『株式会社きのしろ』『株式会社たいせつ』設立に関するご報告

《私たちの思い》
先般、残念にも破綻に至った「木の城たいせつ」は、その特異的な特長によって、北海道だけでなく、日本全国、また世界の有識者からも高く評価されてきた企業です。我々は、このことに大きな誇りを持って日々の仕事に邁進してきましたが、倒産という現実に、当事者として、これまでご支援いただいた多くのお客様に対して、また北海道社会に対して誠に申し訳なく、心からお詫びしなければならないと痛感していました。
こうした中でも「木の城たいせつ」の存在を惜しむ声や我々の立場を案じてくださるお客様も数多く、改めて私たちが関わってきた事業の意義や価値の大きさを実感すると同時に、これまで「木の城たいせつ」が培ってきた理念、思想、技術、ノウハウ、そして経験、実績は、これからの北海道社会にとって、絶対になくてはならない財産であり、さらにこれを生かして、成長、発展させるべき大切な事業であると確信いたしました。我々有志は、そのために、この目的に集い、事業を再生、継承し、新しい企業へと生まれ変わる、そのことを共に目指そうと決意いたしました。
幸いなことに、関東、中部、関西エリアにおいて活躍されている大手デベロッパーである『株式会社 創建』 吉村 孝文社長のご理解を得て、また栗山町と北海道など行政のご協力によって、我々同志の願いがまさに実現されることになりました。この上は、これまでの経験の中で、我々が培ってきた技術、ノウハウを活かすと共に、さらに努力をして、我々が愛する北海道に、より本物の住生活文化を創造してまいります。
また、木の城たいせつの倒産によってご迷惑をお掛けしているお客様、ご心配をされているお客様に対しては、できる限りのご相談にお応えしてまいります。どうか、我々の志をご理解いただき、今後へのご協力のほど心よりお願い申し上げます。
最後に、新会社設立に向けて、ご声援をくださった多くのお客様、本当に情熱を傾けてご尽力くださった皆様に対して心から感謝を申し上げると共に、必ずご期待にお応えできるよう必死に働いてまいります。今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

株式会社 きのしろ
株式会社 たいせつ
社員一同

http://www.kinoshiro.com/

道新記事 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/150878.html

この記事へのコメント