<ハンセン病元患者>70年ぶりに帰郷、幼なじみと再会

茨城県古河市出身のハンセン病元患者で、国立療養所「多磨全生園」(東京都東村山市)の入所者、平沢保治(やすじ)さん(81)が4日、約70年ぶりに実名で帰郷し、幼なじみ3人と再会した。




 平沢さんは当時の古河男子尋常高等小学校(現市立古河第二小)を卒業後、13歳でハンセン病と診断され、翌年、多磨全生園に入所した。人権回復運動の先頭に立ち、国家賠償訴訟の原告になった。これまで、母の葬式に出ることも許されず、表立っての墓参もかなわなかった。




 母校で講演した平沢さんは「頑張らなくていい。あきらめないで生きてほしい」と、卒業の際に担任に贈られた言葉を紹介し、自らの生き方と重ねた。




 幼なじみの羽兼尚一さん(84)らとも会った平沢さんは「誰も来てくれないと思っていた。私には古里はないと思っていたが、やはり古里はここにあった」と話した(毎日新聞より)



日本には今も昔も、このような事は多い。特に全体のパイが増えなくなった現在は、このような例は更に増えていくだろう。しかし、この様な事を繰り返せば繰り返すほど、社会の包摂性を失い、後で気づいても取り返す事ができない社会になるのだろう。



 しかしながら社会全体の事を、どうこう言う前に、自らの業界・会社を良い物にするしかない。いまでも、人材的にどうかと思う業界になりつつあり、これ以上更なる意識低下を生むと、そんな人達が作った会社なんて危ないとなる可能性が大だからであります。



 会社、最後は人材と意識しか救ってくれません。





この記事へのコメント