朝日新聞より

■1929年大暴落との共通点の多さに驚く



 
まるでジェットコースターのようなアメリカの株価である。急降下したかと思うと翌日は反発。またその翌日は急降下。でも、全体的には下がり続けている。中
国の経済成長にも陰りが出てきた。このところ続いていた日本の(実感とはほど遠い)好景気は、米中向け輸出が支えていたようなもの。来年は今よりもっとひ
どいことになるかもしれない。


 9月末、ジョン・K・ガルブレイス『大暴落1929』が出た。これまでも『大恐慌』などの邦題で何度か刊行されてきた本だ。原
著『The Great Crash 1929』は1954年刊(ただし本書は1997年版)。内容は世界恐慌につながった1929年ニューヨーク市場大
暴落に関するもの。


 「まえがき」でガルブレイスは、「(本書が)増刷され本屋の店頭に並ぶたびに、バブルや株安など何事かが起きるのだ」と、彼らしいユーモラスな言い回しで書いている。実際、今回もそうだ。


 本書には、株価大暴落がどのように始まり、いかなる経過をたどったのかが書かれている。日本でもベストセラーになった『ゆたか
な社会』や『不確実性の時代』もそうだが、ガルブレイスの書き方は学術論文というよりもエッセイのよう。言葉づかいも平易で、素人にも読みやすい。


 今回の米金融危機と共通点が多いのに驚く。今回の引き金になったのはサブプライムローン問題だが、根はデリバティブ(金融派生
商品)による信用の水ぶくれにある。1929年は会社型投資信託のブームがあった。FRBや政財界、そして御用経済学者たちのズレた対応も問題を大きくし
た。もちろん80年前と現在は違う。今回の米金融危機が世界恐慌に発展する可能性は少ないだろう。とはいえ、人間というのは歴史に学ばないものなのだなあ
と、あきらめのような気持ちがわいてくる。


 奇しくも10月15日はガルブレイスの生誕100年だった。2年前に亡くなった経済学の巨人(身長2メートル超!)は、草葉の陰でなんと言っているだろう。


草葉の陰で何を言ってるかって?「この時生きていなくて良かった」と言っていると思う。



前回の大恐慌や、日本の最初の本当のバブルの時より悪い。それはお金が自国内に残っているかいないかの差。







こんども大工さんでしたね

市川容疑者、事件直前まで長時間飲酒か 大阪・富田林ひき逃げ 


 


 大阪府富田林市の国道で新聞配達員の少年(16)が車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、自動車運転過失致死容疑な
どで逮捕された河内長野市小塩町、大工、市川保容疑者(41)が事件直前までの約7時間にわたり飲酒していた可能性があることが17日、分かった。市川容
疑者は逮捕後の飲酒検査でも呼気からアルコール分が検知されており、富田林署は市川容疑者が相当量の飲酒をしていたとみて捜査している。



続きは http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081117/crm0811171426023-n1.htm





勤勉な時代から怠慢な時代へ

日本人は、暫く前までは、類稀なほど勤勉な人種だった。
それが、ある時代を経て、怠慢な時代へ変わってしまった。
この事は、最近の若い世代だけなら、しょうがないのかなあと思えるが、
 あの戦争を知っている世代までに起こっている現実であります。
では、なぜ全世代に起こっているかといえば、それは甘い蜜を吸ってしまった
からではないでしょうか?安易に生き、それが一時ではあっても罷り通って
しまった。皆さんもご存知のように、バブルの時代であります。バブル時代に
起こった事は、自分の能力の有無のそのような結果を得たのならまだしも
そんな事は殆どありませんでした。それにも拘らず一時ではあってもその恩恵を
受けていたのは事実。自分も真っ只中にいた立場で、しっかりとその事を見ていた。
 しかし、それはそれとして拙いのですが、それよりもそれ以降の時期が更に
悪い面が出てしまった。リストラの時代であります。リストラをすれば株価が上がる
という事です。経営者はあの時、経営を放棄してしまった。売り上げ、利益が増えない
事もあり、固定費それも人件費に手を付けてしまった。
 それは5人で遣った事を4人でやるようになったという単純な方法。その事で
経営者は社員からの尊敬の念を失った。社員には、その事の為でも会社に
残ると言う方法を選んだ時点で、極端に言えば本来の企業としての魂を売って
しまった。従って、その後、表面的に上司に従順な社員は増えたけれど、ある意味
本当のモラルハザードを失ってしまった。
 そういった社員がその後どのような行動をするかといえば、表面的な対応であります。
厚みの無い行動です。
 その後、世の中がどうなったかは皆さんのご存知の通り。先の事を許してしまったから
経営者は、更に進め、派遣社員やアルバイトで人を物や機械の様に扱い始めた。
そんな事をした会社ほど、大小を問わず、普通の時は良いけれど肝心な時には、
もたなくなる。経営者がここは、しんどいけれど踏ん張ってくれと言えなくなった。
 「ワークシエアリング」
時折、会社を再生させる時見られる事ですが、あまりに後手を踏んだ会社はできない
でしょうが、本当は能力がある会社なのに、何か(例えば意識)によって利益のでない
会社の場合。申し訳ないけれど、3年間だけ、給与を下げさせてくれ、ただしリストラは
しない。事実上の良い形のワークシェアリングであります。
 そして、その新しい経営者は社員の意識を変えていく事により、会社の体質を強化し、給与水準を戻していく。こんな会社を見ていると社員の意識低下ほど怖い物はない。その辺について対応していく経営者ほど有能な経営者に違いない。



