは、金融総合会社オリックスの株価チャートです。(三ヶ月で四分の一に)
このところ急速に下落速度を速めています。本日は久しぶりに上昇しました。
この中で、会社側は、コミットメントライン契約であるとかプレスリリースを出しています。
その中で何が行われたかと言いますと、1500億円の第三回無担保転換社債型新株予約権付社債の発行が進んでいます。
 彼らも、株価が下落し易い時にこの様な事をするとどのような事が起こるかは十分認識しているはずであります。少し前に、半導体製造会社のエルピーダメモリーが同様な事を実行しました。
なお、同社は今日、短期流動性についてというコメントも出しました。こちら



以前にも企業のCDSスプレッドについて書いた事がありましたが、オリックスはこんな事も
影響して、その数値も1287.50と言う数値を出しています。この数値は、ソフトバンク(1023.75)を逆転してはるかに上の数字となっています。話は第三回無担保転換社債型新株予約権付社債に戻しますが、幾ら1%金利発行という大変有利な条件で、喉から手が出そうですが、世の中、すべて上手くいくにはもう少しデリケートに遣らねば大きな影響が出る事もある。
繰り返しますが、自分が担当者なら誰が言ったとしても命がけで阻止すると思います。
 しかし、債権者リストを見てますと、少し大きな会社なら殆どこの会社が載ってます。どのような貸し出し政策をしたか判りませんが、自由化・競争化をすれば節操なくすれば、結果傾向は出てきますよね。 同社の株価は こちら からどうぞ
それにしても、CDSスプレッド、同社より凄い会社は、アイフル、武富士、JAL,そして次がプロミス、そしてそのすぐ下に同社となってしまった。



Photo_2
宮内さん、親父義作さんは神戸で木材輸入ブローカーだったとか?日綿実業の木材部門に大きな影響があり、本人も大卒後、日綿実業に入社した直後、ワシントンで木材輸入に拘わっていた。その後、同社が三和銀行とリース事業を始めた時に人生の転機が来た…。



 今までは、ある意味、親父さんを見た上でのタフネゴシエーターでここまで来たが、最後の最後のとこで、本当の真価が問われるのかも知れない…。日綿実業時代の宮内さんを知っている方はおられますか?当方は、雑誌等に書かれた表面的な話しか知りません。





会社側の関与は無いのか

 本来は会社側の問題だと思うのですが、一営業所の所長の責任のようにプレスリリースされている。本当は会社側の数字の押し付けは無いのか?船場やミートホープは上場会社ではないけど、仮にもJASDAQ上場会社がこのような事を意図も簡単に公表してしまう安易さが感じらる。



日経IRより



http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr1/tdnetg3/20081208/5ecmhe/140120081208034514.pdf





「麻生総理と御手洗経団連会長との遣り合い」



①12・1 麻生首相、日本経団連の御手洗会長らと懇談 賃金引き上げや雇用の安定など求める
②12・4 
大分キャノン人員削減発表





③親会社のキヤノン広報は「大分キヤノンでは適宜生産調整をしている。景気悪化で派遣・請負会社に減産を伝えているが、その会社がどういう雇用調整をしているかは把握していない」と話している。



ここで麻生総理が何を言うか見守っていたが、結局何も無し



④12・8の定例会見 「雇用調整、苦渋の選択」 ここ



ここで、単に批判するだけなら「お前は評論家かと言われてもしょうがない」。
単にやめろと言うのではなく、このレベルの会社なら、この様な事ができるだけ起こらないようにする。その事を実行できる筈だ。昨年、夏から起こってきている事を冷静に分析判断すれば、当時からこのブログで課題だと主張していたように対処すれば、このような最悪の事は少なくなる。
この事が、キャノンだけでなく名だたる企業がそうなっている。一番酷かったのはトヨタ自動車であります。世界一近しなのかも知れないけれど、一貫とした強気政策。この事が何をもたらしたかと言えば、グループ会社だけでなく、下請け会社までが強気の設備投資をする事になった。この事が、余計にしなくて良い事をあわせダブルパンチとなっている。



http://mainichi.jp/select/biz/news/20081209ddm008020083000c.html トヨタショックの裏側



アメリカ型会社は誰のもの株主の物という単純な構図がまだ、今の様に修正ができていない。



* 三葉銀行    三和銀行
* ミカドホテル   金谷ホテル
* 太陽製菓    東ハト
* 足助銀行    足利銀行
* 鈴紡       カネボウ
* 月華       花王
* シャイン      キヤノン
*曙電機      NEC?東芝  (ハゲタカより)



