本当の勝者とは…

66周目、ライコネン、アロンソ、ハミルトンがウェットに交換

67周目、マッサもピットイン




順位は1位マッサ、2位アロンソ、3位ライコネン、4位グロック、5位ハミルトン、6位ヴェッテル




ヴェッテルがハミルトンをオーバーテイク、ハミルトンが6位




ドライタイヤのグロックが減速、

最終周回の最終コーナーでヴェッテルとハミルトンがグロックを抜いて、ハミルトンが5位に




最終周回、グロックの減速がチャンピオンシップを決めた




マッサ、優勝 ルイス・ハミルトンが、新ワールドチャンピオン 71周のレース終了しました。



偶然、雨が降り始め掛かった頃、起きてしまい、TVを見ていた…(あと、僅か7週)
もう無理そうだと思ってた最後の瞬間の出来事でした。



一年間、多くのチームのサポートで遣ってきたものが、この瞬間結果が出てしまった。
でも、ここまでやったのだから、どのような結果になっても、結果は神のみぞ知る…。



我々のように惰性で突き詰めて遣ってない凡人にはなかなか経験できない事です。
突き詰めてないから、嫌な事が起こった時には、逃げたり、単に意味の無いボヤキを
言ったりするだけ。そんな事では、神様は何も与えてくれないだろう。

Photo



史上最年少王座を獲得したハミルトンと、最愛の弟ニコラスさん



Photo_2



惜しくも王座獲得がならなかったマッサは、応援してくれた地元ファンに深々と頭を下げた 





この記事へのコメント