たぬきサンタさん

Photo
タヌキ像は高さ5メートル、胴回り6・6メートル。信楽焼のタヌキの置物にちなみ、駅のシンボルとして20年前に設置された。



 毎年この時季に、駅前のイルミネーションに合わせてサンタの衣装をまとい、信楽の風物詩になっている。



記事はこちら



なお、信楽高原鉄道ではサンタ電車も運転します



こちら



[E:xmas]



[E:bell]



[E:snow]







[E:xmas]





[E:house]



[E:building]



[E:note]



[E:smile]



[E:crown]



たぬきの八相縁喜

      狸には八相縁喜というものがあり、八つの縁起があります。


 
            
            
         
         
            
            
         
         
            
            
         
         
            
            
         
         
            
            
         
         
            
            
         
         
            
            
         
         
            
            
思わざるは悪事災難避けるため用心常に身をまもる笠(思いがけない災難から身を守る)
世渡りは先ず信用が第一ぞ活動常に四通八達(世渡りには信用が第一。)
何事も前後左右に気を配り正しく見つむることを忘れめ(何事も前後左右に気を配り正しく見つめる)
もの事は常に落つきさりながら決断力の大胆をもて(常に沈着冷静にしかし、決断には大胆さが必要である。)
世は広く互いに愛想よく暮し道を以って務めはげまん(常に愛想良く真を以て努める)
金袋金銭の宝は自由自在なる運用をなせ(金銭を自由自在に使える金運に恵まれるように)
徳利恵まれし飲食のみにこと足利て徳はひそかに我につけん(飲食には困らず、徳を持てるように努力せよ)
なに事も終わりは大きくしっかりと身を立てるこそ真の幸福(物事の終わりは大きく、しっかりと身を立てることが幸福である。)




この記事へのコメント