ウォール街の悪しき輸出品「簿外資産」-グリーンスパン氏は眠っていた

とうとう、ヘッジファンドに続く、本山に入ってきた。
次のコラムをお読みください。



10月30日(ブルームバーグ):全米証券化会議(ASF)を率いるジョー
ジ・ミラー氏(39)は9月のある夕刻、60人のバンカーらと会合した。話題の
中心はまだ記憶に新しかったリーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破た
んではなく、証券化業界の未来だった。         


      

  米財務会計基準審議会(FASB)が、数兆億ドル規模の簿外資産を金融
機関のバランスシート上に戻させる規則を計画しているというのだ。そうなれ
ば、こうした資産を引き取った機関は膨大な引当金を積み増さなければならな
い。証券化事業の市場規模は今年1-6月(上期)に47%縮小した。業界とし
てはさらなる悪材料を受け入れるわけにはいかなかった。



続きは こちら でお読みください。



次に来る事について興味がある方は、投資ビークル (Structured Investment Vehicle)を
チェックしておいて下さい。



Photo
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/booklet/
岩波書店サイトより





この記事へのコメント