5月のページビュー状況をアップして更新を停止いたします。

画像


日 PV 日 PV
1 586 17 525
2 655 18 928
3 248 19 584
4 219 20 582
5 268 21 610
6 448 22 578
7 624 23 359
8 483 24 526
9 488 25 539
10 419 26 -
11 377 27 -
12 407 28 -
13 969 29 -
14 985 30 -
15 819 31 -
16 498
Total : 13,724

上記数値は、検索エンジンのクローラー等のカウントが入っており、実質的な数字は、個々のページのカウンターの合計がそれに当たると思われます。因みに昨日アップ分ののPVは114であります。この数値には、クローラーの数字は入ってません。他の分析ですと昨日一日で 119(人) Visit 373 Page View(合計) と言う数字が出てますので、これが実数なのかも知れません。紹介メールを300オーバー出して118名それが高いか少ないかは微妙なところです。力の足りなさもここに現れてます。

最終回「まとめ」…明日を精一杯生きるより、今日を精一杯生きなきゃいけない。

 2005年10月25日前身のgooで『木・建関連業者の集い』家とは?・・・のBlog開設以来4年7ヶ月様々なことがありました。

 一番印象に残っている事を振り返って反省材料にしたいと思います。
 先日、ある会社の社長と話をしました。その会社の社長は最終的にやむを得ず会社再建を断念する事になったのですが、景気の良い時自身の力を信じ、また社外から人員も集め拡大していったが、誰一人として本音で止めるスタッフを作ることが出来なかったと言っていた。実は経営者でそれが一番重要であったと気づかれた事は大切な事であり今後の糧になると思っています。さらに最後にその社長が、不本意であるが国税が追い討ちを掛けた事も
判って欲しいと話してくれた時、自分は何が本気で出来たのだろうかと思いました。
 勿論私もその当時本気で、これ以上拡大するのはリスクを背負うことになるから十分気をつけてくださいと言って来たつもりだった。(他にももう何社かある)今の状況に陥ることを前職の経験を生かし、相応のメッセージを出す事が出来るのではないかと確信し遣ってきたつもりですが、結局自分の力及ばずどうすることも出来なかった。

 「蛇の生殺し」「茹で蛙」のたとえ話は、世間でよく使われるのですが、聞いたその時は確かに納得するし理解するでしょう。しかし、ぬるま湯にどっぷりと浸かってきた者にとって本当にそのことを真に理解しているか自分にも問うてみたいと思ってます。
 今までは苦しい時金融機関も助けてくれた、知人が手を差し伸べてくれた、クライアントが何とかしてくれた様々なことで差さえあってきたのも事実でしょう。
 また、景気は山・谷が繰り返され、全て右肩上がりで何とかなる的な発想が通用したのですが、今後はそのようにはならないことは皆さん既にお気づきと思います。昨夜もある方と夜話した時にそのお店に来ていたお客さん(見ず知らずの方で、年は相応にとっていた)が昔の先人は労を惜しまず、何もないことからどうやったらそれが叶うか、試行錯誤し努力してきた。今は何が起こるかは判らないから、何でもチャレンジしたらいい。そこから道は開けると言っていた。まさにその通りなのかもしれない。

 先日のメールでBlogは続けてくださいとか、厳しい時助言をしてくれた数々の諸先輩、このサイトを後輩に紹介してくれ見始めて効果が出てきていますと言うご連絡を頂いき、様々な励ましや労いの言葉も頂きました。しかし、一つの区切りを付けたいと思います。この先まだ何をどのようにして行くか答えが見出せない中で、次のステップに移れるか自問自答しながら冷静に判断し答えを見つけた時、今までの事を参考により飛躍できる事を目指したいと考えております。
 
4年7ヶ月本当にありがとうございました。      管理人


色んな事を考えながらやってきたが、今でも確信している事は
「明日を精一杯生きるより、今日を精一杯生きなきゃいけない」。(映画ゴーストよりの台詞)


人間はそんな当たり前の事を、知らぬうちに忘れてしまうものである。癌にかかった人間がその後、どんな想いで日々を生きているかそんな事を見るに付け感じてしまう。だからこそ、だからこそ、人間なら…。

実家の隣人

母親に相談事があって夕方に訪問した。以前から隣人が今月いっぱいで引越しをするとは聞いていたが、自分も用賀から引っ越して以来顔なじみの人であったので何か寂しい気もする。

自分が引っ越してからは、自分に代わって母の事を時折気遣ってくれていた方であった。
母のところに訪問したところ、丁度表に出ていたのでお礼かてらがてら挨拶をした。
なんでも奈良の田舎町に引っ越すと言うことであった。家はと聞いたら、築80年の2軒続きの長屋作りだそうで、北斜面に面しており少し傾いているとの事であった。
自分たち夫婦で構造部分だけ残し、内外装を改築したと言っていた。
奈良の盆地で夏は暑く、冬は寒いとの事であったが手入れをして上手く出来たとのことだった。
地方はまだ過疎地で東京者はという雰囲気が残っているそうだけど、自分から何でも地元の人と積極的に接したり、決して怪しい人ではないので受け入れてもらえるよう努力したそうだ。

何でもできない事はない、遣れば出来る、そう勇気付けられた思いであります。

企業誘致・戦略拠点には

夕張市南部地区のADSL申込者募集のお知らせ

現在NTTの夕張市南大夕張局管内では通信環境整備が遅れており、地域住民の通信環境向上のために、ADSLの導入を地域の代表が呼びかけております。

現在、南部地区ではブロードバンドのインターネットサービスが行われていません。
地域住民の「ちから」でNTT南大夕張局にADSLを開通させましょう!
(一定の件数がまとまらない場合は設置されない場合もあります。)
[ 2009-05-11 ] http://www.city.yubari.lg.jp/contents/announcement/news_1242020736.html

産業再生機構のCOOだった冨山和彦さんが、番組に出てた時、言っていた。日本は田舎に人が住み過ぎるから効率が悪い。都市部人口がイギリスでは9割、日本では6割。
 流石に産業再生機構の人間らしい話だ。従来(小泉時代以降)この様な事が、正しいとされてきたが、実際はそんな簡単な事ではない事は判ったのでは?
 破綻企業を規模が小さくなっても、非効率部門を無くして、黒字化し売却するのはこのやり方もありだと思うが…。
やって良い効率化とやってはいけない効率化がそこにはあるように思える。ただし、その境目がどの企業、どの地域でも同じ訳ではない。

立地企業

* 株式会社サングリン太陽園
* 株式会社夕張フローリング製作所
* シチズン夕張株式会社
* 株式会社アクリフーズ
* 石田鉄工株式会社
* 夕張酒造株式会社夕張の地酒
* 花畑牧場 夕張

事務次官の天下り先なんて考える必要ないのに

元農水大物次官、天下り先失う 農林中金副理事長ポスト

 農林中央金庫は、空席の副理事長に農林中金出身の全国農業協同組合中央会(JA全中)の向井地(むかいち)純一・専務理事をあてる方針を固めた。農林水産省が強く期待していた、元事務次官の小林芳雄・農林中金総合研究所顧問の選任を見送る。歴代大物次官OBの有力天下り先の農林中金で農水省がポストを失うのは、極めて異例だ。
 農林中金では業績悪化を受け、元事務次官の上野博史理事長(当時)が3月末に辞任し、副理事長だった河野良雄氏が初の生え抜き理事長に就いた。小林氏が08年7月に農中総研顧問に就いた際には「上野氏の後任を想定」(農水省幹部)した待機ポストとみられていたが、理事長職どころか副理事長職も逃す。 続きはこちら

国際食料事情の評価 顧問小林芳雄
http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/f0905sea.pdf 必要な人なら用意しなくても大丈夫?
いずれにしても、水産庁長官から、事務次官となって僅か1年。当時の農水省は、絆創膏事件など程度の悪いトラブルはあったけれど、なんで逃げるように辞めたのか?従来のBSE発覚時の生産局長の時の対応、ハンナン時の事を見ていても…。本当にどの様な人間が、日本にとってあるべきなのかを感じた瞬間だった。
松岡氏の遺書のついて、会見した時も何かこの人がどんな人かなんとなく判った。

ガンダーラ (コミュニケーションとは)

Gandhara lyrics

A long time ago when men were all babes
There was a land of the free
Fantasy and dreams
Were its untouched wealth
And goodness and love were real

Each man desires to reach Gandhara
His very own utopia
In the striving, in the seeking soul
Man can see Gandhara

In Gandhara, Gandhara
They say it was in India
Gandhara, Gandhara
The place of light Gandhara

Though long ago and far
Beyond the winding road
Always beyond every bend
A beautiful land still waits for the few
Who make it to the very end

Each man desires to reach Gandhara
His very own utopia
In the striving, in the seeking soul
Man can see Gandhara

(*) In Gandhara, Gandhara
They say it was in India
Gandhara, Gandhara
The place of light Gandhara

* repeat



コミュニケーション不足が華奢な子供を作っている。
子供を大事にてしてもらいたい、コミュニケーションをしてほしい、自分自身を子供に見せてほしい。

http://www.icualumni.com/interview/guest07.html (奈良橋陽子・ICU同窓会サイトより)
この事は、もしかすると子供だけの問題ではない。戦争を知っている世代は、単に反対と言うだけでなくもっと戦争について語らねばならない。そんな当たり前の事ができなくなった日本人が、今、この様になっているのだろう。社会の中で、勿論、会社の中、しいては家族の中、友達の中でも…。
 「その中で自分というものが何で存在するのか、その価値は何だろうか」

2世代融資かあ

200年住宅用に50年ローン 金融支援機構、固定金利で発売

 独立行政法人の住宅金融支援機構は、高品質で数世代にわたり住める「200年住宅」(長期優良住宅)を対象にした、返済期間が最長50年の固定金利型住宅ローン「フラット50」を6月上旬から発売する。
 利用者の年間返済額を少なくし、一般より価格が2割程度高い200年住宅の普及を促す目的。景気悪化で落ち込んでいる住宅売買を下支えする効果も期待される。
 フラット50の返済期間は36年以上50年以下で、耐震・耐久性やバリアフリー機能などが国の一定水準を満たす、長期優良住宅を購入する個人が融資対象。利用者は満80歳までに完済するか、親子2代で返す。
 金利は最長35年のフラット35の適用金利より、やや高くなる見込み。フラット35の5月の適用金利は、返済期間21年以上で4・02-3・07%。
 貸し倒れリスクを考慮し、同機構はフラット50の融資を物件価格の一定割合までにとどめる。利用者は、他のローンなどと組み合わせて使うことになる。
 返済期間が36年以上の超長期住宅ローンには、りそな銀行が一般住宅も含めた新築物件を対象に販売している、変動・固定金利選択型の45年ローンなどがある。

大手ハウスメーカーをブッ飛ばせ (中小工務店)

大手さんは何も言わなくても、何かをやるでしょう。その会社がなくなっても、次の段階に他の会社が出てくるでしょう。でも、中小工務店は、これから無くなったら復帰は限りなく不可能に近い。
 大手から独立して、中小ではじめて出来た会社は、次の時、良い家を作るのではなく儲かる家を作り、大きな会社になっていくでしょう。大工さんがいなくなる事も含めて、将来の住宅建設の仕方が問われてます。

皆さんのクライアントにも、その様な青息吐息の中小工務店さんは相当あるでしょう。そんな人で、もしこの会社は残したいなあ。本当は良い仕事が出来るけれど、様々な点で足らないからこの様になっている。そんな先に次のような事はアドバイスできないでしょうか?でも、やたらにやられたら困ります。原価コストを確り公表しながら、丁寧な仕事ができる会社へのみの提案です。

3000万以上の家ならワゴンRを、4000万円以上なら、プリウスを一台付けます。(1年間先着20名様)とやります。棟数は、その会社が普通にやって対応できる数以上は載せてはこまります。丁寧な仕事が出来ないからです。

更に施主にお願いするのは、大和ハウスで詳細の見積もりをして貰って、それをお持ちくださいと、勿論大和ハウスである必要はありません。できたら大和ハウスのような会社でお願いします。タマホームとかのを持ってきたら断わってください。

本来なら、大手さんとの違いを丁寧に丁寧に、原価を公表して遣れば良いのですが、その様な事をやっている中小工務店さんはあまりありません。それは自分のやっている事に対してずるい・甘いそんな訳です。
あなたが、施主で、良い仕事をしてくれる人と、適当にやっている業者に対して同じ手数料を払いますか?そんなことは無い筈です。建てた後の事を含めて考えて総合的に判断するはずです。

今こそ大手ハウスメーカーとブッ飛ばす最後のチャンスではないでしょうか?
昨日のメッセージ(木材輸入禁止)とあわせ、表面的なメッセージだけでなく、何かを感じ取ってくれれば良いのですが、この点は皆さんの感性に任せるところです。

画像



「肉を切らせて骨を断つ」

こう書かれてしまうと…(読売新聞)

住宅50棟未完成で放置
太田・花菱社長姿消す1000万受領、更地の現場も

 太田市の住宅建築販売会社「花菱」(田島光夫社長)が受注した住宅工事が、施主から多額の代金を受け取りながら、中断されたまま事実上放置されていることが、県への取材や施主の証言などで21日、わかった。1000万円以上を支払ったのに更地のままの事例もある。一部の施主の相談を受け、県は4月、田島社長に対して建設業法に基づく指導を実施、契約履行を促したが、社長の所在は現在、わからなくなっている。工事が中断したままの物件は約50棟に上る模様だ。続きはこちら

そこが無いから目の前で泣いてしまう(校長)

若いうちは問題に飛び込んで行くが、
年を取ると問題が飛び込んで来る。

In youth we run into difficulties;
in old age difficulties run into us. (ジョシュ・ビリングズ)

『冬がなければ、春はそれほど心地よいものではないでしょうし、時に逆境を味わうことがなければ、幸運をそれほど、有り難く感じることもないでしょう。』
If we had no winter, the spring would not be so pleasant:
if we did not sometimes taste of adversity, prosperity would not be so welcome.

