テーマ:健康・病気

露木さんもフリーなのにサラリーマンみたいなトーンですね。

「病気知らなかった」 【頼近美津子さん死去】「小川宏ショー」や「ニュースレポート」で一緒にキャスターを務めた元フジテレビで現在フリーの露木茂アナウンサー(68)は、「病気をしていたことも知らなかったので…」と驚きを隠さなかった。最後に会ったのは3年ほど前。「小川宏ショー」のOBらの集まりで数年ぶりに顔を合わせ「とても元気そうで、“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この業界にはこんな人はいない。本当の勲章とは何か

ルビコンの決断 命を削って、命を守った政治家・山本孝史の決断 2009年5月21日(木) 夜10時00分~夜10時54分 「善政」という言葉がある。国民のためになる政治をするという太平記にある言葉だ。そんな政治家が、現代にもいた。命を削って、命を守った政治家・山本孝史の決断。 番組内容参院議員・山本孝史(田中健)は、2006年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大原まゆ 死亡

大原まゆさん26歳(おおはら・まゆ=乳がん闘病体験記「おっぱいの詩 21歳の私が、どうして乳がんに?」の著者)9日、札幌市内の病院で死去。葬儀は近親者らで済ませた。  北海道室蘭市生まれ。03年9月、21歳で乳がんを宣告された。抗がん剤治療を受けながら05年3月「おっぱいの詩」を出版。07年には「Mayu-ココロの星-」として映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK サンデースポーツに杉原さんが出ていた。

 他人からするともっとゆっくりやればと思うけれど、本人からすると時間との葛藤なんだろう。忌野清志郎さんも同じだろう。自分もそんな立場に立てばそうなるかも知れない。でも、殆どの人は、そんな状態で無いから、そんな事にはならずにユルユルになるのだろう。 でも、痛々しい。 自分の甘さ、情けなさを感じる…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忌野清志郎さん死去(合掌)

ロックバンド「RCサクセション」やソロのボーカリストとして活躍した歌手の忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日午前0時51分、がん性リンパ管症のため、都内の病院で亡くなった。58歳。  告別式は9日午後1時、東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所。喪主は妻、栗原景子さん。 母の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警戒水準、初の「5」に 新型インフル、世界的大流行迫る(予想通り後手を踏む)

【ジュネーブ29日共同】新型インフルエンザの拡大を受け、世界保健機関(WHO)は29日、世界的大流行(パンデミック)が「差し迫っている」と表明、警戒水準(フェーズ)を「4」から初めて「5」に引き上げた。最悪である「6」のパンデミックに極めて近い状況。国際的な人の移動などの制限が一層強化され、経済、社会の各分野に深刻な影響が広がるのは必至…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ経済が上に来るのか?

<豚インフル>経済への悪影響に配慮か WHO「5」見送り 【ジュネーブ澤田克己、関東晋慈、下桐実雅子】世界保健機関(WHO)は27日、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)に備える警戒レベルを「フェーズ4」に引き上げたものの、一部でうわさされた「5」への引き上げは見送った。また、渡航制限への反対姿勢を明確にし、通常のインフル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患 の発生状況について

メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患の発生状況について(厚労省HPは)こちら 在メキシコ日本大使館HPは こちら ◆厚労省の電話相談窓口は26日も午前9時から午後9時まで対応する。番号は03(3501)9031。 ◆豚インフルエンザとは  A型インフルエンザウイルス感染による豚の呼吸器疾患。豚で定期的に大流行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アシュリー17歳で亡くなる(合掌)

遺伝子の病「プロジェリア」を患っていたアシュリー・ヘギさん、17歳で亡くなる 「プロジェリア」という遺伝子の病にかかり、通常の10倍もの速さで老いていくカナダの少女、アシュリー・ヘギさん(17)が、21日朝に亡くなった。 通常の10倍近い速さで老いていくという難病「プロジェリア」を患いながらも、その過酷な運命を懸命に生き抜いたアシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗教はどこまで許容するべきか…

