トヨタショックの影響も…

トヨタショックの後は、今まで比較的住宅環境も良かった東海地区でも
そろそろ、この業界でももう一段スケールアップした破綻が近いかもしれない。



少しでも、知っている人なら、どの辺から起こってくるだろうなあと想像していると思います。



しかし、これから起こる事がトヨタさんの責任だとは思いませんが、相当大きな
影響を与えている事を、世界のトヨタなら認識し無ければならないのは事実だと思います。



Photo






本当に言っているのか

厚生労働行政の在り方に関する懇談会(第4回)


議事要旨




  1. 日時:平成20年11月12日(水) 17:59~19:29


  2. 場所:官邸小ホール


  3. 出席者



    浅野史郎(慶應義塾大学教授)、岩男寿美子(慶應義塾大学名誉教授)、大熊由紀子(国際医療福祉大学大学院教
    授)、奥田碩(トヨタ自動車株式会社取締役相談役)、高山憲之(一橋大学教授)、土居丈朗(慶應義塾大学准教授)、松浦稔明(坂出市長)、薬師寺泰蔵(慶
    應義塾大学客員教授)、内閣官房長官、内閣官房副長官(政務、衆)、内閣官房副長官(事務)、厚生労働大臣、大村厚生労働副大臣、渡辺厚生労働副大臣


これから先は問題になったところです。議論は良いのですが、やはり、口に出してよいこととそうでない事があるような気がします。勿論、口に出せば判りやすくはなりますが…。マスコミ側も問題もあり、その点はマスコミ側でよく考え直すべきではあるが…。






○奥田座長 私の個人的意見を言いますと、本当に腹が立っていますよ。何に腹が立っているかというと、新聞もそ
うだけれど、特にテレビが朝から晩まで、名前を言うとまずいから言わないけれど、二、三人を連れてきて、もう年金の話とか厚労省に関した問題について、わ
んわんと毎日毎日やっているわけでしょう。あれだけ厚労省がたたかれるというのは、自分は正直言って厚労省の人間じゃないけれど、しかしやっぱり厚労省だ
けであれだけたたかれるというのは、ちょっと異常な話なので、私は何か報復でもしてやりたいなというぐらい、それぐらいの感じは個人的には持っておるんで
すよ。だから、例えばスポンサーとかね。だからそれはちょうど、今……



○浅野委員 それを言ってはいかんですよ。



○奥田座長 言ったらいかんけども、今のところやっぱりあれでしょう、実際に、だから会社なんか相当、
経済の問題で最近沈んできているわけですね。だから、もう経費節減だと。経費節減だとなってくると、もう3Kが出てくるわけです。広告宣伝費と、それから
交際費、それからもう1つは何だったかな……、3Kですよね。だから、広告宣伝費なんか出さないと、特に大企業は。

 ということで、私は正直言って、皆さんテレビを見てもらっていてもわかると思うけど、ああいう番組に出てくるテレビのスポンサーは、大きな会社じゃないですよ。いわゆる地方の中小といいますか、変な話だけれど、それはやっぱり流れとしてはあるんですよね。

 だから余計私も、そういう意味で個人的にも、やっぱり今、厚労省がこれだけど突きまくられて、何であんなにど突きまくられなければいかんかというのは、腹が立ってしようがないんです。個人的には座長は、もうこんなことをやらずに、私も言いたいんだけれども……



○浅野委員 私もそれのかかわっている、「朝ズバ」なんていう番組に出ていますからね。ただ、私は現職
の知事のときからマスコミにいろいろ言われて、実は腹立っていないんですよ。随分ぼろくそに言われているんですけれど。それは、マスコミというのは批判す
るために存在しているのであって、マスコミに褒められるようになってはおしまいと。マスコミがおしまいということなので、ただ、そこのところでもし奥田座
長にあれがあるとすると、うそを言ったり、うそはだめ。事実に反することを公共の電波なりで言われたら、これはきちっと反論すべきなんです。ただ、これが
気に入らないとか、厚生労働省やっていることはおかしいとか何とかというのは、これはやっぱり言わせなくてはいかんのですよ。ぜひスポンサーも降りないで
ください。



○奥田座長 事の大小によってね、大きなことを言うのはいいけれど、小さいことを1つずつ持ってきて、こうやって、年金だ何だとかとやられると、正直言って……



○浅野委員 それはお腹立ちでしょうが、ただ、それは何かの形で反論するなら反論するということで、むしろそれは問題提起をしているわけですから、問題が広がるということ自体は悪くない。ただ、そこの中に、事実に反すること、誹謗中傷というのも……



○奥田座長 それはいかんですよね。



○浅野委員 事実に反することを根拠にした誹謗中傷ですね。それはきちっと現に、厚生労働省も報道のたびに言っているようですけれど、だけど、それで、褒めないからいけないとか、けなしたらスポンサー降りるぞというのは、これは座長、言い過ぎだと思います。



