クラシックが響く街へ~指揮者・飯森範親の挑戦~

「発見・人間力」



今日、早朝番組を見ていた。フジTVのTV批評の今野勉テレビマンユニオン副会長が出ていた。
これに続いて、テレビ朝日の「発見 人間力」です。後者は自分達にダブらせて見ていた。
「アピール・アンテナ・前向きさ・夢」…

まったくその通りだ。前向きさと言うのは自分達の場合単なる前向きさでは、ままならない。先を読み、先手を打つ。時期柄それは今時点では、先行して守る管理するであった。でも、この事は、いち早く底を確認した時に、一歩先に行動できる。更には他の業者がその時点での不良債権処理に窮している時に、我々がそんな事をしていないようにする為に前向きさであります。



世界で活躍する指揮者・飯森範親さんは山形交響楽団の魅力をアピールするために様々な取り組みを展開しています。

◆アピールする努力をしないと 魅力は相手に伝わらない◆
山形の人は、自分たちのいいモノをもっと外に発信すべきだ…飯森さんは自ら動くことでアピールしていくことの大切さを実践しています。

◆ニーズを探るアンテナを張れ◆

「音楽家はサービス業」と飯森さんはいいます。ニーズを探るためのアンテナに敏感であることがこれからの音楽家には求められているといいます。

◆常に前向きな気持ちがあれば 周りもついてくる◆
「困難は次へのステップ…」飯森さんは、常に前向きな気持ちを持つことが将来の成功へとつながると信じています。

◆夢…クラシックが響く街◆
そんな彼の夢は「クラシックが響く街」が増えていくこと…クラシックの魅力を伝えるためにまた新たなアイデアを考えています。
http://www.tv-asahi.co.jp/ningenryoku/ オフィシャルHP



http://blog.goo.ne.jp/chef-norichika/ 飯森さんのブログ



 経営者やリーダーは八間力を持たなければならない。どのような形が有るか、それは人様々であって良い。でも、それなりの人は会社の中で訳の判らない事を言っているだけでなく、外に向かって発信せねばならない。一部の実直なリーダーは、HPやブログまたはその他でメッセージを出しています。当然、その内容によっては大きな責任が伴います。でも、会社を帰営すると言う事は、そんな経営者一人のリスクより大きな、社員家族全員のリスクを背負っているのです。そんな事を考えた上で、自社・自業界の利益だけの為でなく大きな行動をされる事を望みます。





この記事へのコメント