どこまで続く不動産倒産!危険信号“48社”

世界を揺るがした金融危機の陰に隠れ、不動産会社の倒産劇が大々的に報じられることはなかった。しかし10月下旬に山崎建設(ジャスダック)、ノエル(東証2部)、ダイナシティ(ジャスダック)が倒産している。3社は、危機が叫ばれ続ける建設・不動産会社だ。
 今年に入ってから上場会社の倒産は27社。そのうち建設・不動産が18社にのぼる。危ない業界の筆頭だ。
 この先も倒産劇は続くのか。帝国データバンク情報部の中森貴和氏が言う。
「不動産危機は去っていません。ファンドや金融機関から資金を借り入れ、不動産を開発、高値で販売するというビジネスモデルが崩壊したのです。マンション販売を中心にする会社は今後も苦しい。倒産は続くと思います」
 PBR(純資産倍率)という指標がある。会社の資産価値で、単純には1倍を切るとマーケットは割安と判断する。だが落とし穴もある。
「0.5倍を切るような会社は実態とかけ離れ過ぎています。悪材料がひそんでいると判断したほうが賢明です」(投資ストラテジストのリチャード・コーストン氏)
続きはhttp://netallica.yahoo.co.jp/news/54378



続きには PBR のリストが載っています。



【PBR「0.3倍以下」の上場不動産】
◇社名/PBR
◆パシフィックホールディングス/0.03
◆アゼル/0.07
◆日本エスコン/0.07
◆サンシティ/0.07
◆明豊エンタープライズ/0.09
◆ジョイント・コーポレーション/0.10
◆東栄住宅/0.10
◆クリード/0.12
◆原弘産/0.13
◆大和システム/0.13
この会社に続くリストも載っています。この中でも、取引可能な会社もあるでしょう、それをシビアに探る必要はあるでしょう。また、残念ながら、会社は辛うじて何とかなりそうだったけど、株価の下落や銀行の取引姿勢で状況が変わってくる会社もあるかもしれません。



東栄住宅の株価情報 http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?scode=8875
この会社に事が及ぶと、実態は兎も角イメージ的な影響も大きく。だいぶ前から
個人的には注目しています。皆さんはどのようにお考えでしょうか?
考え方見方は変わられましたか?



色んな事がこちらの意図するスピード以上で動いているのは現在だと思います…。





この記事へのコメント