○奥田座長 いやいや、降りるぞというのではなくて、もう現実にそれは起こっているわけですよ。



○浅野委員 そうですか。それはえらいことだ。



○奥田座長 だから、今もうテレビ局なんか、正直言って、広告取りに走り回っているわけですけれども、
ところが結局聞いてみると、マスコミというのは経営権と、それから編集権は独立したものであって、編集権には経営者は介入できないという話があって、だか
らいろいろ問題があって、こんなのはおかしいとか言っても、上のほうは編集権に介入できないから何もできませんと、そういう言い方をするんですよね。



http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kourougyousei/dai4/gijiyousi.html すべてはこちらで





クルーグマン・プライズ・レクチャー

「米自動車産業は消滅も」 … ?



[E:shine]



Krugman_museum_photo


 




 ノーベル賞授賞式出席のためストックホルムを訪問している経済学賞のクルーグマン米プリンストン大教授は7日、経営危機に陥ったビッグスリーに代表される米自動車産業について「消滅する可能性がある」と語った。AP通信が伝えた。



 クルーグマン氏は、米政府の公的資金投入によるビッグスリー救済を「短期的な解決策」と指摘。経済危機下で巨大産業が破綻するのを政府が受け入れたくなかったのだろうと述べた。(共同)



以上のように日本では報道されてますが、大きな危機とはいったけど、消滅の危機とは言ってない。消滅の危機とは、デトロイトエリアでの自動車産業の集中は消えるというもののようだ。



なお、プライズ・レクチャーは http://nobelprize.org/mediaplayer/index.php?id=1072&view=3 で見れます。(44分)



その時使う資料は http://www.princeton.edu/~pkrugman/nobelslides.pdf です。



ついでに、益川先生のレクチャーは http://nobelprize.org/mediaplayer/index.php?id=1064 で(33分・日本語で)お父さんは家具職人さんだったんだ… [E:good]



Maskawa_press_03_photo







このところで嬉しかったひとつの事

シンセキ氏の退役軍人長官起用発表 



[E:shine] 政府見解に逆らった軍人さんなのに良いの? 良いんです。
  どこかの国の頭の足らない元軍人さんに比べれば判ります。



20081208k0000e030026000p_size5



記者会見で抱負を語ったシンセキ氏




オバマ米次期大統領は7日、当地で記者会見を開き、ハワイ出身で日系3世のエリック・ケン・新関元陸軍参謀総長を、退役軍人長官に指名すると正式発表した。


 



オバマ氏は、退役軍人長官としてこれ以上の適任者はいないとシンセキ氏を称賛。シンセキ氏が変化しつつある米軍およびその家族のニーズを理解しており、困難な時代に合わせて退役軍人省を改革していくだろうとコメントした。


 



オバマ氏に続いて演壇に立ったシンセキ氏は、退役軍人が国への貢献の見返りを享受できるよう日々努力したいとの抱負を語った。



別に日系の人が選ばれたからではない。相当前に、プライベートのブログで取り上げた



その時の抜粋は以下の通り



エリック・ケン・新関(Eric Ken Shinseki、1942年11月28日 - )

アメリカ合衆国陸軍軍人・陸軍参謀総長。日系アメリカ人(カウアイ島出身)

1999年6月22日に第34代米陸軍参謀総長として陸軍制服組トップに上り詰めた。イラク戦争における運用兵力の規模を巡ってラムズフェルド国防長官と対立し、2003年6月11日退役。



http://www.ff.iij4u.or.jp/~narita/ca/news97.html



中東調査会の大野さんのレポートの一部です。「「ポスト・サッダーム」に欠けている視座」



ホワイトハウスのアリ・フライシャー報道官は「サッダームの大量破壊兵器を軍事力により破棄した後に、(イラクを)再軍備化させることはない」と述べており、武力行使が開始されれば政権転覆以外の可能性は低いだろう。

 しかしその一方で、アメリカは政権転覆後のイラクをどうするつもりなのだろうか。またアメリカの描くポスト・サッダームのシナリオは妥当であろうか。

*米軍はイラク政権を転覆した後、数年間にわたりイラクを占領統治し、民主イラクの構築を目指すとされている。エリック・シンセキ米陸軍参謀総長は、米議会軍事委員会で駐留する米軍の規模は数十万人に達すると発言している。



(ここからは感想)



日本で言う軍人とは、勇猛果敢な人が良いとされる。しかし、本当の軍人とは、逆に石橋を叩いても渡らないような人。それは、なぜかって?人(部下)の命がかかっているからであります。しかし、特に日本の軍人は、本当に称えられべき人はいますが、多くの人は、日本の為に死んで来いと平気で言える人だからであります。情報を冷静に分析し、その上で戦略が練れる。しかし、実際は、果敢になると言う目的が優先して、細かい事はことごとく無視されてきた。そんな戦争では、勝てる戦いも勝てなくなる訳であります。