画像


Henry Wheeler Shaw (1818-1885)

泣かせてしまう世間とマスコミが悪いのか、それとも本人が悪いのか、何かどこかが狂っている。色んな意味合いで組織と言うものに入ってしまうと、全てが問題と映るのかもしれない。

新規で何かを遣る時は…

当事者の能力だけでは無理なのだろう。

今年開幕したばかりのプロ野球・関西独立リーグで、3月31日に支払われる予定だった「リーグ分配金」の3000万円が、全4球団に入金されていないことが18日、明らかになった。女性初のプロ野球選手、吉田えり投手(17)が所属する神戸球団では、5月末支払いの給与の原資が不足、給与遅配の可能性を全選手に通達済み。各球団の経営に、大きな影響が出始めている。続きはこちら

3つの独立リーグの観客動員を見ていても、なかなか目処はたたない。
政府のエコポイントとか、ハイブリッドカーの受注を見ていても、もう少しお金の回る流れを変えてくれれば、色んな事が起こるのに、既存に対しては優しくても、新規に対する目は、厳しい。それでも新規で遣っていける人だからこそ、生き残れるのかもしれない。これを下手に公的支援しすぎた物は、いつになっても、苦しくなれば公的なものに頼るとなるのかもしれない。

関西独立リーグ HP http://stella-sports.net/sns-kansai/?m=pc&a=page_o_free_page&c_free_page_id=5

石毛さんは、本音でどう思っているだろうか?西武でそのまま監督になっていたら?そんな事を…。

プロジェクトX 挑戦者たち 「樽募金」エースや4番バッターも歌を歌う
史上最大の集金作戦 広島カープ~市民とナインの熱い日々~
http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10002200090105010130005/

石毛ブログに本日重要な事が載っていました。 http://weblog.h-ishige.com/

会社とは誰のものか?

この事を間違えてしまうと、社内的に色んな動きが出てきますね。

会社とは誰のものか?それは、社員のもの、クライアントのもの。その次が、社会や業界のものそして、最後は経営者や株主のものとなるのです。

この会社が、そのような会社かは判りませんが、そんな事を見ていく上で、参考になるブログです。

労働組合セイホクユニオンのブログ はこちら

自分も昔。組合の委員だった時に、そうとういい加減な経営(イケイケGOGO)だったので何とか歯止めを掛けないと思い。ユニオンに加盟するもの一つの案ですよと提案した事があった。本気で遣るつもりはなかったけれど、組合の役員が、公表になっている自社の財務諸表さえ、会社から出てくる前に見ておかないような体質だったからでした。
 いずれにしても、ずっと昔の右上がり社会で、やっていればOKという時代でないのだから、自分たちに都合の良いことをやろうなんて上手くいかないのに…。

そんな会社、今もインサイダー情報が時折入ってきてます。それを聞くとあの時より悪くなっている。
一年ほど前に扱ったファンドに、船舶ファンドがありました。その話が出て来た以前から何がバブルであるかは判っておりましたので、このブログで、石油関係・資源関係からバルチック海運指数まで取り上げ、それは駄目よと繰り返し主張してきた。失礼な事に、丸紅(商社の方の)社長人事まで触れて、よく見てた方が良いよと書いてあります。

その船舶ファンドの会社はこちらであります。
なんと噂の話では、投資金額10000円が僅か40円になっている事らしい。ここに至るまで会社やファンドの情報公開が全くないので、その方向だよといつも言っていた。それがどうやら現実なった模様であります。

当時の業界紙にはこのように書かれていました。http://www.ehi.co.jp/attached/news/080807.pdf
「金融を活用すれば船主はもっと活躍できる」がタイトルであります。(海事プレス)

同時期、その会社が平行して遣っていた事に、ベトナム不動産ファンドでした。こちらの方は情報公開がこれまたないのですが、一つだけ、ベトナム不動産が買えなかったという、不幸中の幸いがあったそうです。つまり、こちらの方は、コスト損に留まりそうだと言う事のようです。この話は嘘のような本当の話であります。

売りやすい時に売りやすい物を売る。典型的な日本人向けの商法。新型インフルエンザが蔓延すればするほど、どうなるかであります。そこには、本当のリスクが何で、何をどう対応するかという事は見えません。

静岡空港周辺の立ち木、地権者が伐採開始(木材自給の可能性)

ニュースはこちら

 このニュースを見ていて何かを感じた。勿論この木材が使えるのか使えないのかは、素人からは判らないけれど、なんで木材の伐採がこんな事にしかニュースにならないのだろうか?
日本の食料自給率は、ご存知の通り、カロリーベースで40%高いか低いかはご判断ください。
 ところで、木材木材自給率は次のうちどれでしょう?①7.8%②18.2%③22.6%④31.7% ここは答えを書かなくてもこの業界の人ならご存知だと思います。

 闇雲に高ければよい。低ければ悪いと言う事でもないと思います。しかし、今の数値は如何なものだろうか?本音で言えば、木材なんて輸入する必要ないだろうなんて言うつもりはありませんが、何か考える事はあるような気がします。今年、どうやら、政権交代も行われ、来年以降予算の組み替えも行われるでしょう。木材業・林業に対しても何らかのスタンスが変わる筈です。今までは、何か困ると森林組合に対して支援をするだけで根本的な問題の解決にならなかった。
ウッドマイルズと言う言葉に凝縮されるように、あまりにも異常な数値を出している日本ですが、変化する切欠を待っているような気がします。この流れが変われば、日本の住宅に対する見方も変わる。安い家を作ると言う判り易い事から、脱する事が出来るのでは?

森林の面積が若干減る中で、下のように森林蓄積は急増している。このことに手をつける最後のチャンスが近づいているような気がします。

画像


勿論、完全に木材輸入を禁止する訳ではありませんが、何かバランスがある事をできる筈。
そして、この事の抵抗勢力になっているのが、実は、我々住宅業界そのものではないでしょうか?

もうそろそろ、家の原価を出して作ってくれる業者が沢山出て欲しい。4000万円の家を判らない様に作るのではなく、これだから良い家なんですとできれば、中小工務店の家は大いに対抗できます。

まだ、あまり見られないけれど (IP電話は両方にとってメリットあり)

偶然、株式会社東海木材相互市場さんのHPを見ていた。

下の方に小さくIP電話の利用と出ていた。こちら

OCNのIP電話、これを使えば、本支店間通話無料、同じ様にIP電話からここに掛ければ無料(全IP電話業者ではないが殆ど)になる。東海さんから通常の固定電話に掛けるのも、全国どこでも、3分約8円で掛けられる。
 また、この事はあまり知られてないけれど、固定電話から東海さんのIP電話に掛けると、全国どこからでも3分約10円となる。

個人契約と法人契約の内容は違いますが、こんな事を考えるのも今の時期、当たり前の選択です。

OCN法人 http://www.ocn.ne.jp/business/

露木さんもフリーなのにサラリーマンみたいなトーンですね。

「病気知らなかった」

【頼近美津子さん死去】「小川宏ショー」や「ニュースレポート」で一緒にキャスターを務めた元フジテレビで現在フリーの露木茂アナウンサー(68)は、「病気をしていたことも知らなかったので…」と驚きを隠さなかった。最後に会ったのは3年ほど前。「小川宏ショー」のOBらの集まりで数年ぶりに顔を合わせ「とても元気そうで、“雑誌のインタビューや音楽のプロデュースで忙しい”と言っていた。音楽の仕事は昔からやりたいと言っていたので、水を得た魚のように生き生きとしていた」と振り返った。続きはこちら

直接、電話しなかったとしても、日頃からそんな事を(色々気に掛けていれば)、その様な話は入ってくるのだが…。寂しい時代に入った現われかもしれない。

【 連 載 】―――――――――――――――――――――――――――■□

≫レポート
・再発がんを生きる-乳がん全身転移を生きる小倉恒子さん(下)
--- つらい治療もがんと闘うための味方とイメージ ---

 骨転移がわかったとき、まず受けたのは放射線治療でした。月曜日から金曜
日まで5週間25回、転移のある部分にリニアックの照射を受けました。実は、
私は祖母を乳がんで亡くしているのですが、昔のコバルト照射で祖母の皮膚が
焼けただれたようになっていたのを覚えていたので、放射線治療にはあまりい
いイメージを持っていませんでした。でも、2回目の放射線治療を受けたころか
ら、ものすごく痛かった胸骨の痛みがすーっと消えたのですから、放射線の威
力には驚きました。放射線治療を受けている間も、私はフルタイムで働き毎日
踊っていました。

*続きは ↓ こちらでお読みいただけます。
http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/report/090519_01.html

●レポートの記事一覧は、 ↓ こちら
http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/report/

ネットワークを勉強していると,忘れかけていた大切なことに気付く

 ネットワークのしくみを勉強していると,「コミュニケーションのコツや大切さ」に気付くことがよくある。コミュニケーションというのは,人間対人間のコミュニケーションのことである。あいさつや返事の大切さ,チーム作業で気を付けることなど,頭ではわかっていても,知らず知らずのうちにないがしろにしていた自分にあらためて気付かされることが多い。
情報がほしかったら自分をオープンにする

 例えば,インターネットに欠かせないしくみとして,ルーターがパケットを目的地まで送り届ける「ルーティング」がある。ルーティングの動きを勉強していくと,「相手のルーターに自分の知っている経路情報を教えると,そのルーターから自分あてにデータが来るようになる」というルールがあることがわかってくる。

 筆者がこのしくみを知ったとき,「現実と同じじゃないか」と思った。何であれ情報を得たいと思ったり人脈を広げたいと思ったとき,一番いい方法は自分が知っている情報をオープンにして積極的に発信することだと思っている。情報や人脈は,情報を積極的に発信する人に自然に集まってくるからだ。

 いい例がブログである。頻繁に更新してためになる情報を発信しているブログは,自然と人が集まる。そしてさらにそのブログが盛り上がっていく。「教えてもらうばかりではダメで,自らが進んで情報を提供するサービス精神が大切」というコミュニケーションの基本にあらためて気付かされる。
すぐに返事をする思いやり 続きはこちらで 記者の目(半沢 智=ITpro)

この歌も三木さんの歌だ

わらべ / もしも明日が

作詞 / 荒木とよひさ
作曲 / 三木たかし

欽ちゃんのどこまでやるの! 1983年11月16日放送もしも明日が・・・を最初に歌った日



その後、真屋さんも大変でした http://www.atherothrombosis.jp/strokeexperience/maya/

「やりたいことがあるから、目標があるから、リハビリにも一所懸命に取り組める」というのは、真屋さんを拝見していて常に感じます。2度の脳卒中から見事に立ち直られたくらいですから、とにかく気力が凄い。「あ、もう少しペースを落として…」とはらはらするほどです。ほかの患者さんにも、真屋さんを“お手本”として「もう一度、これをやる、やりたい、という何かを目標にリハビリに取り組みましょう」とアドバイスしたいと思います。またご家族との繋がりも大きな支えになっていますね。ご自身が誰にでも感謝の気持ちを持てる方ですから、周囲からも手がさしのべられるのではないでしょうか。

殊更中国を煽る人が多かったから、電力使用量を注目していた。

バブル、ミニバブルどちらにしても、その事は微妙な話。今日の日経で、更なる話が出て来た、中国、鉄鋼を緊急減産 各社に政府命令「余剰生産能力3割」であります。記事はこちら