このところ、日曜夜のフジTV「サキヨミ」に米国の年次改革要求書が、まともに取り上げられている。しかし、自分達は、もう遥か数年前から、このリスクを取り上げていたが、当時、マスコミは怖いものには触らずで通した。代表的な話は、AIGの広告宣伝料であります。当時も今も同社のCMはマスコミにとって欠く事のできないクライアント。そんな事から、取り上げたくても取り上げられない。今になって、AIGの事実上の破綻、米経済の破綻となり、取り上げやすくなった。しかし、今となってはこの事を取り上げる価値は、相当下がっている。



いずれにしても、遣り易い時に遣るのではなく、どんな時であっても上場してようが関係なく。筋を通させねばならない訳であります。経営とは難しいでも、色んな人の人生をのせているからこそ、やる価値があるのです。



我々ができる事は、キャノンのプリンターやコピーは買わない。日産ディーゼルのトラックは買わない程度しかないけれど…(判り易過ぎますが…)





「米国は日本の経験に学べ」、ノーベル経済学賞のクルーグマン教授



一方の騎士であるウォーレンバフェットも、段々最近遣った事のを冷静に評価し始めた。



バフェット「経済危機に“妙薬”なし0。5年後には楽観」 2008年11月24日(月)



 24日付東方早報によると、米著名投資家のウォーレン・バフェット氏はこのほど、米テレビ局の取材に対して、現在の経済危機に対する「処方せん」は非常に難しく、実体経済と市場を正常化する妙薬は存在しないとの考えを示した。
 バフェット氏によると(米国の)失業率はさらに上昇する見込みで、「5年後の経済については心配していないが、5カ月後のことを考えると心が痛む。2009年半ばにも好転するとは思えない」という。
 バフェット氏は米国の金融機関救済について、銀行の不良債権を買い上げるよりも、資本を直接注入した方が効果的との見方を示した。



[E:cake] 最後の部分ですが、どちらがと言えばその通りですが、今回の場合、何をしなければならないかと言えば、両方です。更に言えば、その両方を同時にするには、国有化です。既に、一部国有化の入り口に入っています。しかし、メリルのジョン・セイン(CEO)にボーナス云々と言っているのだからまだまだの話。正直まだ見えない話だけど、高度に金融化された経済が破綻したのだから、そのシステムは最終的には、彼らが最も嫌っている社会主義化されるのが自然なような気がします…。



Photo



The Snowball:



Warren Buffett and the Business of Life







我々が遣ろうとしている事は

我々がやろうとしている事は、自分の為ではない。
業界や世の中にとって少しでも良いと思う事。そんな事が
しいては、最後に自分達の為になれば良いじゃないか。



時と場合に評論家かと揶揄されてもいいじゃないか、そう思うのならそう思えばよい。



でも、世の中そんな、単純な表面的な事で回るのだったら苦労はしない。



言い難い時こそ、言ってこそ価値が問われる…。



[E:bell]Because It's Christmas (For All the Children)[E:bell] 曲は こちらから どうぞ



(歌詞)
Unto us a son is given

unto us a son is given

unto us a son is given

unto us a child is born




Tonight the stars shine for the children

and light the way for dreams to fly

tonight our love comes wrapped in ribbons

the world is right and hopes are high

and from a dark and frosted window

a child appears to search the sky

because it's Christmas because it's Christmas




tonight belongs to all the children

tonight their joy rings through the air

and so we send our tender blessings

to all the children everywhere

to see the smiles and hear the laughter

a time to give a time to share

because it's Christmas for now and forever

for all of the children and for the children in us all




tonight belongs to all the children

tonight their joy rings through the air

and so we send our tender blessings

to all the children everywhere

to see the smiles and hear the laughter

a time to give a time to share

because it's Christmas for now and forever

for all of the children



[E:bell]皆さんにはお気に入りのChristmassongはありますか?
よろしかったらご紹介ください。[E:bell]