即日審判で父母の親権停止 家裁、息子への治療拒否で  東日本で2008年夏、消化管内の大量出血で重体となった1歳男児への輸血を拒んだ両親について、親権を一時的に停止するよう求めた児童相談所(児相)の保全処分請求を家庭裁判所がわずか半日で認め、男児が救命されていたことが14日、分かった。続きは こちら 2008年の夏と言う事で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハマグリ・ロンダリング」

「あさり・ロンダリング」は有名ですが、「ハマグリ・ロンダリング」というのが あるのですね。中国原料、三重県産でした。 でも、価格は、国産とはだいぶ差があった。中国産並み価格。 これで国産の同値を付けられると問題なのでしょうが…。 時折、家族と話す事がある、うなぎの様に、ロンダリングされて 騙されるよう、最初から中国産を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天下り人事に1人何億円も使うのなら

米で多臓器移植、みらいちゃん死亡  生まれつき腸が機能しない難病のため、2006年12月に米国で多臓器移植手術を受けた、愛知県春日井市、山下努さん(44)の長女みらいちゃん(2歳11か月)が13日午前11時25分(日本時間)、入院先の米コロンビア大学病院で亡くなった。  みらいちゃんは、十二指腸から直腸ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイルドライン支援センター顧問 ケンちゃんパパ亡くなる

牟田 悌三氏(むた・ていぞう=俳優)8日午後11時33分、東京都目黒区の病院で死去、80歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。  北海道大卒。在学中に俳優を志し、劇団テアトル・エコーを経てフリーで活動を始めた。喜劇的な演技が持ち味で、TBS系のドラマ「ケンちゃん」シリーズの父親役で親しまれた。ホームドラマ、時代劇に数多く出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<ハンセン病元患者>70年ぶりに帰郷、幼なじみと再会

茨城県古河市出身のハンセン病元患者で、国立療養所「多磨全生園」(東京都東村山市)の入所者、平沢保治(やすじ)さん(81)が4日、約70年ぶりに実名で帰郷し、幼なじみ3人と再会した。  平沢さんは当時の古河男子尋常高等小学校(現市立古河第二小)を卒業後、13歳でハンセン病と診断され、翌年、多磨全生園に入所した。人権回復運動の先頭に立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 ダントツの最下位の中でのインタビュー

筑紫哲也×野村謙二郎 2000本安打達成 たる募金(中国新聞より) http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/carp/gohito050508.html 正直この時期(2005年06月23日)は、野村の事以外何も良い事の無かった頃、先の目標もあるのか無いのか判らないそんな時期だった。それは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンカニン(南瓜仁)=かぼちゃの種

皆さんはカボチャの種を食べた事がありますか?いつも捨ててますよね。かぼちゃを開いて、もし、種に実が入っているような種でしたら。是非とも1回食べてみてください 種はナンカニン(南瓜仁)といって、漢方薬に使用され、タンパク質、リノール酸・ビタミンが豊富に含まれていて低血圧症改善にも役立つそうです。もし、家族の中に低血圧でお悩みの人がいたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤枝梅安死す

はらせぬ恨みをはらし 許せぬ人でなしを消すいずれも人知れず 仕掛けて仕損じなし人呼んで仕掛人ただしこの稼業江戸職業づくしには載っていない 「荒野の果てに」作詞:山口あかり、作曲:平尾昌晃、歌:山下雄三 今、仕掛人がいたら誰をやっているだろうか…。 合掌 津川雅彦ブログ http://www.santanokakureg…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米俳優P・ニューマン、がんを患っていることを友人が確認(追補)

【ニューヨーク=白川義和】米国の俳優ポール・ニューマンさんが26日、がんのため、コネティカット州ウエストポート近郊の自宅で死去した。83歳だった。同氏の広報担当者が27日、明らかにした。 下は今年6月に出した記事でした。合掌 [ロサンゼルス 11日 ロイター] 米俳優のポール・ニューマンさん(83)ががんを患っていることが分かった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分らしい最期とは…