しかし業者は所謂仮需を当てにした行動なのだろうけれど…。

(ついでにコピーですが電力使用量について)
中国電力使用量は第2四半期にはプラス成長-権威筋
【経済ニュース】 【この記事に対するコメント】 Y! V 2009/04/23(木) 17:58
  経済情勢の影響をもろに受ける電力使用量が数カ月連続で落ち込んでいることに、各方面が神経を尖らせている。国家電力監督管理委員会の権威筋は22日、「中国電力使用量の『マイナス成長』は今年第2四半期(4-6月)にストップし、プラス成長に転じる可能性がある」と述べた。
  中国の電力総使用量は2008年10月から6カ月連続でマイナスとなっている。統計データによると、2009年1-3月の電力総使用量は、前年同期比4.02%減の7809億9000万キロワット時。3月の電力総使用量は同2.01%減となった。(情報提供:東亜通信社)

ずっとおかしいよと見ていただけに、この二つのことは、そうですよねと確認した次第です。
人間、普通の人は意図も簡単に操作されてしまうと言う事でしょうね。

消費者心理「持ち直し」 4月の態度指数、4カ月連続上昇(日経記事)

ゴッコか時間対策か?(メディア・リテラシー)

新型インフルエンザ対策で判った事は、今まで遣ってきた事は、ゴッコか時間稼ぎ

 一段階一段階進んでいくと、今まで遣ってきた事の、意味の無さが判る。それを取り繕うとするから次の対策も変になる。情報の出し方、対応策が、本当の意味で行われるのではなく、ご都合主義になる。
 弁解の繰り返しを如何に誤魔化そうとするかがその対応になってしまう。
なぜ、情報を共有していくのか?どう判断するのか?会社の中でも同じではないだろうか?
 どうして、このようなタイプの社会になってしまったのだろう?
会社における自分の守り方が、バブル以降おかしくなってしまったのではないだろうか?
 会社とは誰のものか?その事を、もう一度考え直して何かに取り組まなければ、その時その時何かが起こった時に対応し、取り繕うとするというパターンから脱する事は難しいのではないだろうか?
 オーナーだろうが、サラリーマン社長だろうが、それ以外の社員だろうが、誰の為に会社は存続し、そして、サステナブルなものにする為に各々が努力する。
 その事が、ひいてはクライアントに理解して貰える事ができて、時には矛盾のある営業も、許容してもらえるのかと思う。

そろそろ、ゴッコ、ポーズは止めましょう。そんな事は何にもならない。

「由らしむ可し、知らしむ可からず」

右上がりの時代なら、上の事は成り立つかも知れない。しかし、ばら撒く物がなくなった現在。何を共有して何を目指すのか。トップリーダもその事を理解して行動するしかない。都合の悪い事はあ隠すの繰り返しでは…。
また、逆に国民や一般社員の側も、与えられるのが楽で良いとならぬようにしなければならない。幾らひとのせいにしても結果として影響を受けるのは自分なのでありますから…。

孔子が言った事と、上の様な事は違います。孔子は、多くの事を民に理解して貰うのは難しい。だからこそ、民の信頼を得られる様に日頃から、リーダーは努力するべきだ。本来は、こちらの方が良い社会なのでしょうが、信じると言う事の虚しさを何回も何回も歴史は繰り返してきました。本当の情報化社会に入り、個人が判断できる要素も増えてきました。まだまだ、その前段階で、情報を操作してしまおうという事が頻繁に行われていますが、やがてそれが不可能な事が判る時代に入って来る筈です。

ムーディーズ日本国債格付け見直し 格上げと格下げ

この事は一番直近に行われた事象です。その事をどの様に考えるかは皆さんに任せますが、
記事はこちら
ただ、この格上げと同時に行われている、外貨建て日本国債の格下げ、単純に格付け統一化という言う人もあるが、両方を同時に遣る根拠は無い。だからこそ、そこには思惑があると普通は感じられる。

また、東京で新インフルエンザが発見されるとまだ、いつもと同じ様なドタバタ劇が、マスコミを含めて繰り返されるのでしょうね。
そろそろ、我々も確り学ばねばならないような気がする。NHKの7時のニュースが絶対正しい訳でなく、何らかの思惑が入っている事もあるのだから、何があっても、色んな事を判断できる、メディア・リテラシーを、自分だけでなく、子供達や後生の人には持ってもらえる様に期待するものです。

テレビ朝日系「建もの探訪」20年 渡辺 篤史(わたなべあつし)

良い家って何だろう?奇抜な家は要らないよね…。

テレビ朝日系「建もの探訪」20年 渡辺 篤史(わたなべあつし)

 「はぁー、そういうことかぁ」。階段を上がる途中で見えてくる2階の部屋に感嘆の声を上げる。

 「ここで一服するのは最高ですねえ」。開放感たっぷりのウッドデッキのテラスで、イスに座りながら恍惚(こうこつ)の表情を浮かべる――。

 建築作品としての一般住宅を紹介する番組「建もの探訪」(関東地区=日曜前6・00)の進行役を、1989年4月の放送開始から務めている。続きは読売新聞より

この業界にはこんな人はいない。本当の勲章とは何か

ルビコンの決断 命を削って、命を守った政治家・山本孝史の決断
2009年5月21日(木) 夜10時00分~夜10時54分

「善政」という言葉がある。国民のためになる政治をするという太平記にある言葉だ。そんな政治家が、現代にもいた。命を削って、命を守った政治家・山本孝史の決断。 番組内容参院議員・山本孝史(田中健)は、2006年5月、参院本会議で質問に立ち、自らのがんを告白。全議員に対しがん対策基本法成立への協力を呼びかけた。前年暮に末期がんであることが発覚してから、彼は、がん対策基本法案と自殺対策基本法案の成立のために生きることを決断したのである。この企画は、末期がんを宣告されたある名もない政治家が、余命をガン医療に注いだ記録である。
出演者<メインナビゲーター>木村佳乃<キャスター>大浜平太郎<語り>白井晃<ドラマ>田中健、大場久美子



以前ブログでも書きました。最後の参議院選挙の時、比例区から出るという事で、応援したしだいです。結果として、得票数67,612票で最下位ながら当選しました。この票の内2票は、自分の家のものであります。
 たぶん、自分だったら選挙になんかでない。どっかであと僅かな人生をどこかで振り返っていただろう。

2007年12月22日午後11時50分、胸腺がんのため、都内の病院で死去。(享年58)。当選後5ヶ月だった。

データの神様亡くなる

宇佐美徹也氏死去 元日本野球機構データ本部室長

 宇佐美 徹也氏(うさみ・てつや=元日本野球機構BISデータ本部室長)17日午後0時38分、急性呼吸不全のため東京都板橋区の病院で死去、76歳。栃木県出身。自宅は板橋区赤塚新町3の29の11。葬儀・告別式は21日午前10時半から東京都練馬区春日町4の17の1、愛染院会館で。喪主は妻弘子(ひろこ)さん。
 パ・リーグ記録部公式集計員、報知新聞記録部長を経て88年に日本野球機構入り。プロ野球の記録を管理、配信するBISデータ本部初代室長に就いた。記録についての書籍も数多く執筆し、「プロ野球記録大鑑」などの著書がある。
 自分のように天才ではないからデータをどのように分析し、どう予想対応するか…。どんな業界でも基本は同じ (合掌)

この会社はなんていう会社か判りますか?

2008年3月期 売上9060億円 利益 1062億円 配当125円
2009年3月期 売上5080億円 利益   75億円 配当 24円
2010年3月期 売上3000億円 利益 -380億円 配当  8円(予想)

売り上げが半分になる会社は時折ありますが、三分の一になると言う会社は、なかなかありません。
http://profile.yahoo.co.jp/consolidate/8035 正直、09年が赤字にならなかったのはこの会社の本当の実力は高いのだと思います。それにしても3分の一…。(細かく言えば営業ベースでは赤字ですが)

画像


普通の会社は、こんな時ぐちゃつとなってしまいます。しかし、この会社はこの様な時が本当のチャンスなのです。ライバル企業もそれ以上厳しい状態でしょう。そんな時でもR&Dで突き進める。それだからこそ、普通になった時に、更なるリターンがあるのでしょう。
 しかし、業界によっては、そうなると手が出ないばかりか、何をして良いかさえ判らないでは、なかなか浮かばれる要素は無いのでは?内部留保や賃貸料収入は、本来赤字対策ではなく、この様な時こそ生かされる筈なのに…。ところが、実態は、事実上の本業収益構造の低さをそれで埋めていたから、この様な時期、本業の埋め合わせに使われ、必要な試みに費やせないのであります。
 それでも、お金が無くても時間を含めたマンパワーは残っています。時間と知恵を使ってリスクをコントロールして生き残ってください。

半導体製造装置世界シェアー http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090414/168721/

 こんな事を取り上げても俺とは関係ないと思う人は多いでしょうが…。半導体関連業界は、我々の業界以上に、ボラテリティの高い産業。今回は、前にもブログで取り上げましたが、そんな事を知っている筈のエルピーダの坂本さんでさえ、絶命寸前まで追い込まれてしまいました。リスクコントロールの重要さが痛いほどわかります。生きるか死ぬかの分かれ道なのですから…。

何を遣って実にならないのでこの情報発送は今週末を目処に停止と考えております。

It Don't Come Easy



言葉では何と言っても、なかなか人生うまくいかないですね。 It Don't Come Easy

いい加減な言葉を信じて、失敗するのが判っていてやろうとするのは辛い。言葉とは虚しい存在だ。

メールで信念と書いてもそこには本当に信念があるかは判らない。しかし、目の前で話せば何となく判る。

言葉で失敗と言っても、自らには何も被らないのだから、10年20年単位で物事が考えられる訳は無い。

もしその事が考えれるのなら、少なくとも、何が理由で上手くいかなかったと言う点に触れてあげるべき。そのやり取りがあってこそ、再び繰り返さない事になる。世の中、ユルユル、甘々になっているから、経営者だろうが社員だろうが
突き詰めが足りないのではないだろうか?

この様に考えてやってきたが

人を信じる者は
己の弱さを知っている故に
強者となる。

人を信じない者は
己を強いと思い込む故に
弱者となる。

人を信じてパスを出すけれど、それに応えてくれない場合はどうしたらよいのだろう?

宇野千代名言集- (『行動することが生きることである』より)

どん詰まりの状態になったとき、私ならどうするか、と言うことをお話しましょうか。私なら、自分が最後に下した決断を、絶対に信じる、と言うことです。

やりきれない状態というものは、その当人がやりきれないと思う分量が多ければ多いほど、やりきれない形になる。平気でいれば或る程度、平気になれるものである。これくらい平気になれた、と自分で自分に自慢するのが、暮らし方のコツではないかと思う。

お千代さんの言う事もそう思うだけど…。

画像


中小の工務店が半分になる 「強者の忍び足」

この波の終わった時点で結果として「中小工務店が半分になる」と言うメッセージを出しましたが。別に、驚くべき話でもありませんし、この業界だけをおかしいと言う話でもありません。今回は世界のトヨタ(自動車)の話を書きたいと思います。

皆さんは最近のトヨタ自動車の国内における自動車生産数をご存知ですか?
4月のアベレージ8400台。近年の最高レベルは昨年の3月、18000台。現状のペイラインは13000台と伝えられています。そして、この数字を10000台に戻す努力が行われています。不幸中の幸いで、プリウスだけは作れば売れるとなっています。勿論、ラインをプリウス用に変えるのも大変で、可哀想なのは、トヨタ東北や麻生さんのお膝元、トヨタ九州、つまり比較的新しい工場で、バブル車種向け工場は、手がつけない筈であります。それでも、今現在、トヨタ自動車の管理職ボーナスは60%減。こんなこともあり、名古屋の歓楽街は火が消えたようになっていて、ご用達のお店も閉店したとこもある。一時はトヨタの駅前本社建設で銀座のクラブまで付いて行った事とは大きな差であります。 
 「強者の忍び足」…昔からのトヨタの教えに強者の忍び足と言う言葉があった。トップに立てば立つほど、強くなれば強くなるほどという話であります。昨年の秋、奥田さんの発言の時にも取り上げましたが、あの後、あるベテランの記者さんが章一郎さんと会う事があって話した時、トヨタには「強者の忍び足」と言うのがありましたよねと聞いたら、彼は「本当の強者かは判らないよ」と言ったそうだ。数字は力でありますが、そこに潜む何かを章一郎さんは感じていたのかも知れない。
 我々程度の第三者が見聞きしていても、本音としてはその半年前から一部危機感が出て来たと聞いた事があるのだから。トヨタ自動車でさえ、所謂トヨタ病が出ていたのかも知れない。
 今度、章一郎さんの息子、一時、イリノイ・シカゴのA・G・ペッカーと言う投資銀行(メリルに買収される)に勤めていた事もある。章男さんにどのようなトヨタがまっているのだろうか?
 いずれにしても、なぜ国内販売が儲からないのかと言う事と、バブルとは如何に会社を変えてしまうかという二つの事を再確認させられた事象だった。

