だんだん情報の確度が判んなくなって来た

 昨日も、ある東海地方の大手住宅会社の話が入ってきたが、
このところ、ある意味なんでもあり状態で、調べても裏が取れない事が
増えてきた。
 その会社がどこだかについてはここでは触れません。でも、本来なら
そんな話が、どうであるかを把握する手段として、日頃努力しているのであります。



その後の話で、ジャンプ要請的なものであるというニュアンスも流れてきました。



お教えくださった方、感謝いたします。引き続きお互いに追っていきましょう。



昨日の話では、丸増住宅資材さんは、同時に入ってきてましたが、確実なので



昨日の段階でアップしてます。



事後処理を西村國彦弁護士(千代田区内幸町1-1-7、さくら共同法律事務所、電話03-5511-4403)、光岡健介弁護士(千代田区大手町1-7-2、弁護士法人E-ジャスティス法律事務所、電話03-3237-1803)ほかに一任した。今週中に自己破産を申請する意向との事です。





"It was a creed written into the founding
documents that declared the destiny of a nation: yes, we can"(
それは、この国の運命を宣言した建国の文書に書き込まれた信念だ。Yes, we can.)



「イエス・ウイ・キャン・ミュージック・ビデオ」



こちらで ご覧ください(翻訳付き)



すばらしい演説だった。でも、残念な事に、人類にとってできない事も時々ある。



それは、我々では解決できないけれど、時という物が解決してくれる…。



これから、バラク・オバマとアメリカの前に更なる怪物が現れるでしょう。



その対策の為に、彼は理想と現実にはさまれていくでしょう。でも、そんな時でも



その時には結果が伴わなくても、先になってやっていて良かったとなる筈です。



演説を聴くと夢と希望を与えてくれますが…今のアメリカには希望が無いと言う事です。



その事も考えながら進まないと、道を誤ってしまう可能性も高い。



「God Bless America」…しかし、今のAmericaにはこの熱狂に浸っている余裕は無い 



アメリカに主の祝福あれ 我が愛する国よ
アメリカを守り 導きたもう
夜通し降り注ぎし 天上の御光

山々を越え 平野を渡り 泡立つ海原へと
アメリカに主の祝福あれ
我が愛しの祖国よ



Photo
Grand Park・Chicago・IL



勝利演説の全文(和訳)はこちら



なお、スピーチライターのジョン・ファブロさんは



26歳。ニューズウィーク より







この記事へのコメント