「いのちに寄り添って~自分らしい最期を~」         福井放送制作 福井市にある福井県済生会病院は、診断・治療・緩和というがん医療の充実に力を注いでいます。こ の病院の一角にあるホスピス病棟「愛の家・済生」所長で精神科医の谷一彦さん(54歳)は、末期がん患者の体の痛み、心の痛みの両面を和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こころの時代~宗教・人生「ガンで見つめる“いのち”」

14日 5時から6時放送 再放送は21日昼2時(NHK) ホスピス医として10年あまりガン患者の医療に携わってきた医師にガンが見つかり「死」と向き合うことに。自らがガン患者となって知った心の世界を細井順医師に聞きます。 http://sankei.jp.msn.com/life/body/071102/bdy071102081000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また役人問題か?

ウルグアイラウンドで、米の輸入が決まったとしても、その後、頭は使ったがまたして、魂が入ってなかったのでこの様な結果を生んだ。 それにしても、ここまで酷い会社があるかと言う点では驚くべき事だけど、命には直接関係ないけれど、住宅産業は、人の資産を勝手に毀損してしまうのだからそんなに特別悪い訳ではないのかも知れない…? 住宅偽装問題が出た…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

相原碧ちゃん帰国

米で心臓移植の碧ちゃん帰国  「うれしい」とあいさつ                          拡張型心筋症による重い心不全のため渡米先で心臓移植手術を受け、成功した東京都…
トラックバック:0
コメント:500

続きを読むread more

このような例が増えてますね

ソフトバンク鳥越コーチ夫人が死去  ソフトバンク・鳥越裕介2軍内野守備走塁コーチ(37)の万美子(まみこ)夫人が26日、乳がんのため、福岡市内の病院で死去した。34歳だった。  レースクイーンなど、タレント活動をしていた万美子夫人は03年オフに当時ダイエーで現役だった鳥越コーチと結婚。今季は鳥越コーチが夫人の看病のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親戚の娘さんが亡くなられました

最初に乳がんが発見されてから、10年を超えました。(43歳) 一度直ったが、だいぶ経ち再発、そして転移。 家に咲いていた 白のカーネションを1輪飾りました。 花言葉:私の愛は生きています本来は、母を亡くした者が白のカーネーションをですが…。安らかにお休みください なんでこの話を書いたかと言えば、今、森山直太朗さんの歌、「生き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピンクリボン広島2008

昨年に引き続き、6月7日(土)対オリックス戦にて、『乳がんの早期発見、早期治療』を促し、 定期的な健診のの大切さを多くのみなさまに知っていただくため、「NPO法人ひろしま 女性NPOセンター未来」が企画運営される観客参加型のキャンペーン(ブレストケア・ピンクリボン キャンペーン)へ下記内容の通り協力することとなり、本日記者会見を行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済に詳しい新聞ならこんな垂れ流しの記事は書かない?

たばこ増税案、与野党で急浮上  与野党でたばこ税の引き上げを求める動きが活発になってきている。1箱300円程度のたばこを増税で1000円程度に引き上げ、国際価格に近づける案が浮上している。今秋には基礎年金の国庫負担割合引き上げのため2兆3000億円の財源が必要。社会保障費の増加圧力も高まるなかで、政府・与党内に広がる消費税増税の動き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読売にうつの方の会社復帰について書かれていたけれど

 古くは、中川一郎氏が、自殺したのは、抗うつ剤を飲んでいたからだと言われている。 そのように、抗うつ剤や睡眠薬を併用すると、逆にこのような副作用?を起こす事がある。 だから、飲むなと言う事ではない。この様な事が全体としてはやや稀な事であるから。 抗うつ剤:「SSRI実態把握を」医薬品監視機関が要望(昨日の毎日新聞より) http…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more