まだ、あまり見られないけれど (IP電話は両方にとってメリットあり)

偶然、株式会社東海木材相互市場さんのHPを見ていた。

下の方に小さくIP電話の利用と出ていた。こちら

OCNのIP電話、これを使えば、本支店間通話無料、同じ様にIP電話からここに掛ければ無料(全IP電話業者ではないが殆ど)になる。東海さんから通常の固定電話に掛けるのも、全国どこでも、3分約8円で掛けられる。
 また、この事はあまり知られてないけれど、固定電話から東海さんのIP電話に掛けると、全国どこからでも3分約10円となる。

個人契約と法人契約の内容は違いますが、こんな事を考えるのも今の時期、当たり前の選択です。

OCN法人 http://www.ocn.ne.jp/business/

露木さんもフリーなのにサラリーマンみたいなトーンですね。

「病気知らなかった」

【頼近美津子さん死去】「小川宏ショー」や「ニュースレポート」で一緒にキャスターを務めた元フジテレビで現在フリーの露木茂アナウンサー(68)は、「病気をしていたことも知らなかったので…」と驚きを隠さなかった。最後に会ったのは3年ほど前。「小川宏ショー」のOBらの集まりで数年ぶりに顔を合わせ「とても元気そうで、“雑誌のインタビューや音楽のプロデュースで忙しい”と言っていた。音楽の仕事は昔からやりたいと言っていたので、水を得た魚のように生き生きとしていた」と振り返った。続きはこちら

直接、電話しなかったとしても、日頃からそんな事を(色々気に掛けていれば)、その様な話は入ってくるのだが…。寂しい時代に入った現われかもしれない。

【 連 載 】―――――――――――――――――――――――――――■□

≫レポート
・再発がんを生きる-乳がん全身転移を生きる小倉恒子さん(下)
--- つらい治療もがんと闘うための味方とイメージ ---

 骨転移がわかったとき、まず受けたのは放射線治療でした。月曜日から金曜
日まで5週間25回、転移のある部分にリニアックの照射を受けました。実は、
私は祖母を乳がんで亡くしているのですが、昔のコバルト照射で祖母の皮膚が
焼けただれたようになっていたのを覚えていたので、放射線治療にはあまりい
いイメージを持っていませんでした。でも、2回目の放射線治療を受けたころか
ら、ものすごく痛かった胸骨の痛みがすーっと消えたのですから、放射線の威
力には驚きました。放射線治療を受けている間も、私はフルタイムで働き毎日
踊っていました。

*続きは ↓ こちらでお読みいただけます。
http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/report/090519_01.html

●レポートの記事一覧は、 ↓ こちら
http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/report/

ネットワークを勉強していると,忘れかけていた大切なことに気付く

 ネットワークのしくみを勉強していると,「コミュニケーションのコツや大切さ」に気付くことがよくある。コミュニケーションというのは,人間対人間のコミュニケーションのことである。あいさつや返事の大切さ,チーム作業で気を付けることなど,頭ではわかっていても,知らず知らずのうちにないがしろにしていた自分にあらためて気付かされることが多い。
情報がほしかったら自分をオープンにする

 例えば,インターネットに欠かせないしくみとして,ルーターがパケットを目的地まで送り届ける「ルーティング」がある。ルーティングの動きを勉強していくと,「相手のルーターに自分の知っている経路情報を教えると,そのルーターから自分あてにデータが来るようになる」というルールがあることがわかってくる。

 筆者がこのしくみを知ったとき,「現実と同じじゃないか」と思った。何であれ情報を得たいと思ったり人脈を広げたいと思ったとき,一番いい方法は自分が知っている情報をオープンにして積極的に発信することだと思っている。情報や人脈は,情報を積極的に発信する人に自然に集まってくるからだ。

 いい例がブログである。頻繁に更新してためになる情報を発信しているブログは,自然と人が集まる。そしてさらにそのブログが盛り上がっていく。「教えてもらうばかりではダメで,自らが進んで情報を提供するサービス精神が大切」というコミュニケーションの基本にあらためて気付かされる。
すぐに返事をする思いやり 続きはこちらで 記者の目(半沢 智=ITpro)