今あるとこでやっているアンケート途中経過

原油価格の下落はどこまで募集期間:11月14日~11月20日



7月に147ドル台と、150ドルに迫るところまで上昇した原油市場は

その後一気に反転。

12日の市場では55.03ドルと、高値から半値以下どころか

約1/3にまで迫ろうかと言う状況になっています。

高値を付けた後の8月に年末の原油価格についてアンケートしたときには

80ドル以下を見越していた方が19%しかいなかったことが

信じられないような状況です。

(最も低い水準が80ドル以下と言うあたりで、設問自体が状況を読めていませんでしたが)

さて、この状況で再びアンケート。

年末の原油価格はいったいどの水準でしょうか。

ちなみに、2000年代に入って上昇してきた原油価格は

2006年に80ドル手前で一旦頭を打ち、

2007年に入って50ドルを瞬間割り込んだところが

直近の安値となっています。






























~30ドル 03年以来の20ドル台へ 17%
30~40ドル 03年に頭を抑え04年年末に下値を支えた40ドルを割り込む 12%
40~50ドル 07年は下値を抑えた50ドルを割り込む 26%
50~65ドル 50ドルが下値のメドに、その後安値圏揉み合いへ 29%
65~80ドル 調整局面終了、行き過ぎ分の調整へ 9%
80~100ドル 商品市場への資金の流れ復活、再び上昇へ 3%
100ドル~ 大荒れの展開再び




この記事へのコメント