画像


「トヨタとバブル」…奥田さんはどんな人だったと知っている人に聞くと、そんな人じゃ無かったよ。財界活動を一生懸命遣っている鐵とか電力の人をご覧よと言ってた人だよ。それを変えたものは何だったか、NO.2でいいけれどGMは敵でないと判った時と同時に、日本政府との関係が変わった時に、奥田さんをその知っている人は驕りが出たんだよと言った。あるOBは言った、事務所の床のジュータンで転ぶんだ(足が引っかかって)…。
 生産・販売面でも変化が出ていた。最近日本でも宣伝し始めたけれど、残価設定方式でアメリカでは、自動車を売り、それもハイエンドカーを買わせる。口の悪い人に言わせると、自動車版サブプライムを遣ってたんだよ。工場設備でも、普通トヨタは、一車種しか生産できない工場は作らなかった。それが、テキサス工場(ブッシュ関連)は左のリンクを見れば判るようにタンドラー20万台の単独生産。タンドラー大型のSUVであります。売れれば一番ウハウハな車種です。
これが、トヨタがアメリカバブルに浸っていたと言う事です。他社も大きな赤字を出していますが、ミシシッピー工場の投資負担もあり(工場中止・既に工事済み)、他社が2人連続赤字で済むのに対して、トヨタは3年連続の大赤字は硬いのではと言われています。会長の張富士夫さんがどっかで言ったそうで、スマートな形で再生したいと言っているそうで、かってリストラなんてしないと言った奥田さんが完全退任する6月以降に新社長体勢下で、トヨタもリストラ・工場閉鎖となると個人的に予想する。1000万台の生産能力で650万台生産では誰が遣っても利益は上がる訳はない。
 新興不動産会社だけでなく、トヨタでさえバブルの罠に嵌ってしまったと言う事なのでしょう。経理担当の副社長が財務も兼任したり、更には経営企画などの部門も管轄するようになると、歯止め役がいなくなると言う事もあるのでしょう。リスクコントロールの大事さを再認識した事件でありました。

強者は忍び足。では、中小は何を持つべきなのでしょうか?そこが今日のポイントです。皆さんがこの業界にいたいのなら自分で考えて行動するべきです。人に言われてする事ではありません。自分で考えたからこそ、それが苦しくても遣り遂げられるのです。

元日銀総裁 速水優 死去

功績については賛否両論ではありますが、何かが変わる時なのかもしれない。


 元日本銀行総裁で、日商岩井(現・双日)社長、経済同友会代表幹事も務めた速水優(はやみ・まさる)さんが16日未明、死去した。84歳だった。葬儀は近親者のみで行う。
元日銀総裁、ゼロ金利政策採用 速水優氏死去 84歳

画像



[第28代総裁]
速水  優(はやみ まさる)
平成10. 3.20
平成15. 3.19
兵庫県

日本銀行歴代総裁一覧:日本銀行

10年後の市場はどんなになっているのだろうか?(お客さんにとって便利なもの)買う側からも考えて下さい

5月18日 全日本木材市場連盟 第54回定期総会

金曜日(5/14)にある方と話していたのですが、これからの市場のあり方や方向性です。ここでは誰とは申しませんが、当然市場に携わっている方である事は間違いありません。


 3年前から、木材市場の運営で売上にあたる取扱高が減少し始め、年間数億円単位で減少していった。このままでは、経営が成り立たなくなると言う事で様々な対策を練って実行してきた結果、何とか前期決算も黒字にする事が出来たが、今後多額の焦げ付きが発生したら市場経営が成り立たなくなるところまで来ている。今後他の市場との連携や提携・合併を含め自分は出来る限りの事をしたいと話してくれた。
 このように経営陣以下では、真に危機を感じている人がいます。また経営陣の方でも本当に感じている方がいても、既得権やお山の大将ではどうする事も出来ない状況に来ていると思う。「市場のあり方や自社が残るだけでは本業の衰退に繋がるだけである。本業が駄目でも賃貸収入があるから大丈夫」で本当に良いのでしょうか?
 何年か前から、市場の集約や合併をどう思いますかと尋ねたことがあったが、それは無理だと言われる人が多かった。各市場でも賃貸経営が増えてきて余裕があるから、次のステップ若しくは今のような状況を想定して今後の市場のあり方を気にしていたからであります。

 
 来週5月18日(月)全日本木材市場連盟の第54回定期総会が行われる模様で、全国から各市場の代表や責任者が集まるのですが、もう当たり障りの無い話し合いを脱し決まりごとのような事の延長より、密室で本音でどうするか何日も泊り込みで真剣に議論しなければ、そこに働いている社員の人も犠牲になってしまう。 自分も今までそのような事をして来なかったために、真に大切な事を失ってしまった。
 既に議題や話し合われる議事進行は出来ていると思いますが、本音での話し合いが行われる事をお願いしたいと思います。

(社)全日本木材市場連盟

まだ日本の4分の一じゃないか?

独、41兆円の税収不足 09年から4年間で

 ドイツ財務省は14日、連邦政府や州政府、地方自治体などの税収見込みについて、昨年11月時点の予測から大幅に下方修正し、2009年から4年間で計約3160億ユーロ(約41兆円)の税収不足になると発表した。金融危機の深刻化で予想以上に経済成長率が落ち込み、法人税などが減るためだ。

 09年の国債発行額は、過去最高となる見込み。連邦政府などは景気低迷が続く中で、財政悪化を回避するためには増税や歳出削減など厳しい対応も迫られそうだ。

 09年の税収見込みは前年実績比で6.1%減の5270億ユーロ。昨年11月時点の予測より450億ユーロ下方修正した。2010年も848億ユーロの不足を見込んだ。

どっかの国は良くても悪くても30兆円だから、結構、ドイツも急速に酷くなったのかも知れない。

ビッグローブにブログを引っ越してから二ヵ月半を振り返ります。

今までやってきて、本音のところ反応は兎も角、どれだけのアクセスがあるのだろうか?
それも、一応引越しを契機に見てみようと言うのが、その理由でもあった。

 内容は兎も角、ページビューとしては、一日単位で、1433ページビューを最高に
1000を超える日が結構ありました。
 更に細かく見ると、その間に100回以上着てくれた人(IPアドレス数)210を超えてます。勿論内容は判りません。一日の最高数も159IPアドレス。
 日頃、メールを送っている数からしても、この程度であれば何も問題は無いと感じた。
ただ、その中でも、土日のアクセスが極端に落ちる。本音としては、ウィークディの会社やどこかから余裕の無い時間より、土日の色々考える事のできる時に、何かを書き込みまたはメールしてくれるのが本音が出易いと勝手に思い込んでいた。その事については、殆どできなかった。

 霞を食べて生きる事はできない。希望的観測でも生きていけない。でも夢や希望がなかったら生きている価値は無い。
そして、どんな時であっても、ウォームハートとクールヘッド。

Gooのブログをはじめてから約3年半が経ちましたが、涙は流しませんでしたが、落胆に続く落胆続きでした。
皆、良い家を作りたいと言いますが、本当にそんな事を考えていると思える人にあまり会えませんでした。これが、今の住宅産業の実態なのかも知れません。
 商売とは何なのかを教えてくれる人もあまり多く無かったです。こちらのキャパの問題でもありますが、残念な事は多かったです。勿論、巡り会って良かったという人もそれなりにいます。
人間なんて、特殊な能力がある方は別ですが、基本的にはスピードの差はあっても、能力差は無い筈です。では何が差をつけるかと言えば、気持ちだけです。そして、その気持ちを維持できるかであります。会社によってはその気持ちを壊すような会社も最近の日本では沢山あります。だから許される訳ではありません。

大きな会社ほどこの柵に嵌ってしまいます。だから、個人的には中小の工務店・大工さん・材木屋さんが好きです。でも、それらの人が、先を読めなければ応援しようにも応援はできません。小さな会社の最大のメリットは、経営者が全て、経営者が判断すれば何でもできます。でも、その殆どはヒントをあげても、遣った事ないとかそんな程度で結論が出ます。
 「赤信号皆で渡れば怖くない」は、パイが小さくなる業界は通用しません。通用しても、利益はありません。全てである必要はないですが、人と違う事が利益に繋がるのです。

工務店破綻整理の新たな段階へ、と同時にその影響は

皆さんも年初から住宅着工が一段と減っているのはご存知だと思います。
全国のアベレージで、18%とか25%です。昨日書きました式会社エス・ティー・ケーのような会社はひとたまりもありません。全国の県別で見てますと、半分になってしまったエリアもありました。勿論、表面的な数字で、この会社は経営から管理、営業まで確りしているので大丈夫な会社もあるでしょう。しかし、工務店の大部分は営業力も限定的である会社の方が多い訳です。本当は良い仕事ができる会社なのにも拘らず、営業力または営業努力ができずに、ただ見ているだけの会社の方が大部分だと思います。
 そんな会社にも我々は売らなければなりません。売り先20軒のうち1軒について焦げ付いても、業績が悪くない会社でさえ、一年の利益が飛んでしまいます。
 以前、ある大手商社が、営業に対して売りに行くなと言った本音は、年初から起こっている事が何をもたらし、そこへ更に販売しているとどうなるかと言う事だと当時から個人的に見てました。それでも、営業には行かなくても、色んな先へ足を運ばないと、情報や空気が取れなくなってしまうので行くべきだと主張したのです。

画像


写真を送って頂いた方ありがとうございました。御礼を申し上げます。

この様なやり取りを問題の無いようにしながらもする。その様な事を考えてきたのですが、残念ですが、そこに至らずクローズ予定という結果です。更には将来の事、良い事も悪い事も考えあえるスペースにしたかったけれど…。

昨日、「中小工務店か大手ハウスメーカーか?」と言うメールを出しましたが
そこで言いたかった事は、中小工務店は多分この波で、半分になると思います。大手もそれなりになくなりますが、紆余曲折の中残り、又は後々になって、別の会社として復活するでしょう。しかし、そんな段階になっても、中小の工務店には、そのような事ができると言えば、95%無理です。
 家の作り方は、この流れの中で更に進むでしょう。良い家を作るのに役立ちたいと口では言っても、実際に遣る事が相当戦略的でなければ、その流れには逆らえないでしょう。その事は、少なくともこの二年で決着が付くでしょう。その中あっても、本当に良い家をエンドユーザーと切磋琢磨しながらやれば地盤・基盤を作り、信用が信用を生むある意味、隙間的な家の遣り方は残っていくでしょう。それ以外は、殆ど全てが大手のシェアーとなる筈です。
 何故かと思いますか?そんなことは簡単です。大工さんがいなくなるからです。

沢田研二 ヤマトより愛をこめて

そのひとのやさしさが、花にまさるなら  そのひとの美しさが、星にまさるなら
君は手をひろげて守るがいい  からだを投げ出す値打ちがある
ひとりひとりが思うことは  愛するひとのためだけでいい
君に話すことがあるとしたら  今はそれだけかもしれない
  今はさらばといわせないでくれ  今はさらばといわせないでくれ

いつの日か唇に、歌がよみがえり  いつの日か人の胸に、愛がよみがえり
君は手を広げて抱(いだ)くがいい  たしかに愛した証(あかし)がある
遠い明日(あした)を思うことは  愛するひとのためだけでいい
君に話すことがあるとしたら  今はそれだけかもしれない
  今はさらばといわせないでくれ  今はさらばといわせないでくれ

  今はさらばといわせないでくれ  今はさらばといわせないでくれ

曲は こちらから→ http://www.youtube.com/watch?v=EnjFA7NuJNw どうぞ(ブログはめ込みがができませんでした)



【レコード・EP盤】(中古) 沢田研二/ヤマトより愛をこめて
ディスク・オーツカ
この商品は中古レコードです アーティスト 沢田研二 タイトル ヤマトより愛をこめて レコ

楽天市場 by ウェブリブログ

いつものように一般債権は出せませんが…

株式会社エス・ティー・ケー

【借入金】              (百万円以上、単位:千円)
[債権者名]               [所在地]           [債権額]
群馬銀行 高崎北支店       群馬県高崎市          501,608
足利銀行 高崎支店         群馬県高崎市          115,000
埼玉りそな銀行 本庄支店     埼玉県本庄市          81,253
みずほ銀行 高崎支店       群馬県高崎市          59,000
高崎信用金庫 東支店       群馬県高崎市          58,000
八十二銀行 高崎支店       群馬県高崎市          50,000

【リース】
[債権者名]               [所在地]           [債権額]
ぐんぎんリース(株)         前橋市              155,194
(株)アプラス             さいたま市大宮区          8,934
東京センチュリーリース(株)    東京都港区             8,142
日立キャピタル(株)         群馬県高崎市            5,963
リコーリース(株)           さいたま市大宮区          5,268
オリックス自動車(株)        前橋市                3,054

ついでに倒産記事はこちら このレベルの会社(中小)は相当厳しい。この波が終わった後、残った会社に、戻り局面を享受できる会社も相当少ないだろう。これ以上の大手もそれなりに整理させられるけれど、それでも、残る会社は中小より多いはず。住宅着工数が戻る時、タマやアイダがあるかは判りませんが、結果として、その手の会社のシェアーは高くなる筈です。今まで以上に、工務店や大工さんが作る家は減っていく運命にある。
 この手の整理は、5月から始まっていくだろう。減収の中で借り入れ負担が高い会社が皆さんの取引先にあれば、即要注意と考えられる。売り上げ減の中の繰り回しは、相当厳しい。皆さんも一度、調査はしなくても良いですが、取引先の売り上げ減少率と借り入れ負担について見直しが必要と思われます。

ここまできた日本企業に明日は無さそう?