しかし、殆どの会社は、アメリカを見るまでも無く、表面的な数字に対応するという手法を取る。数字とは見れば見るほど考えれば考えるほど、ヒントが入っている。そのヒントを掴んだ上で現場を見れば、解決策は出てくる。社長・会長、時には部長が現場にあまり出ない会社はこんな事に嵌ってしまいがちだ。現場に出ることの面倒さをリスクと考えているからだ。



 このようにして、今の日本の表面的な怠慢体質が醸し出されてきた。この辺でシッカリと考えておかないと会社も何もかも無くなってしまうのではないだろうか?



 自分は、大手商社の系列だからなんて思っていると後悔する事になる。そんな会社ほど上のような体質であるからだ…。まあ、そんな会社の社員はシステムとして成り立っているから誰がやっても遣っていけるのかもしれないけれど…。ただし、会社の収益力と存在価値は徐々に落ちていくのでしょうね。



まあ、ごちゃごちゃ言ってもしょうがない。そういった会社かどうかは人目で判る。調査レポートにもそんな事も取り入れたいだとは、思っているがなかなか頭の中にあっても文章には出しにくい。会社組織の柔軟度とかいう項目もありなのかも知れない。最後に自分への課題として残しておきましょう。



ご意見があったらなんでも、批判からなんでもどうぞ…。



会社経営とは厳しい。でも、だからこそ価値がある筈。





僕の瞳に小さな太陽

Don't Let The Sun Go Down On Me (僕の瞳に小さな太陽) / Elton John (1974)

太陽を 沈んで行くようにしないでくれ

僕は自分自身を探したけれど いつも 他の誰かだ 僕が見るのは

僕はただ認めるだけだった 君の人生の断片が 自由にさまようのを

でも 全てを失う事は

まるで太陽が 沈んで行くかのようだ








Convert »»  PC/iPod - 3GP/3GP2 - MP3 - IMG - Podcast


Powered by TubeFire.com





土壇場の時の歌…





木材・建材業者も指定業者

「何かを担保し、企業として遣っていくんだ」と言うところに融資するのであるなら説得力がありますね。闇雲にでは、前回同様の何も進歩しなかったと言う事になってしまう。厳しいようですが、今後の将来像を自分なりに考えて、行動に移せる企業に対してなら、このような制度は有効でしょう。



兎に角、一時的に遣っても意味あるものでないと、また国民が負担を背負う事になってしまうのではないでしょうか?



皆さんならどう思いますか?



中小企業庁http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_gaiyou.htm



【対象中小企業者】以下のいずれかの要件を満たす中小企業者



  • 指定業種に属する事業を行っており、最近3か月間の平均売上高等が前年同期比マイナス3%以上の中小企業者。


  • 指定業種に属する事業を行っており、製品等原価のうち20%を占める原油等の仕入価格が20%以上、上昇しているにもかかわらず、製品等価格に転嫁できていない中小企業者。
     


