NHK サンデースポーツに杉原さんが出ていた。

 他人からするともっとゆっくりやればと思うけれど、本人からすると時間との葛藤なんだろう。忌野清志郎さんも同じだろう。自分もそんな立場に立てばそうなるかも知れない。でも、殆どの人は、そんな状態で無いから、そんな事にはならずにユルユルになるのだろう。

でも、痛々しい。

画像


自分の甘さ、情けなさを感じる…。

忙しいのに悪いねと言われるけれど…。

 自分もこの立場にたってだいぶ時間も経ったので、何人かはアンウンの呼吸で付き合える人も増えてきました。しかし、大部分は、なんだか判らないというのか何を考えているのか判らない人の方が多くて辛くなってしまいます。
 何の為に今、自分はやっているのだろうと…。単純に商売の為ならこんな事やる必要も無いし、その方が簡単なのにと…。

 自分の経験で以前から感じている事だけど、就職とは、就業であって就社ではないとそうでなければ、いつまでも実力が付かず、会社にポイトされた時、ジエンドだと…。

PS 色んな事を考えながらやっているのですが、どうも反応が判らない場合が多過ぎて、どうしたら良いのか迷うこの頃です。そんな事を打ち明けると、考えすぎだよと言われる場合も多いのですが、どんなもんでしょうね。それとも、こんな感じで応えてくれない寂しい業界なのでしょうか?この業界は…。

いずれにしても、忙しいのに悪いねと口では言う人も、そんな程度なら、自分の役割もそんなものだと感じて、絶望の一端を感じつつある訳です。

そんな時に神様は、本当に、「レット・イット・ビー(なるがままに)」と仰るのでしょうか?



「それでは、寂しすぎる…」

3試合目も楽な局面でしたが、十分です。

画像


試合内容はこちら

ただ今、東地区でゲーム差無しですが首位です。

建さんを見ていて再認識する事は、自分として、大事な事は手を抜かずにやれる事を確実にやる。その事を神様は見ているのだと感じる。できるのにも拘らず、やろうとしない人間が日本には増えてきた。そして、そのやらない事を、何とか口で誤魔化そうとするけれど、そんな事は、普通に見ていて判ってしまう。