「次世代スパコン開発、抜本見直し 理研、NECと日立が計画離脱」
 理化学研究所は14日、官民共同で進めてきた次世代スーパーコンピューターの開発を抜本的に見直すと発表した。中核技術を担うNECと日立製作所が同日、開発から事実上撤退する決定を表明したため、世界最高性能を目指す現行計画を白紙に戻す。
 次世代スパコン開発は政府が国家基幹技術に定めている。残る富士通1社で当初の性能を実現できるかどうかは不透明。民間企業の景気悪化の影響で、米国と競ってきた国家プロジェクトが大幅な見直しを余儀なくされた。

AIGだけでなくGMも同じ様になるのだろう。

米ウォール・ストリート・ジャーナルは14日、保険大手AIGが昨年9月の米政府による救済後、一部のリスク管理責任者に業績連動ボーナスや慰留手当てを支給していたと報じた。

お金を入れて一時的に支援しても、魂も厳しさもなければ、上手く言っても同じ事を繰り返す。日本の銀行を見ていても、合併して大きくなっただけで何か他に変わった事は出てこなかった。
 それより、何かあったときも公的資金が使えるとなって、更に悪くなったかも知れない。

今日も早朝から、林さんの番組を見ていた。

仕事学のすすめ「おもてなし販売論」…林文子

http://www.nhk.or.jp/shiruraku/thu/contents/index.html
一年前のNHKでドラマが作られた時。勿論、彼女の良いとこ、ここはどうかという知った上でも、アベレージで評価していたので、一石を投じられれば良いかと思って、このブログでも取り上げた。
 その後も一環としてそのスタンスで色んな事を扱ってみた。林さん曰く、褒めないと駄目よということはあるけれど、ブログではその遣り方はけしてとらなかった。その事を先日、ある経営者から聞いた時、再確認した。退出するべき会社がなかなか、そうならないんだと…。
 怒られる事を覚悟して言えば、一般的なレベルから足りない会社・経営者・従業員の人を褒めて、良くしてもらうのが本当に良いか判らないし、自分たちはその会社の経営者でもないからであります。
 以前からやってきた営業経験から得てきた事、基本を外して手抜きをしてはならない。そんな事の延長を語ってきたつもりです。その中で、少しづつ、色んなことを話せる人と出会う事ができた。昨日もよきアドバイスを貰えた事も承知してます。しかし、その様な件数は、予想以上に少なく、遣っている価値がどれだけあるかという悩みに苛まされている…。

画像


NHK「トップセールス」http://www.nhk.or.jp/dodra/topsales/index.html

これを取り上げた時書いたのですが、ダイエーでできた事は、スタンスは間違いでないのですが、大きな会社の限界を感じてしまった。その事をやろうとすると相当の時間が掛かるのだろうね。会社は誰のものと言うテーマが、ネックになってしまった。
今晩、仕事学は、会社における女性論について触れてくれます。この業界ではそんな事考える人は、相当少ないと思いますが、会社は経営も営業も人間が遣るものです。そこに人口の半分である女性の出番が無いのなら、その業界の運命は限定的なものとなる筈です。時間があったら番組をご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/thu/contents/index.html#a3 (番組第3回)

この業界は食虫植物?

「花には人間のようなかけひきがないからいい
ただ咲いてただ散ってゆくからいい
ただになれない人間のわたし」 (相田みつお)

トイレのカレンダーに書いてあるこの詩を読みながら連休中にふと考え、この下原稿を作っていた。

確かに人間は自分を含め花にはなれない。
では、この業界の人は何だろう。食虫植物…。

食虫植物とは日光や水は十分であるが、窒素やリン等が不足しているため他の植物があまり入り込まないような土地、いわゆる痩せた土地に生息するものが多く、不足する養分を捕虫によって補っていると考えられる。一般に根の発達は良くないものが多い。確かに、痩せた土地とか根の発達は良くないとかは、他の業界よりあっている感じもする。今の住宅産業、又は特に木材業は、食虫植物が生えるような環境にあるような気がする。

では、入っていくと食べられてしまうとか解かされてしまうとかはあるだろうか?それも無さそうだ。

こんな事を書くと、業界経験の浅い若輩者が何を言うかと怒られるかも知れない。怒られても良い。怒った人はたぶん、色んな事を考えて実行している人だからだ。それよりも、怒らない人やそうだと思っている人がもし、多かった方が危ないのかも知れない。

一次産業である農業を六次産業という人がいる。1農業×2(工場、農産物を加工したり、もっと簡単な場合は工場で纏めるだけの場合もある)×3(サービス産業・販売する)1×2×3=6と言う事であります。赤字で強調しましたが、この三次産業部分が最も重要。一番デリケートであります。つまりエンドユーザーにできるだけ近づかないと、残念ながら×3には成らない。
 建材問屋だろうが、材木屋さんだろうが、売っている商品に大きな差はないし、極端に言えばクライアントが諸品知識があるので、ルートではそこは大きく要求はされない。だから、バブルが起こらないと(売り上げが膨らむ)儲けはあまり増えない。更に言うならそのルートもショートカットできるようになった為、状況は悪化している。

だいぶ前に、中公新書の渡辺武信著 住まいの作り方を読んでいた。この本は基本的にはエンドユーザー向けではあるが、普通はそれらの人は読まない。どのような人が読むかと言うと、設計事務所を独立して作りたい人かも知れない。町場の設計事務所は、所得レベルとしてけして楽ではない。しかし、彼らは夢と現実の狭間で葛藤している。大儲けをしようと思っても駄目なので、残ってやっている事務所は、スタンスが結構無理しなくても決まっているはずである。そこを確認して、我々のようなルートと結びつくことによって、利益を生む事ができる。いつまでも工務店(今状況が厳しいので焦げ付くリスクは高い)は利幅少なく、リスク大きいと言う事のなるはずです。勿論、その事を止める必要おはありません。それはそれで、努力すれば良い。しかし、市場などでも言えるのですが、賃貸収入を含めて維持しているのなら、維持できている内に何かを目指さねば、本業そのものをやっている意味はありません。

画像


昔から何回も「パンツを売っている訳ではない」と挑発してきましたが、なかなか、この業界変わるのが下手。というか変わる余裕がなくなっているのかもしれない。本来なら、素人に言われなくてもこの程度の事は様々な企業が遣っているはずなのに、その様な例はまだあまり多くない。皆が出来るようなことならうまみはない。それなりに根性と能力が無ければ無理なのかも知れない。そんな会社が最期はどうなるかと言えば、本業を止めると言う事。本業が賃貸案件に変わっていくだけ。新木場と言えど、徐々にその事は進んでいる。それは悪くは無いが、できたら、その様な会社は本業を他社に従業員と一緒に営業譲渡されるのがベター。
 残念ながら新木場でもこのような良い意味での廃業はまだ見られない。新木場に限らず、建材は別として木材については、徐々に減るだろうがなくなる筈は全く無い。
 新木場に良い人材が集まるような会社の再編が行われ、新木場や木材業の将来がある訳であります。コストの安いような人ばかりを求めれば、その業界の低迷を煽る事になります。企業における人材とは何なのかを考えて将来を見据えて準備する必要がある。単に木材の知識にとどまらずに、住宅産業に必要なものが何であるかを大きく考えておく必要がある。

まあ、こんな事を言っても無理そうでありますが…。どうなんでしょうか?

川下に向かって下るしかない、勿論、家そのものを作れれば良いが、そこまでリスクを取れる業者は多くない。だとしたら、作れる業者となだらかなグループを作るしかない。工務店とやるかといえばそれば今既にやっている事で、今以上こちらにアドバンテージは全く無いはずだ。
 工務店や大工さんに何が求められるだろうか?ここは既に相当追いこめられていると同時に、昔の良い大工さんが残っていれば良いが、彼らが自分の作った家に対してアフターフォローをできるかと言えば多分無理だろう。それは、工事用の自動車の運転を見ていれば判る。彼らに、勝手に任せておけば良い仕事ができるかと言えば、200%不可能だからであります。頭が固いだけでなく状況が追い込まれているからです。リフォーム専門業者なんて更に酷い状態です。
 ただ救いは、業界全体のレベルが下がっていればいるほど、もし当方側が真面目に的を得ながら遣れば道は自然にできてくる。業界が悪い方が良いのである。バブル的に成ると、本当の良し悪しがわかり難くなる。

ただ、何が分かれ目かと言えば、デリケートに仕事ができるかどうか?本当にデリケートに仕事が出来る会社が今の日本に減っているか、それはある意味裕福になってしまったからであろう。しかし、年金の問題から何から何まで、今後起こる今までと違った事が起こると、初めてこんなに成ってしまったと気付いても、それは後の祭りであります。
 いつも皆さんには、シナリオBを作っておいてくださいとお願いしていましたが、自分の会社の事だけでなく世の中のシナリオBも必要な感じはする…。40兆円国債を発行して維持させている社会に未来は無い。

人生色んな想いでやっていますが…

今日は、人生の中であまり良くない日だった。



ブログのトップのような真っ直ぐな道は多くない。曲がりくねってどうなるか判らない方が多い。
でも、時と場合によっては、その道の中で、無駄な努力より、止めた方が良い場合も多い。
 それは、日頃遣っていて、どのような反応があったか、そんな事を見ながらやっていると感じる事もある。話せば判ると思っていても、最近は、そうでない場合も多い。植物を育てるのは、こちらが間違ってさえいなければ苦労しただけ応えてくれる。今日も、三度目のソラマメを採ったが、手を掛ければ掛けた成りに応えてくれるが、人間はそうは行かない。人間は、みな、特にバブル崩壊後は、自らの事を優先して動きがちであります。そんな中幾ら綺麗事を言っても、なかなか動かないのも事実です。何度も、もうこれ以上やってもと思う時はありました。それでも、遣ってきたつもりです。しかし、ここに及んで、無駄な努力だと思いつつあるのも事実です。BUSINESSは、全てBUSINESSでは解決できません。特に、商売は、損しても後の事を思ってしなければ、結果としてBUSINESSになりません。本当に悩ましい時代に入ってきました。これから先本当にどうして良いのか結論は出ておりません。しかし、努力を止めると言う選択も、この業界においては高まって来ているのかもしれません。

何の為にこの業界にいるの?本当にあなた方の遣っている事が、良い家を作ると言う事に繋がっているの?そんな事も、冷静に考えて欲しいものであります。
そして、それに対して答えがあれば、将来は必ず見える筈。
自分のとって辛い事であっても甘受してこそ、先が見えるのではないでしょうか?