  • 指定業種に属する事業を行っており、最近3か月間(算出困難な場合は直近決算期)の平均売上総利益率又は平均営業利益率が前年同期比マイナス3%以上の中小企業者。  


  • 原材料価格高騰対応等緊急保証制度について



    緊急保証制度に関する関連資料⇒指定業種リスト 149~





    緊急保証制度の業種を追加指定します。



  • 1.追加指定業種は、11月14日から本保証制度の対象となります。


  • 2.対象業種の中小・小規模事業者は、金融機関から融資を受ける際に一般保証とは別枠で、 無担保保証で8,000万円、普通保証で2億円まで信用保証協会の100%保証を受けることができます。


  • 指定業種リスト



    原材料価格高騰対応等緊急保証制度の特定業種追加指定について-74業種



    (中小企業信用保険法第2条第4項第5号の特定業種指定について)
    (指定期間:平成20年11月14日~平成22年3月31日



    原材料価格高騰対応等緊急保証の特定業種指定について-545業種(PDF:40KB)



    (中小企業信用保険法第2条第4項第5号の特定業種指定について)
    (指定期間:平成20年10月31日~平成22年3月31日)



    (本発表資料のお問い合わせ先)

    中小企業庁事業環境部金融課長 藤木 俊光
            担当者:山口、銀澤、福田

    電 話:03-3501-1511(内線:5271)









    米GDPの50%に達する恐れも…

    短期経済予測(特別レポート)


    世界金融危機、米国の過剰負債は5兆-6兆ドル
    -米GDPの50%に達する恐れも-負債残高のGDP比率に基づく簡易な推計


    2008年11月12日発表




    小林辰男・日本経済研究センター研究統括部主任研究員 短期経済予測総括






    9月半ばの米大手投資銀行リーマン・ブラザーズの破綻をきっかけに金融市場は危機的な状況が
    続く。金融危機の発端となったサブプライムローン問題などを解決するため、米政府は金融安定化法に基づき、シティーグループやバンク・オブ・アメリカなど
    へ公的資金による資本注入を実施し始めた。しかし日本の経験に照らしてみれば、具体的な不良債権の内容を査定、損失額を明確にすることが金融危機の根本的
    な解決には欠かせない。損失額の厳密な確定は個々の金融機関の財務、資産・負債内容を詳しく分析する必要がある。IMF(国際通貨基金)やOECD(経済
    協力開発機構)などの国際機関が推計しているが、実態はよくわからない。ここでは1990年代以降の米国の負債残高とGDPの関係から簡易な損失額(過剰
    負債)の推計を試みた。負債残高のGDP比率から推計してみると損失額は最大で5兆-6兆ドル(500兆-600兆円)、GDPの5割にのぼる可能性があ
    る。こうした試算は幅を持ってみる必要があるが、金融安定化法で決まっている7000億ドルを大きく上回る公的資金の投入なしに、過剰負債の調整を短期的
    に終えることはかなり難しい。



    5Pのレポートは こちら から



    15leaders600




    レイキャビクより 



    円建て債の償還容易でない  アイスランド大統領会見



    http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008111401000650.html





    平成10年度以降の森林組合の合併状況

    十勝中央森林組合、池田町森林組合、豊頃町森林組合が10月1日付けで合併し、「十勝広域森林組合」が発足した。



    北海道庁のHPには以下のようなリストがありました。



    http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/rrm/s004.htm 平成10年度以降の森林組合の合併状況



    何か意見感想がありましたらお願いします。無いのですか?



    そんな事知らない、関係ない?興味ないか?まあ、そうかも知れないかな…?



    TBS ラジオに菊池恭二さんが出てますね。「久米宏 ラジオなんですけれど」



    http://www.tonotv.com/members/shajiiwt/4takumi/takumi1.html





    選挙で投票する事は…





    Convert »»  PC/iPod - 3GP/3GP2 - MP3 - IMG - Podcast


    Powered by TubeFire.com






    Convert »»  PC/iPod - 3GP/3GP2 - MP3 - IMG - Podcast


    Powered by TubeFire.com

    たとえそれが失敗したとしても、その事を甘受しなければならない。
    それこそが、民主主義なのだから…。




    あなたのお店 または支店には

    お茶汲みをなめるな(2)



