オリックス宮内さん…木材輸入から

8591
このチャートは、金融総合会社オリックスの株価チャートです。(三ヶ月で四分の一に)
このところ急速に下落速度を速めています。本日は久しぶりに上昇しました。
この中で、会社側は、コミットメントライン契約であるとかプレスリリースを出しています。
その中で何が行われたかと言いますと、1500億円の第三回無担保転換社債型新株予約権付社債の発行が進んでいます。
 彼らも、株価が下落し易い時にこの様な事をするとどのような事が起こるかは十分認識しているはずであります。少し前に、半導体製造会社のエルピーダメモリーが同様な事を実行しました。
なお、同社は今日、短期流動性についてというコメントも出しました。こちら



以前にも企業のCDSスプレッドについて書いた事がありましたが、オリックスはこんな事も
影響して、その数値も1287.50と言う数値を出しています。この数値は、ソフトバンク(1023.75)を逆転してはるかに上の数字となっています。話は第三回無担保転換社債型新株予約権付社債に戻しますが、幾ら1%金利発行という大変有利な条件で、喉から手が出そうですが、世の中、すべて上手くいくにはもう少しデリケートに遣らねば大きな影響が出る事もある。
繰り返しますが、自分が担当者なら誰が言ったとしても命がけで阻止すると思います。
 しかし、債権者リストを見てますと、少し大きな会社なら殆どこの会社が載ってます。どのような貸し出し政策をしたか判りませんが、自由化・競争化をすれば節操なくすれば、結果傾向は出てきますよね。 同社の株価は こちら からどうぞ
それにしても、CDSスプレッド、同社より凄い会社は、アイフル、武富士、JAL,そして次がプロミス、そしてそのすぐ下に同社となってしまった。



Photo_2
宮内さん、親父義作さんは神戸で木材輸入ブローカーだったとか?日綿実業の木材部門に大きな影響があり、本人も大卒後、日綿実業に入社した直後、ワシントンで木材輸入に拘わっていた。その後、同社が三和銀行とリース事業を始めた時に人生の転機が来た…。



 今までは、ある意味、親父さんを見た上でのタフネゴシエーターでここまで来たが、最後の最後のとこで、本当の真価が問われるのかも知れない…。日綿実業時代の宮内さんを知っている方はおられますか?当方は、雑誌等に書かれた表面的な話しか知りません。





この記事へのコメント