大原まゆ 死亡

大原まゆさん26歳(おおはら・まゆ=乳がん闘病体験記「おっぱいの詩 21歳の私が、どうして乳がんに?」の著者)9日、札幌市内の病院で死去。葬儀は近親者らで済ませた。

 北海道室蘭市生まれ。03年9月、21歳で乳がんを宣告された。抗がん剤治療を受けながら05年3月「おっぱいの詩」を出版。07年には「Mayu-ココロの星-」として映画化された。検診による早期発見や治療などを訴える「ピンクリボン運動」にかかわった。

以前ブログでも触れましたが…

最近見てませんでしたが、ブログにはその途中経過と

最期の弟君よりの書き込みがありました。

ご報告…

突然ですが
この度、このブログを閉鎖せざるを得なくなりました。

これまで、マユのことを応援してくださった方々、
本当にありがとうございました。


弟より   http://mayukiseki.exblog.jp/ 以上であります。(合掌)

少し前から言われ始めていた事だけど記事になったので紹介します

中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始(サンケイ新聞)

東京財団の調査によると、中国では飲用水の需要が急速に伸びており、ペットボトルに換算すると、この10年間で約4倍になっている。また、急速に工業化が進む北部では工業用の水不足が慢性化。穀倉地帯や内陸部の小麦地帯でも、干魃(かんばつ)被害の影響で農業用の水不足が深刻化しているという。続きはこちら

日本人に勝手にさせておくとあまり良い事は起こらない。でも、この事に対応すると、結局は役所が焼け太りになるのかも知れない。

だから言っているだろう(失う物が無い時は良いが…)

本当に遣りたい時は、あまり公言しすぎるとできなくなる。(無意味に敵を増やしてしまう)

「政権取れば米国債買わず」=民主幹部発言でドル売り-NY市場

 【ニューヨーク12日時事】英BBC放送は12日、民主党「次の内閣」の財務相を務める中川正春衆議院議員が、「民主党が政権を握ったら、ドル建ての米国債は購入しない」と発言したと報じ、ニューヨーク外国為替市場でドルが対円で売られる要因となった。次期総選挙後に政権を担う可能性がある民主党の幹部が、ドルの安全性に懸念を表明したことで、ドルに対する不安が強まったとみられる。

再度「200年住宅」

ある会社の社長と話をして聞いた話だけど。
一般の人は「200年住宅」と言うと200年メンテしなくても住み続ける事が出来る住宅なんだ~と勘違いしているようである。(余程アホか、考える余地無し、家を持つ資格無し)そこまで日本人は腐りきってしまったのか・・・と思う。
善・悪の問題外である。
そこの社長とも話していたが、そもそも200年持たせるという事は、メンテナンスしながら長く住める住宅を建て、環境に合わせて間取り変更が出来るように造り、転売時取り壊さなくてもスケルトンで躯体などは残し、家自体の付加価値を付けるという発想ではなかったのだろうか?
それには何も200年は必要ないのかもしれない。
人生設計を考えれば60~70年サイクルで建替えられる物を作るほうが良いのかもしれない。
この事は先日も神奈川県の相模原木材センターの栗林社長も言っておられた。
通常の家でも、10年15年20年25年30年と区切ってのメンテナンスは必要で、取替え時のアイテムもそれぞれ違う。メンテナンス無しで住み続けられる家なんて、どこの国に行ってもありえない。
施主になる人も相応の知識や常識を持って欲しいものだと思う。
しかし、そうは言ってもそのような人を販売対象にしているのだから大変だということも理解できるが、何でもそうだけど家を持つ・維持するという事を今一度考える必要があるのかもしれない。

昨夜のNHKクローズアップ現代

5月12日(火)放送 勝負強さは“脳”が決め手

オリンピックなどの大舞台で、実力を発揮できる選手と出来ない選手の違いはどこにあるのか?それを、最新の脳科学から解明し、どうすれば本番に強くなれるのかを探る研究が、国内外で進んでいる。脳神経外科医の林成之医師は、選手が競技中に頭に思い浮かべる"一瞬の油断"や"不安な気持ち"などが、運動機能の低下に結びつくことを検証。北京五輪の前には、北島康介選手など日本の競泳陣に集中力を切らさないための指導を行い、メダル獲得に貢献した。一方、海外をみると、バンクーバー五輪でのメダル量産を狙うカナダは、国家戦略として、選手への脳トレーニングを開始。北米では、脳専門のトレーニングジムもオープンし、商談の現場で勝負するビジネスマンにも脳の訓練を取り入れる動きが起きている。本番に強くなるヒントはどこにあるのか、日本と海外の最新の動きを追う。
(NO.2731)

「フロー状態」と「フリーズ状態」
高レベルのアスリートの場合、緊張によるフリーズ状態を超越したフロー状態のときに途轍もない事が起こると…。
その時の脳と筋肉の関係な訳です。その脳が出す信号にとって、悪い情報(番組の中では)ゴールが近いとか、負けそうだとか、危ないが加わると、脳信号が偏重をきたし、過剰な緊張状態を生んでしまう。

自分が日頃考えている事は、このままであると危ないから、先手を打とういうパターンだ。番組の中では、BUSINESSにおいては、忙しすぎる中間違った判断をしないように脳を訓練しようと言う内容だった。同じ様に何かが起きた時にパニックに成らないようにという事は同じなんだろう…。
 
アスリートや能力のある人は、瞬時に判断できるかも知れないが、我々のように普通の人間ならそれはできない。だからこそ、幾つかのシナリオを用意しておいて、今回はこのパターンに入ったとなれば、ある程度パニックに陥らないで済むかも知れないと言う考え方です。

どこかで、クローズアップ現代の番組がアップされてないか探したけれど、当然、まだ無いので紹介は今のところできない。偶然見た人がいたら何か感じるとこがあったらコメントください。自分はBS2の深夜の再放送を見ました。

茂木健一郎 クオリア日記(ブログ)http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2009/05/post-c4fd.html

画像


<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書) 林 成之 (著)も参考に

再発がんを生きる-あけぼの千葉の小倉恒子さん(上)

再発患者に関する情報は不足している

記事はこちら(がんなび)でお読みください。

画像


人間は一人では生きていけないし、色んな事を知らなければ後手後手となる。人生だけでなく商売も同じかも知れない。色んな事を知り、前もって行動する。その事の繰り返し。それができない会社は、何かあった時にはっとして右往左往する。そんな会社が良い仕事ができる訳は無い。

前払いで注文住宅 倒産で完成せず 被害拡大の懸念

注文住宅の建築を請け負っていた中堅ハウスメーカーの倒産が相次ぎ、多額の「前払い金」を支払いながら着工されなかったり、家が完成しなかったりするケースが続出していることが分かった。

 宅地建物取引業法(宅建法)が適用される建売住宅やマンションの場合には、メーカー側が倒産しても前払い金(手付金)を救済する仕組みがあるが、同法の対象外である注文住宅にはこうした仕組みが十分に整っていないためとみられる。顧客側はほとんど救済されないという。注文住宅は約2万5千社の業者が年に約30万戸建築しており、被害の拡大が懸念される。 続きはこちらで (当初から言われていた話ですが)

今三の話だけど…。(江東区の話ですが…)

次期衆院選:東京15区から柿沢未途氏が立候補表明

 元東京都議の柿沢未途氏(38)は12日、東京都内で記者会見し、次期衆院選に東京15区から立候補することを明らかにした。渡辺喜美・元行政改革担当相と行動を共にするとしている。柿沢氏は故柿沢弘治元外相の長男。昨年2月、酒気帯び運転で事故を起こし都議を辞職、民主党籍も離脱した。

喉から手が出ても遣りたい事だけど、できない事だと判ってないのだろうか?

昔、言ってた事。東レの社員さんに、自分の株は最低限にしなさい。
その代わり、帝人の株を売買しなさいと、時には変わった動きはしますが、基本的に同業会社は同じ動きをしますと。そして、その会社の売買なら、何か特定の情報でなければ誰も文句を言いません。
 しかし、この事を言っても、繰り返す人はいた。その会社が残っていればまだ良いですが、万が一無くなったら、職も資産もなくなるんんて考えた事がないのだろうか?401kも比較的同じ事です。

GM幹部数人が株売却 経営破綻前に売り抜けか

 経営危機に陥っている米自動車最大手GMの幹部数人が、保有する同社株をすべて売却した、と11日のダウ・ジョーンズ通信が報じた。
 GMはチャプター11を申請するとの見方が広がっており、経営破綻すれば保有株を売り抜けた形になる。
 株売却は、ラッツ副会長が最も多く、8万1360株を13万990ドル(約1280万円)で売却。ヘンダーソンCEOは売却しなかった。
 同CEOは11日の記者会見で、GMが経営破綻する可能性が一段と強まったとの認識を示している。(共同より)

こんな人達が経営している会社がまだアメリカにあるとは驚くべき事だ。

三ヶ月の株価推移はこちら

本当の権力との戦いはこれからが本番。

しかし、その事を悟る国民はそれほど多くないのかもしれない。

3月25日のブログに書いたけれど(記者クラブという利権) 、官僚と言う最大の利権に対して、与党が付いているのはいつもだけど、今回はマスコミが何も役に立たないどころか、そちら側に情報と言う柵の中で付いているのが判った。
 その事を本当にどのようにして、壊していくかというか変えていくかと言う事についてはこれから、そしてその時が本番だ。

何かを変える事については、敵の敵は味方、そんな事を絶えず考えながらやらなければならない。判りやすい単純二元論を言えば言うほど、そうならない事が現実であります。

しかし、昨日の会見を見ていて、一箇所だけ感じたのは、日テレの記者さんが議員を辞めないのと聞いた時の反応でした。下のビデオはまさにその場面であります(約2分)



しかし、小沢さんの甘いところはこの程度で顔に出してしまう事。この様な質問は想定内であり、そこを判られない様にしてさらりと応えた方が賢明でもあります。3月の上杉さんの質問に乗せられてしまった時、正直拙いなあと思ってあの時ブログに書いた次第で、だからその後のマスコミ対小沢という構図は上手くない流れと見てました。
日本では言って良い事悪い事がある社会です。マスコミだけでなく経済・企業社会でもそうであります。でも、実権を取ってしまえばその時は、記者クラブだけでなく、様々な事を変えられるのです。
 更に言えば、その事を判っていただける人が多ければ多いほどその可能性は高まりますが、見てのごらんの通り国民のレベルは兎も角、民主党内部でも、この程度かあと思われる若手の多い事には、政権交代が行われたとしてもその本番の時に紆余曲折があるのだと想像されるところであります。

こう考えると、アメリカの大統領選挙とは、そんな事を鍛える為に重要なシステムなんだと考える事もできる。しかし、それでも、George Walker Bushが二期も勤めるのだから、

「その国民のレベル程度の政治家しか持てない」と言う事なのかも知れない。

更に思い切って言えば、国民のレベルが住宅産業のレベルも決めてしまう。その要求がオレオレ詐欺を許容する程度なら、住宅産業ノレベルもそこで留まってしまう。一部の本当に努力している方がいるのにも拘らずです。

PS この会見をを振り返ってみると「辞任会見」というより「決意表明」に見えるのは私だけだろうか?
小沢氏が良いとか悪いとかと言うレベルの話ではない。小沢だけではなく様々なものを上手く使わないと変われない段階に日本が入っていると言う事。年間、40兆円国債を発行して支えている社会を許しているのは、間違えもなく我々なのだからであります。

石原銀行に引き続いて、民間ならとっくに倒産している

「都の再開発用地、190億円を19億円で売却」 プリズムタワー

 東京都がマンション建設用に当初190億円で売り出した目黒区の再開発事業用地を、東急不動産が代表の企業体が19億300万円で購入することになった。都は用地買収やマンション設計などに79億円をかけており、約60億円の赤字処分になるため、マンション売却で想定以上の利益が出た場合、価格を上乗せするよう、企業体と異例の交渉を進めている。 続きはこちら

PRISM TOWER http://www.io-tower.com/development/index.html

なお、この土地は、玉電大橋車庫と東急バスの営業所(車庫)跡地

画像


ご存知イモ電です。他にも色々言われましたね。昭和30年と言う時代にも拘らず物凄いスタイルですね。憶えていますか?ハチ公のところにある旧5001より斬新です。

NHK サンデースポーツに杉原さんが出ていた。

 他人からするともっとゆっくりやればと思うけれど、本人からすると時間との葛藤なんだろう。忌野清志郎さんも同じだろう。自分もそんな立場に立てばそうなるかも知れない。でも、殆どの人は、そんな状態で無いから、そんな事にはならずにユルユルになるのだろう。

でも、痛々しい。

画像


自分の甘さ、情けなさを感じる…。

忙しいのに悪いねと言われるけれど…。

 自分もこの立場にたってだいぶ時間も経ったので、何人かはアンウンの呼吸で付き合える人も増えてきました。しかし、大部分は、なんだか判らないというのか何を考えているのか判らない人の方が多くて辛くなってしまいます。
 何の為に今、自分はやっているのだろうと…。単純に商売の為ならこんな事やる必要も無いし、その方が簡単なのにと…。

 自分の経験で以前から感じている事だけど、就職とは、就業であって就社ではないとそうでなければ、いつまでも実力が付かず、会社にポイトされた時、ジエンドだと…。

PS 色んな事を考えながらやっているのですが、どうも反応が判らない場合が多過ぎて、どうしたら良いのか迷うこの頃です。そんな事を打ち明けると、考えすぎだよと言われる場合も多いのですが、どんなもんでしょうね。それとも、こんな感じで応えてくれない寂しい業界なのでしょうか?この業界は…。

いずれにしても、忙しいのに悪いねと口では言う人も、そんな程度なら、自分の役割もそんなものだと感じて、絶望の一端を感じつつある訳です。

そんな時に神様は、本当に、「レット・イット・ビー(なるがままに)」と仰るのでしょうか?