    あなたの会社 または、あなたの会社のお店には、「あなたの街の〇〇〇さんです」と
    書いてあるだろうか?もちろん書いてなくても心の中にあればOKですが…。



     近くに、木材市場さんがあれば、素人はどの様に思うだろう?あそこへ行けば材木買えるかな?材木屋ケンちゃんより こちらから  
    こんな事は市場さんだけじゃないよね…。家を建てると言う事の基本を忘れた人達は、何を
    するか?そんな事では、例え、どんな腕の立つ職人だとしても成り立つわけは無い。
     プロなら、仕事で自己を主張をするのは当たり前。でもそれだけでは足りない。素人に対して
    彼らの知らない良いとこを教え、考えさせ、行動させる。
     時折、地域の電気屋さんありという話が取り上げられる事がある。ヤマダ電機、コジマ、
    上新電機、ベスト電器など大手のチェーン家電販売店に対して、闘うお店の話であります。



    http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081107/110875/
    こちらに、町田の電器屋さん株式会社ヤマグチが年商12億円に至った事の荒川龍さんの取材が載せられています。



    株式会社ヤマグチ http://www.d-yamaguchi.co.jp/corp/greeting.html



    下の写真はお店の第二看板と営業車です。この話を見ていて、佐世保のジャパネットたかたの事を思いました。大きくなればなるほど難しいけど、小さければある意味即対応可能。



    「スモール・イズ・ビューティフル」…経済至上主義が、グローバリズムと言う名で世界中を席捲しました。その反省を含めて、たぶんこの流れがでてくる筈なのですが、日本では逆に、寄らば大樹…になっています。どうしたものだろう?



    Kannbann
    Dyamaguchi1





    Honesty(訳詞付) - Billy Joel

    Honesty(訳詞付) - Billy Joel







    Convert »»  PC/iPod - 3GP/3GP2 - MP3 - IMG - Podcast


    Powered by TubeFire.com

    If you search for tenderness

    it isn't hard to find.

    You can have the love you need to live.

    But if you look for truthfulness

    You might just as well be blind.

    It always seems to be so hard to give.



    Honesty is such a lonely word.

    Everyone is so untrue.

    Honesty is hardly ever heard.

    And mostly what I need from you.



    I can always find someone

    to say they sympathize.

    If I wear my heart out on my sleeve.

    But I don't want some pretty face

    to tell me pretty lies.

    All I want is someone to believe.



    Honesty is such a lonely word.

    Everyone is so untrue.

    Honesty is hardly ever heard.

    And mostly what I need from you.



    I can find a lover.

    I can find a friend.

    I can have security until the bitter end.

    Anyone can comfort me

    with promises again.

    I know, I know.



    When I'm deep inside of me

    don't be too concerned.

    I won't as for nothin' while I'm gone.

    But when I want sincerity

    tell me where else can I turn.

    Because you're the one I depend upon.



    Honesty is such a lonely word.

    Everyone is so untrue.

    Honesty is hardly ever heard.

    And mostly what I need from you.





    日本の企業らしいなあ

    あるブログを読んでいたら次のような事が書いてあった。



    お茶汲みをなめるな(1)


    お茶汲みなんて誰がやってもいいのにという記事を見ていて、すごく昔に誰かから聞いた、とある会社の話を思い出した。


    その会社は、お茶汲みで倒産しかけたのだという。


    なんでも、その会社は原因不明の業績悪化にあえいでいたんだそうだ。いろんなところをチェックしてみても、どうしても悪影響を及ぼすような原因が見付からない。どうしたものかと途方に暮れていたらしい。


    そんなとき、その業績悪化が始まる直前に寿退社したOLがいることに気付いた。そのOLはお茶汲みくらいしかしてなくて、抜けたくらいで経営に打撃が与えられるとも思えない。しかし他に原因らしい原因も見当たらないし……ということで、経営陣はこのOLさんのところを訪れて、とにかく話を聞いてみることにした。


