アンケート回答から

3ヶ月ごとにこのようなアンケートを行ってきましたが、今回もご回答頂いた多くの方に、誠に感謝いたしております。ありがとうございました。以前もアンケートを行い直に集計して結果を公表してきましたが、出張等で間に合わなかったと言う方が居られましたので10日程遅らせていただきました。なお今回間に合わなかった方には大変申し訳ございませんが、次回是非参加してくださいますようお願い申し上げます。



10月24日(金)景況感アンケート今まで答えてくれなかった方もお願いします。 来年の正月の頃を予想ください ①今より上向く ②横ばい ③下降している ④急落している ⑤判らない 答えは数字だけで結構です。



結果  61/340 有効回答17.9% 



①(今より上向く) ・・・1.6%



②(横ばい)    ・・・18.0%



③(下降している)・・・50.9%



④(急落している)・・・16.4%



⑤(判らない)(番号無回答) ・・・8.2%



その他回答②or③1.6%、③or④・・・3.3%





中には、ご自信の考え方で確りとご返答いただいた方がおられました。経営に携わる方だと思いますが、ここまで考え分析していると言うのは心強いですね。



 来年の正月の頃
      荷動       ③  
      価格 仕入   ①
          売値   ②
      景気感      ③



私個人としても、④番かと思っています。今現在プレカットも盛況と聞いていますが、本当の実需で忙しいのか判断しかねるところです。また、住宅取得減税が延長・拡大(最高600万円予定)したとしても、満額減税を受けられる人がどれくらいいるか判りません。今造るだけ造って果たして完売できるのか。建売業者の戦略と需要がマッチしているのか計りかねる。この点に関し、景気対策等の問題点はまた新たにエントリーしようかと考えております。皆様も何かお考えがあれば是非お寄せください。



兎に角今回も皆様のご回答のほか、コメントを頂きました事を感謝いたします。本当にありがとうございました。





この記事へのコメント