「それでは、寂しすぎる…」

3試合目も楽な局面でしたが、十分です。

画像


試合内容はこちら

ただ今、東地区でゲーム差無しですが首位です。

建さんを見ていて再認識する事は、自分として、大事な事は手を抜かずにやれる事を確実にやる。その事を神様は見ているのだと感じる。できるのにも拘らず、やろうとしない人間が日本には増えてきた。そして、そのやらない事を、何とか口で誤魔化そうとするけれど、そんな事は、普通に見ていて判ってしまう。

連休明けからだと思っていたが・・・。

連休の谷間に数社から問い合わせが来た。


①国道4号線沿いにあるビルダーが店を閉めたと聞いた・・・・。
ある会社の社長に問い合わせたところ、折り返し情報を入れてくれた。
「5月6日をもちまして、営業をしばら休止します。」という貼り紙があるみたい、社長は行方不明との連絡を得た。
聞くところによると、一昨年からファクタリングも引き受けなくなり、今年に入り支払遅延しているとの事であった。
連休明けから少し出るかと思っていたが、何処も昨年から売り上げ減少で資金繰りの悪化から始まっている。
このBlogでも取り上げたが、上場企業の一部は民間企業に公的資金注入で一息つく会社もある。しかし、中小企業にも金融庁・セーフティーネット/金融サポートという窓口が作られたものの、全ての企業に融資が行われない状況は続いている。


②アーバンエステート関係でもう1社気になるところがある。
ある会社に聞いたのだけど、負債を6年間かけて分割返済するとの事であったが、最初に問題が発覚し2~3日後に仕入先にはセーフティーネットで資金は調達できたと説明したようであるが、そんな2~3日で融資がおりるわけが無い。売上規模が少ない会社でメインの販売先が無くなってしまっては、返済原資をどうするのか問題が山積しているように感じる。
昨年秋に最初にこのセーフティーネットの融資が受けられると言った時に、補助的に融資を受け利息を払ってでも資金をプールしてみてはと進めた。利息は払うのはこの時期大変だけど、いざと言う時に銀行に駆け込んでも融資は当然受けられないから、別途余裕の資金を調達しておくためだった。前回の安定化資金(5000万円まで)の融資で凌いだところもあった筈だ。倒産防止も入っていても3000万円程度の融資は受けられるが、取り崩していればそれも不可。借りる事ができても運転資金に回ってしまったら意味が無いのだけど・・・。


③東京都下でも木材輸入会社が自己破産したのではないかとの問い合わせが来ている。
ここの営業マンともその昔、通っていて仲が良かったのだけど、何時も付き合うものが無くて申し訳ないねとよく言われたが、必要な事が出来たらすればよい事ですからと言っていた。ある時、その営業マンが居住用のマンションを中古で購入したと聞いた。30年でローンを組んだようであったが、まもなくして施工会社が倒産した。管理関係は大丈夫か聞いた事があったが、その時は事なく済んだようであった。

日本の場合、例えば頭金1000万円で5000万円の住宅を購入したとしても、4000万円で売却出来ればチャラ。しかし、3000万円でしか売却できなければ1000万円のローンは着いて回る。アメリカなどは住宅ローンが支払えなくなれば、家を手放す事でローンは解除される。
今、若い人が住宅を購入しようとした時、親がストップをかけるので厄介だとはある大手ハウスメーカーの人が言っていると聞いた。上記のようなローンによる購入でも、売ってしまえばこっちのものではあまりにも安易な話だ。親は賢明だと思うが、ただ単に借りているよりは自分のものになるのだから買うべきだとか、古くなったら新しいものに買い換えればいいじゃないかとか購入者側も安易に考えてはならないと思う。生涯とまでは言わないけど様々なリスクに対して自分が購入した家とどのように付き合っていくか考えるべきだと感じる。


そのほかにもこれから出てくるとは思いますが、上記3社について興味ある方、またそれ以外でも何かあればご連絡お待ちしています。

時間があったらお読みください

ジャパン・ソサエティNYにおける講演の邦訳
日本銀行総裁 白川 方明 2009年4月23日

http://www.boj.or.jp/type/press/koen07/ko0904c.htm

* はじめに
* 1.過去の金融危機の教訓からの学習
* 2.金融危機:日米の類似点
* 3.日本の「失われた10年」とは何か
* 4.日本の「失われた10年」の教訓
* 5.危機の解決のために現在必要な政策対応
* 6.今後の挑戦:危機の予防
* おわりに

極めて優秀ですね。流石、一番最初に日銀内で、バブルについて反省した人だからこそ話せる内容だ。

画像


でも、そんな人でもどこかで誤魔化さなければならないと言う時が来るかも知れない…。

ニュージーランド産のイクラを買ってきました。

今頃なんだと一瞬思いましたが、今、南半球は秋半ば…。
だから、シャケも今頃その時期なんだと…。

当然、イクラの醤油付けになりました。
http://www2.odn.ne.jp/shokuzai/A2003/Ikura.htm (作り方)単価100g198円でした。

画像


日本では、新型インフルエンザも、これから夏なのでウイルスには厳しいシーズンだなんて安心していると、南アメリカ辺りで、繁殖して変化すると、北半球が秋になる頃には、再来となるかもしれません。

オーストラリア牛肉もニュージランド鮭も、為替メリットで安く入っている感じですね。

画像

AIG大手町ビル 日本生命が1000億円で買収の方向へ

だそうです。
1000億円という価格はやや微妙でありますが、これで同じ様にアメリカに資金が流れるにしても、こちら側のリスクなしで、行われるのは良い事です。米国債やドルに変わるのよりはとても良い事だ。
 しかし、前にも書いたけれど、二束三文で得たのだから、彼らはそれでも大儲けであります。

オフィース賃料が下がり始めたとされてますが…。色んな案件がありましたね。PCCWビルなんかは象徴的。東京駅の八重洲側の新橋寄りの旧国鉄保有地を1997年にPCCWが869億円で買収。その後1300億円の事業費をかけて隣接地を含め開発したもの。単独ビルの売却値段として過去日本では最も高価での売却であること(2000億円は日本での単独ビルの売買額として最高額)。このビルを購入したのがダビンチで、2006年9月に同社がご存知のように買収したわけです。そして、直近では、この案件が400億円でも売れないとなっていた。そんな事もあり、AIG大手町の1000億円はややびっくりな面もあるわけです。

ANAホテルズ、ティファニー銀座本店ビル、ウエスティンホテル東京他にも沢山ありますね。悲喜交々であります。本当にバブルとは何なのだろう?その事について考えを極めたものはいるのだろうか?残念ながら、バブルはバブルでしか解決できないと、同じ事を繰り返してはいないのだろうか?

なおついでながら、朝日生命の本社ビルは、500億円で、地所の特定目的会社に売却が決まったのは、一ヶ月ほど前の事だった…。

追補)金額は更に上回ったようですね。1150億円程度でした。
http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200905090110a.nwc (サンケイビジネスi)
最初は地所(三菱)と森トラストと言う事だったんですが、流石に、資金繰りの点で森トラストが降り、地所も流石にここまではとなったのでしょう。何せ、相手は、ただでお金が入ってくる会社だから、年金と同じ様に、なるのですから…。生命保険業とは、更に改善する余地は多いのでしょうね。

本当に明日は来るのだろうか? 「タンポポ精神」



「タンポポ精神」…実は、母校の教えがこのタンポポ精神でした。

たんぽぽはどこでも咲いています。ところをきらわず、どんなところにも咲いています。おしつぶされ、ふみちぎられても、たえしのんでいます。また、明るい希望にもえて庭の片すみから、どこまでも飛んでいっては根をおろし花を咲かせます。心をなぐさめ、希望をあたえてくれる花、明るく強い花、健康的な開拓精神に富んだ花。「たんぽぽ」の花は開拓・友愛・健康・希望と忍耐を表しています。

こんな考えが僅かながら自分の中にも残っている…。

今回のデット・エクイティ・スワップは本当にできるの?

既存の株主のウエイトが限りなくゼロに近くなるのは理解しますが、だからと言って、社債保有者、全米自動車労組に対する資金繰りの為に、新株発行とは如何なものか?

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-37853420090506 (ロイターより)
この上なく異常な事をやっているような気がします。一時的な資金繰りは兎も角、もう少し、どんな会社にGMがなればサステナブルなのかも考えておいて欲しいのだが、そうしなけれ場、同じ事を繰り返すだけのような気がする…。

1000円高速や定額給付金は、自分達の税金の先取りでしょう?
 だったら、使わないより使った方が良いじゃないかだって…。
そんな事をしていると神様は何かをしっかりと考えている筈…。

鈴木木材工業 金融債権者名簿?

【金融債権者】                (百万円以上、単位:千円)
[債権者名]               [所在地]           [債権額]
親和銀行 本店            長崎県佐世保市        1,412,324
商工組合中央金庫 佐世保支店  長崎県佐世保市         373,515
十八銀行 大塔支店          長崎県佐世保市         358,912
三菱東京UFJ銀行 長崎支店    長崎市              170,000
西日本シティ銀行 佐世保支店   長崎県佐世保市         120,000
佐賀銀行 佐世保支店        長崎県佐世保市         110,101
中小企業基盤整備機構 本店    東京都港区            25,071
日本生命保険(相)           大阪市中央区            3,762
大同生命保険(株)           大阪市西区            3,610

【リース債権者】
[債権者名]               [所在地]           [債権額]
スミリンエンタープライズ(株)     東京都千代田区         176,471
千代田リース(株)           長崎市              10,902
オリックス自動車(株)         東京都港区             8,718
トヨタファイナンス(株)          東京都江東区            7,028
東京センチュリーリース(株)     東京都港区             4,501
リコーリース(株)            東京都江東区            1,791
(株)日本ビジネスリース        東京都中央区            1,059

買う気にさせる秘訣(ひけつ)は何か…

勿論、要らない物を売りつける悪徳マンションセールスは問題ですが…。

山形新幹線にカリスマ販売員 1日50万円の記録も

 JR山形新幹線に「カリスマ車内販売員」がいる。財布の口が堅いご時世に、売上額は平均的な販売員の約1.2倍。ざっと2倍強の「1日50万円」を達成したこともあり、企業や役所などから講演依頼も相次ぐ。買う気にさせる秘訣(ひけつ)は何か。実際の車内販売に密着した。 続きはこちら

画像


<第24代ミス将棋の女王(2003年 / 平成15年)> 写真左 茂木久美子(もき・くみこ)さん

商売人とは・・・。

この休み中の2つの出来事


 小さな事ですが、煙草を買いに近所の煙草小売屋さんに行ったら、店番しているご年配の方が、「タスポ持ってないの?」「便利なのに」と言いながら煙草をだしてくれると思ったら、タスポカードを持って、外の自販機に行こうとしていたので、「すみません」」と言いながら5円玉を2つ持っていたので、「10円に換えてください」と再度言った。そうしたら「チェッ」と舌鼓を打たれたので、結構ですお宅では買いませんと言って帰ろうとした。そうしたら5円玉に変えるからと引き止められた。5円玉に交換し別の店で煙草を購入した。
 自分はタスポを持たない理由が別にあるのですが、そのご老体は別に商売をやっているのではなく単なる暇つぶしか、世間の人との接触をする場としか思っていないのだろう。商売人ならそのような対応はしない筈だからであります。また、人との折衝が嫌なら、店を開けず自販機だけにすれば良いだけだけど・・・。
 もし自分のお店に「材料を売ってくだっさい」とお客さんが来たら「ホームセンターにいけば何でも揃うよ」なんて言わないですよね。


 別の話だが、この休み中に親族が集まる機会があったので、最近の新入社員についての議論になった。我が家の子供たちも働きだして1ヶ月が過ぎたところだが、子供たちが言うには大学や高校で、クラブ活動やサークル活動をした経験が無い新卒者は、人との接し方が苦手な人が多いと言っていた。また、アルバイトの経験が有る・無しも人との対応に戸惑う人がいると言っていた。(これは全ての人がそうだと言っている訳では在りません)
 子供たちにとって叔父や叔母もいたわけですが、そのうちの一人がアルバイト経験者でも対応力が無い新入社員は何を学んできたのか経験が全く生かされていないと嘆いていた。
 

 人は学問だけでなく人とのコミュニケーションのとり方ひとつで対応や、伝える手段、経験を生かし考えることをするのだろうと思うのは上記の例題も同じこと。それらを行うことは育った家庭環境も重要なウェイトを閉めている。昔ながらの「読み・書き・そろばん」は基本的なことなのだろうと感じた次第です。皆さんの回りでもこの連休中何か、発見やちょっとこれはと思うことがあれば、メールでも電話でも何でもかまいませんのいで、ご報告お待ちしています。

この手の会社は増えそうだ。(バブル後、何を学んでどの様に走ってきたかを一度考えて欲しい。

日産・オリックス、危機対応融資の追加を打診 1000億円規模(日経より)

 日産自動車とオリックスが政府・日本政策投資銀行に追加の危機対応融資を打診していることが5日、明らかになった。業績低迷による資金繰り悪化に備え、ともに1000億円規模の借り入れを要望している。政投銀は国民負担につながる可能性もある融資の性格を念頭に置いて、厳格に審査する方針。追加支援を巡る官民の調整では、明確な事業再生計画の有無や経営責任のあり方などが焦点になりそうだ。

 日産はすでに同融資で500億円を借り入れているが、政府・政投銀に借り増しの要望を伝えた。コマーシャルペーパー(CP)などで調達している運転資金の一部を振り替える狙いとみられる。同社は資金流出を抑えて2010年3月期のフリーキャッシュフロー(純現金収支)を黒字化する考えだが、資金の借り換え需要などを見越して融資交渉を進める。

経営者とは、何の為にいるのだろうか?