    元OLさんは「たいしたことはしておりませんでしたが……」と遠慮がちに自分のやっていた仕事を語りはじめた。



    続きは こちら でどうぞ



    お茶汲みを肯定する訳ではありませんが、小さな事でもこの様に考えて行動する人が



    いる。そんな会社の方が、クライアントに対して優しいのかもしれない。



    勿論、優しさだけで取引する訳ではないですが、そんなムードが日常の営業に現れるか



    どうかは、ひょっとすると大きい差なのかも知れない。







    大工:宮内寿和

    Photo



















    大工棟梁 宮内寿和(みやうちひさかず)41歳。
     滋賀県大津市に代々続く大工の家に生まれて、四代目。弱冠二十歳の若さで棟梁となり、現在までに百軒以上の家を手がけてきた。宮内が建てるのは千年以上続く日本古来の大工技術を継承した木造の家。伝統的な工法や技術を応用しながら、あくまで現代人のライフスタイルや環境に合わせた家造りにこだわる。時には学者に意見を求めたり自らが構造実験を主宰するなど、良い家の在り方を模索する日々。2008年1月、宮内はまた新たな試みで一軒の家造りに取りかかった。木の選別から新工法の開発、度重ねて行われた構造実験など、三年もの準備期間を経て臨んだ自信作。一切金物を使わず地元滋賀県産の杉で作る、オーダーメイドの「土に還る家」だ。番組では約十ヶ月間、宮内に密着し、無骨なまでの木へのこだわりと、「すべては住まい手の為に」という揺るぎない職人魂を見せる男の姿を追った。
    情熱大陸   放送日:毎週日曜放送時間:よる11:00~
    http://www.mbs.jp/jounetsu/2008/11_09.shtml



    情熱大陸 挟み梁工法 大工棟梁  宮内寿和氏



                                                                                                                         http://blog.innovating.jp/?eid=1020367



    職人がつくる木の家(つくり手インタビュー宮内建築 宮内寿和さんに聞く)



    http://kino-ie.net/interview_221.html



    Photo_2





    http://miyauchi-kenchiku.jp/



    スタッフ  (一番大事だから木材業者が最後に出ているのかな~) 
    http://miyauchi-kenchiku.jp/staff.html



    今回、終わってしまった番組の紹介ですが、先週11月9日(日)PM11:00~の上記の番組をご覧になった方がこの業界のひとで何人いただろうか?



    若い棟梁が自分の建てる建物に真剣に取り組んで自信を持って建ている。また施主に喜んでもらうために建ている。このような技術は将来においても伝承されなければならない。今の日本でどれだけこの棟梁みたいな考え方を持っている人がどれくらいいるだろうか?



    建築費や工期が高く長く掛かっても、健康で安心して暮らせる建物であれば少々値段が高くても当たり前なのかもしれない。また、このような建てものを建てられる施主はそうはいないかもしれない。しかし、来年から予定されている瑕疵保証問題で多くの大工さんが窮地に立たされるかもしれない中、多くの業界関係者が本来の姿に戻り、互いに足の引っ張り合いをすることなく、知恵を出し合い、切磋琢磨することを心より望むところです。



    興味があるという方の中でも、見れなかった方もおられるでしょう。もし、見てみたいという人がおられましたらコメント、メール、電話ください。



    まあ、毎日の仕事に忙殺されている方にはそんな事を考えている人は多いとは思いませんが…(たぶん、残念ですが…)。



     残念ながら皆さん本気なのでしょうが、本気さの内容が目先のぼた餅になってないでしょうか?もしそう成りがちだと感じていたら、バランスを修正ください。夢だけでは人は生きられませんでも、夢も無かったら、遣っている事のレベルがどうなるのでしょう。我々は役人ではありませんから、そこのバランスを絶えず修正しながら進むだけのみであります。



    {家を作ることだけでなく}…何についても同じ事



    「手間のかかることしか考えないんだよね」



    「手を抜くんじゃなくて、手間のかかる事を」 (by 宮内寿和)



     昨日、友達の保険屋の支店長と話したんだ。彼曰く、前遣っていたような営業とは保険屋の営業は単調だと言った。まあ、その様な面は確かにある。でも、その前に、あんたの会社は何を遣っているんだ。その前に遣る事があり過ぎるのでは?そんなまだ遣ってない事をしてないのにそれでは、これからを背負う人材が泣いてしまう。会社全体ができないなら支店を変える事は可能。サービス産業だろうが、ルートセールスだろうが、結果として手を抜く事しか遣ってないのでは?ただ、この事は商売だけでなく日本全体に蔓延ってしまった事。



     若い奴はそうだけど、お年寄りにも…。先日、あるとこで自転車を乗ろうとしていた時の出来事。少し離れた方で自転車の倒れる音。沢山倒したら直すのを手伝わないとと思いながら振り返ると、一番端の3台だった。その程度ならと思い、その場を離れながらも後ろを振り向くとその老人は何も無かったように自分の自転車に乗ろうとしていた…。



    この様なことが全てだとは思いませんが、手を抜く以前に、普通なら当たり前の事さえできなくなったのが現在の日本。この番組の棟梁のようになろうよと言っても、最初から無駄なのかもしれない。でも、自分なりに何をしなければならないかを継続したい…。



    先日、アメリカの事を、ソドムとゴモラ、そして、グールドマンサックスとモルガンスタンレーをその象徴としたけれど、日本も同じ意味でもそのレベルまで堕ちているのかも知れない…。



    自分は住宅のプロでも木材のプロでもありませんが、何かこんなとこに何かの匂いがする様な気がします。この様なことがメジャーになる事は無いでしょう。また、なりそうになると人間だから道を間違ってしまう事があります。ソドムとゴモラの町の、ロトの妻のように塩の柱にならないようにするにはどうしたらよいか、皆さんも考えてください。



    下のリンクに番組映像をアップしました。



    少し小さな画面ですが、25分弱の番組ビデオです。↓↓↓





    http://www.veoh.com/videos/v16558244nWsHnZhR?source=embed





    From A Distance

    筑紫さんの番組を遣っていた自分は思想方向は共有する物ではありませんが、



    色んな意見がある事の
    普通さを担保しなければ、無知蒙昧になりかかっている世界は



    危ないと認識する次第です。







    「NEWS23」

    ニュース23タイトルの裏の意味は 9回裏、2アウト満塁だったか、最後のバッターのカウント 2ストライク3ボールだったか忘れましたが、報道と言う物が今どこにいるのかと言うメッセージだった…。
     安易な報道からもう一度基本へ戻る事は…たぶん不可能なかもしれないけれど?(合掌)





    一曲贈ります。

    FROM A DISTANCE (Bette Midler)



    神様は私達を見守っている 神様は私達を見守っている

          神様は私達を見守っている はるか遠くから...







    もう一曲 「いつも心に太陽を」by ルル





    このシドニーポワチエの映画の宣伝文句は 

    言葉と愛と生きるすべてを、先生が何も知らないぼく達に教えてくれたんだ! 
    きょう、この日 青空いっぱいに書こう心からの言葉…
    映画紹介 http://www33.tok2.com/home/paonyan/film4/tosir.html





    やっと放漫広告に気付いたのか?

    「モスバーガー」を展開するモスフードサービスの桜田厚社長は10日、販売促進策見直しの
    一環として、テレビCMの全面廃止を検討していることを明らかにした。不特定多数が対象の
    テレビCMは多額の費用が掛かる割に効果が少ないと判断したためで、今後は携帯電話の
    メールを通じた情報発信や各店独自の販促活動、雑誌・新聞広告などを強化する。



    Mos_burger_2





    モスが経営状態が下がってきたのが切欠だと思いますが、他の事でもいつも遣っている事がどのような影響があるのかを考え直してみる必要がある。会社の経営において、お金を掛けずにまだまだ出切る事があるような気がする…。
    話していて、考え方は正しくても、もう少し柔軟にひと工夫すれば良いと思うことは結構ある。今まで遣ってきた成功体験は評価しますが、あなたの肩に社員の将来が掛かっていると考えたら、ぶれてはいけないけれど、もう少し柔軟さはあっても良いのでは?



    木材建材業界で、このMOSの事をどの様に学ぶべきかは、企業によって様々でありますが
    冷静に考えてみる価値はある。



    年始広告も遣れば良いのではなく、少なくとも会社の一年間のメッセージが入ってなければ意味は無い。



    自分の人生は、変わる事、発展する事(反省もある)で、生きてきた。だからこそ、毎日、変わらない事を望む、この業界について、どうなのかと感じてもいる。勿論、変えてはいけない事、変えて構わない事の差が判ってないといけない事があることは承知した上の事である。



    意見・感想がありましたらコメントください。簡単ではないけれど期待を込めて見守っている次第です。





    旧約聖書 ソドムとゴモラ

          5/1          11/9
    USD  104.46   98.33
    EUR  161.55  125.10
    GBP  206.25  153.89
    AUD   97.54   66.29
    NZD   81.16   58.015
    ZAR    13.69     9.67  南アフリカ・ランド



    いつだったか(為替が変な感じで動いた最初の頃)、ニュージーランドに関連している会社の方に、豪ドル、ニュージーランドドルの動きがおかしいけれど、向こうの景況とか大丈夫でしょうかというメールを送ってみました。