「自己責任論」とは何なのだろうか?

お客様に転勤・移動、配置転換のご連絡はお済ですか

 3月末にもご連絡いただきましたが、5月と言えば、配置転換や移動もあると思います。


 新聞紙上でもご転勤や昇進等で確認いたしましたが、紙面にて公表のない会社の方も移動のご連絡頂いております。ご連絡いただけていない方も常日頃そのような事は、大事な事ですので必ず連絡する習慣を行ってください。

 メールで複数の方にお送りする人もおられましたが、私も以前複数人の方に送り先が判るように送ってしまい、ご忠告の連絡を頂いた事がありました。このような事は注意が必要ですね。
 メールで送る事は相手の都合により確認する事が出来るので非常に便利なものです。
昔のメール(はがき・封書)は料金的な問題も発生しコストが掛かりましたが、今ではコストも掛からず相手に連絡する事が出来ます。
 商売人であるならこのような事も必要不可欠だと思いますが、いかがでしょうか?

 ただ、メールは相手方(送った方)のトーンが判らないため、確認のために相手に電話したなどの経験もあるかと思います。
 送り手は送ったから伝わっただろうではなく、受け取った側は見たからいいだろうと言う事ではないと思います。対応には十分気を使う事が商売の上でも非常に重要だと思っています。

 移動・移転・転勤・転職なんでもご連絡お待ちしております。

なんで、そんなにディズニーランドに行きたいのか?

人々はなんでディスニーランドに行くのだろう?

そんなに与えられるもので満足しているのだろうか?

皆さんは何の為に行くのでしょうか?

そんなとこへ手を抜いて子供を連れて行くと挨拶さえろくすっぽできない子供になってしますよ。

「一昨日、HDDを秋葉原に買いに行った帰りの電車で…」
偶然座れたので前の席の親子を見ていた。団塊jr世代の母親と小学生の息子とお姉ちゃん。お姉ちゃんは横で寝ている。二人は、ゲーム機で対戦ゲームをしていた…。

その家族が降りると乗ってきたのは、団塊両親とJR夫婦と小学生の息子。子供はへそを出し、席の上で転がって暴れている。それを見て、おじいちゃんは子供を抱えて、吊り革に吊るさせてご機嫌を取っている。そうじゃにだろう、お前の役目は…。やや、その子の男親だけは少し引いていた感じだった。

ゆるゆる社会のキーワードは、やはり「団塊世代」なのかも知れない…。

そらまめ(空豆)

昨日は、今シーズン初めて空豆を取りました。
三年連続の栽培です。今年は、4本が育ってます。

手を抜くとアブラムシが大発生してしまいます。昨年は、これでかなりダメージとなりました。
今年も発生してますが、駆除しながらここまで来ました。

ソラマメの育て方 http://www.iris-saien.com/zukan/zukan.asp?ID=47

画像

忌野清志郎さん死去(合掌)

ロックバンド「RCサクセション」やソロのボーカリストとして活躍した歌手の忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日午前0時51分、がん性リンパ管症のため、都内の病院で亡くなった。58歳。

 告別式は9日午後1時、東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所。喪主は妻、栗原景子さん。


母の日市民フォーラム」参加者募集要項

日時 2009年5月10日(日)
時間:午後1時~午後4時
開場:午後12時30分
会場 有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11 階)
内容 乳がん専門医等が、乳がんの早期発見とマンモグラフィ検診の重要性について解説するほか、作文「お母さん、乳がんで死なないで!」優秀賞の発表・表彰を行います。また、入賞者による作文の朗読や、優秀作品集の配布も行う予定です。さらに参加者の中から、40歳以上の女性、もしくはその家族を対象に、マンモグラフィ無料検診チケットを提供します。無料チケットは、一家族1枚までとし、希望者が多かった場合は、未受検者を優先させて頂きます。

登壇予定者(五十音順)
大宅 映子氏(評論家)
佐野 宗明先生(新潟ブレスト検診センター 所長)
中村 清吾先生(聖路加国際病院 ブレストセンター長)
ワット 隆子(あけぼの会 会長)
「お母さん、乳がんで死なないで!」作文入賞者数名(予定)

優秀作文表彰
最優秀賞1 名
優秀賞3名
あけぼの会奨励賞10名
審査委員長 大宅 映子氏

対象 一般市民
定員 600名(応募多数の場合、抽選とさせていただきます。)
参加費 無料
応募方法 ハガキ、FAX、もしくはE-mailにて、①氏名②年齢③職業④住所⑤連絡先(電話、E-mail)⑥同伴者の氏名・年齢を明記し、下記宛先まで郵送又はFAX、E-mailにて送信していただくか、下記申し込みフォームにてお申込ください。

申込先:〒107-0061 東京都港区北青山3-5-12 青山クリスタルビル7F
(株)ジェイ・ピーアール「母の日市民フォーラム」係
E-mail:tokyommg@k-jpr.com
FAX:03-3403-1753
お申し込みフォーム はこちら

応募締切 5月7日(木)必着



もっともっとJUMPできたのに…

「年金は31年度に破綻」マイナス1%成長で厚労省試算

厚生労働省は1日、実質経済成長率が今後長期にわたってマイナス1%前後で推移すれば、公的年金は積立金が枯渇して制度が破綻(はたん)するという試算結果をまとめた。

 試算では、物価上昇率、名目賃金上昇率、積立金の名目運用利回りが、今後それぞれ過去10年間の実績値の平均(マイナス0・2%、マイナス0・7%、1・5%)のまま推移し、実質経済成長率がマイナス1・2%の状態が続くと想定。

 このケースでは積立金が2031年度に底をつき、年金給付の財源が足りなくなることがわかった。
(2009年5月1日22時18分 読売新聞より)

「ねんきん定期便」で、見込み年金額が書いてあっても、本当はそんな金は無いという事になるのでしょうね。

定額給付金2兆円を含んで、15兆円が使われるとされますが、自分達の金を先に使っているだけ。一人当たり25万円を後で、こっそり請求されるだけ。それで喜んでいると言うのは頭が悪いのか、タックスイーターなのだろう。

『堂々現役~巨匠からのメッセージ』 BSフジ

5月2日(土) 20:00~20:55
第13回ゲスト:三澤千代治/(株)ミサワインターナショナル代表取締役社長

 今回のゲストは、(株)ミサワインターナショナル社長 三澤千代治さん。
 自ら創業し日本最大の住宅メーカーにまで発展させた(株)ミサワホームをバブル崩壊で追われたものの、不死鳥の如く甦り、現在は新たに立ち上げた会社で"200年住宅"を提唱し今も住宅業界に新風を巻き起こし続ける。
 "住宅業界の革命児"三澤さんの「経営哲学」、『イワシの群れにナマズ』『カマスの効能』『情断大敵』・・・
 果たしてその意味するものとは?

【再放送】5月6日(水) 8:30~9:25

画像

日本人も判り易いけれどアメリカ人はもっと判り易い

米調査会社ハリス・インタラクティブは27日、2008年9月と2009年2月の2回にわたって計2万0483人を対象に実施した「米国で称賛される企業」に関するアンケート結果を発表した。

【最も称賛される企業10社】

1.ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)
2.グーグル
3.ソニー
4.コカ・コーラ
5.クラフト・フーズ
6.アマゾン・ドット・コム
7.マイクロソフト
8.ゼネラル・ミルズ
9.3M
10.トヨタ自動車

【最も称賛されない企業10社】

1.アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)
2.ハリバートン
3.ゼネラル・モーターズ(GM)
4.クライスラー[CBS.UL]
5.ワシントン・ミューチュアル[WAMUQ.PK]
6.シティグループ
7.シトゴ・ペトロリアム
8.メリルリンチ
9.エクソンモービル
10.フォード・モーター

フォーチューングローバル500はこちら 

世の中、二勝一敗が一番良い。

勝ち続ける事は勘違いを起こす。相手がいて何でも成り立ちます。

The higher the mountain, the greater the descent. 「山高ければ谷深し」

「海千山千を知っているものは…こんな事を言ってはならない」
前日に通算1500勝をプレゼントしてくれたばかりの田中が、肩の張りを訴え登録抹消。野村監督は「昔のエースは先発した次の日はリリーフ待機したもんや。今の子は弱いなあ」とがっかりした表情を見せた。

海千山千には、強かと言う事、もっと言えばずる賢いとまでいえる。しかし、その事は、自分の為に能力を使うのではなく、チーム・会社・グループの為に考えるのであります。その事がひいてはそのリーダーの評価に繋がるのです。
 それをマー君もただの人と言ってしまっては…。強かな人なら、俺の為に無理をさせた…と言えば。

まあ、岩隈病をどのようにコントロールするかは微妙ですが。

画像

佐々淳行は及第点と言うけれど…

「25日深夜に書いた事」 http://mokken.at.webry.info/200904/article_98.html (ブログ)

 渡航禁止にもなってない。成田でメキシコから来た人の管理もできてない。この様に甘いと、万が一の時に止められない。
世界経済、安定の兆候 G7共同声明、政策を総動員  金融は参加者が全て誤魔化すという利害の一致があり、誤魔化せる場合もあるが、パンデミックの場合は、そんな事はありえない。小さな穴が開いてしまったら、後の祭りだ。
パンデミックについて上のG7のようにいい加減なことやっていると運を天に任すしかなくなる。

救いは、今のような状態になったのに10日間掛かったようで、感染力が少しだけ弱いのも知れない。しかし、広がらせずにとどめる政策を実行する事が、感染を広がらせないと言う事。

(訂正)公表が遅れた話のようだ。発覚後3日で警戒態勢になっている。こちら
発覚13日、疫学的警戒16日、ウイルス確定23日。メキシコ内で報道されたのが22日。

殊更危機だと煽るのも問題。遣っている遣っていると意味のない事を遣っているのを見せるのも問題。
できる事を先を読んで適切に遣るそれだけ。しかし、弱毒性だとか、状態はそれほど悪くないからと安心させる為の様に言うのも意味は無い。ただ言える事は、このような時は人間が言う事、政府が発表する事を少し下方にバイアスを掛けてリスクコントロールする意識を持つ事。

次の例はこのところ良くある事です。日経新聞の記事です。
米GDP、マイナス6.1% 1―3月実質年率、消費はプラスに
記事はこちらでお読みください。

消費<前期-4.3%>から<+2.2%>この数字はどのような行為によって現れるのだろうか?しかし、この+2.2%があったとしてもマイナス6.1%なのだから、良くも悪くも驚くべき数字だった。更に悪い事には、その事をあからさまに操作する報道機関がある事。日経新聞と金融や株式は利害が一致する関係にある。

クライスラーがチャプター11という報道の中には、必ず、計画的だから大丈夫だと言う事が付いている。それよりもプロなら、数ヵ月後この新会社がどうなるかを語るべきである。静かに整理されていくだけではないのだろうか?AMCから引き継いだ、チェロキージーブあたりだけが残るだけで、事実上なくなるのではないのだろうか?ネオンという訳の判らぬ車も一時作っていたが、ある意味今回のバブルだからこそ生き残っていた、ファンドが親会社のメーカーだから、ファンドバブルが無くなれば、消え去る運命だと思えるのだが…。