    東京の方は、残念ながらその知識は無く、それでも担当者に聞いてみてくれた。



    でも、その時は今のような大きな動きになる意識は無かった…。



    普通の人なら、そこに拘っている人でもこの様な波乱は判らないでしょう。一時は、拡大ユーロは、新しい帝国みたいに書かれ。おいおい、待てよと思っていた。勿論、それ以外の高金利国については、誰がいつスイッチを押すか…。それだけが課題だと…。



    まだ道半ばこれからの半年が為替だけでなく、現物経済にとって一番厳しいところ、この時の処方が少しでも間違ってしまったり、誰から変な発言をしてしまうと、再び火の海になる可能性が高い。



    その中で、一番気になるのがアメリカ人の資質であります。今起こった事は何から来たのか、その事の判断が彼らにどれだけ出来ているか?一般国民レベルは、オバマが変えてくれるというムードが…。業界やそれを取りまくマスコミも、今起こった事は業界の一部の罪と言っている。少なくとも自分がそれにどの様に拘り何をしてきたかも言ってない。



    旧約聖書「ソドムとゴモラ」の話を皆さんも知っていると思いますが(ここではそこにはふれません)。もしあなたがロトで少なくとも、家族全員には後ろを振り返らせてはいけない。



    振り返って塩の柱となった妻の様に…。



    その後も、三人の家族にも辛い運命が待っていた。(旧約聖書)



    関心のある方はご自分で調べたり、読んだりしてみて下さい。



    http://www.bible.or.jp/vers_search/vers_search.cgi 聖書本文検索



    旧約聖書:創世記・第19章 や 23章申命記 など





    ついでに、アメリカが本当にソドムとゴモラの町になるかチェックポイントとして



    ゴールドマンサックスグループの株価を見ていてください・→ こちら



    【9月24日 AFP】米証券大手ゴールドマン・サックスは23日午後、声明を発表し、著名投資家のウォーレン・バフェット氏が最高経営責任者(CEO)を務める投資持ち株会社バークシャー・ハサウェイが50億ドル(約5300億円)分の優先株を引き受けることで合意したことを明らかにした。

     ゴールドマンが発表した合意内容によると、バークシャー・ハサウェイは配当利回り10%の優先株50億ドル分を引き受ける。さらにバフェット氏はバーク
    シャーを通じ、「5年以内の希望の時期に」1株当たり115ドルで50億ドル(約5300億円)分の普通株を追加購入する権利も得た。 バフェットがロトの妻かどうかは判りませんが…。敢えて言うならソドムとゴモラの象徴は、ゴールドマンサックスとモルガンスタンレーかな?







    ヒューリック 株式会社(旧・日本橋興業)東証1部新規上場

    Hulic_logo




    旧日本橋興業 明日東証一部上場予定




     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
       
     
     
    コード業種市場承認日公開予定日
    3265不動産業東12008/10/062008/11/11
    主幹事
    みずほインベスターズ   
    【事業内容】

      不動産事業及び保険代理店事業
    公開株数合計30,000,000売買単位100
    公募株数10,000,000売出株数20,000,000
    発行済み株数公開日前⇒136,428,700.00
    公開日現在⇒146,428,700.00
    資本金公開日前⇒1,670,151,000円
    公開日現在⇒3,879,151,000円
    仮条件提示日2008/10/21
    ブックビルディング(始)2008/10/23ブックビルディング(終)2008/10/29
    公募価格決定日2008/10/30
    申込期間(始)2008/11/04申込期間(終)2008/11/07
    仮条件470円~520円仮条件のPER(前期ベース)13.75~15.21
    公募価格470円
    公募価格のPER(前期ベース)13.75公募価格のPBR(前期ベース)1.28
    調達資金使途不動産賃貸業務の拡充及び強化を図り、将来にわたり効率的・安定的な賃貸収入を一層強固なものとするために、東京都心部等の駅周辺・交通至便な優良立地のオフィス賃貸用の新規物件取得に充当予


    こんな時なので、途中で中止ないし、延期になると思いましたが、その様な事も無く
    明日、東証一部新規上場となりました。有り難い話ですね…。



    http://www.tse.or.jp/listing/new/200811/11hulic.html 詳細は東証HPより




     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    会社設立年月日1957年03月26日
    会社住所103-0027 東京都中央区日本橋2-5-13
    代表電話番号03-3271-7541
    社長名西浦三郎
    ホームページhttp://www.hulic.co.jp/
    監査法人新日本有限責任監査法人  

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    主要株主
    株主名比率
    千秋商事(株)14.51%
    東京建物(株)9.38%
    (株)損害保険ジャパン9.38%
    明治安田生命保険(相)9.38%
    沖電気工業(株)7.15%
    日本抵当証券(株)6.82%
    みずほキャピタル(株)6.15%
    安田不動産(株)5.40%
    昭栄(株)5.08%
    安田倉庫(株)4.93%
    ※主要株主の持株比率は目論見書に基づき、潜在株式を含めた割合を記載しております。
    社員数229人(2008年08月31日現在)
    代表者生年月日1948年06月10日生まれ
    代表者略歴
    年月概要
    1971年04月(株)富士銀行入行
    1995年05月同 数寄屋橋支店長
    1998年06月同 取締役法人開発部長
    1999年05月同 取締役営業第一部長
    2000年08月同 常務執行役員法人グループ長兼法人開発部長
    2002年04月(株)みずほ銀行常務執行役員
    2004年04月同 取締役副頭取
    2006年03月当社代表取締役社長(現任)




    どこまで続く不動産倒産!危険信号“48社”

    世界を揺るがした金融危機の陰に隠れ、不動産会社の倒産劇が大々的に報じられることはなかった。しかし10月下旬に山崎建設(ジャスダック)、ノエル(東証2部)、ダイナシティ(ジャスダック)が倒産している。3社は、危機が叫ばれ続ける建設・不動産会社だ。
     今年に入ってから上場会社の倒産は27社。そのうち建設・不動産が18社にのぼる。危ない業界の筆頭だ。
     この先も倒産劇は続くのか。帝国データバンク情報部の中森貴和氏が言う。
    「不動産危機は去っていません。ファンドや金融機関から資金を借り入れ、不動産を開発、高値で販売するというビジネスモデルが崩壊したのです。マンション販売を中心にする会社は今後も苦しい。倒産は続くと思います」
     PBR(純資産倍率)という指標がある。会社の資産価値で、単純には1倍を切るとマーケットは割安と判断する。だが落とし穴もある。
    「0.5倍を切るような会社は実態とかけ離れ過ぎています。悪材料がひそんでいると判断したほうが賢明です」(投資ストラテジストのリチャード・コーストン氏)
    続きはhttp://netallica.yahoo.co.jp/news/54378



    続きには PBR のリストが載っています。



    【PBR「0.3倍以下」の上場不動産】
    ◇社名/PBR
    ◆パシフィックホールディングス/0.03
    ◆アゼル/0.07
    ◆日本エスコン/0.07
    ◆サンシティ/0.07
    ◆明豊エンタープライズ/0.09
    ◆ジョイント・コーポレーション/0.10
    ◆東栄住宅/0.10
    ◆クリード/0.12
    ◆原弘産/0.13
    ◆大和システム/0.13
    この会社に続くリストも載っています。この中でも、取引可能な会社もあるでしょう、それをシビアに探る必要はあるでしょう。また、残念ながら、会社は辛うじて何とかなりそうだったけど、株価の下落や銀行の取引姿勢で状況が変わってくる会社もあるかもしれません。



    東栄住宅の株価情報 http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?scode=8875
    この会社に事が及ぶと、実態は兎も角イメージ的な影響も大きく。だいぶ前から
    個人的には注目しています。皆さんはどのようにお考えでしょうか?
    考え方見方は変わられましたか?



    色んな事がこちらの意図するスピード以上で動いているのは現在だと思います…。





    川崎フロンターレ

    川崎フロンターレ:http://www.frontale.co.jp/index.html







    川崎フロンターレも4試合残している。優勝争い圏内に入っているので本日(11/8)頑張って欲しいものです。













    11/08(土)14:00大宮vs川崎FNACK



    試合結果は残念だが1-2で負けたようだ。



    スポンサー起業が倒産し、未払費用2595万円として債権者リストに出ていた。



    川崎フロンターレのスポンサーリストは、こちら からどうぞ!





    Jリーグ発足前の各チームの母体・スポンサーは、鉄鋼、自動車、建設、航空、電力、電気の会社が主体であった。現在の各チームスポンサーに住宅業界も多く関わっている。しかし、チーム運営についても課題が多いのは事実であるが、最近突如スポーツ選手の引退とか実業団でも休部とか廃部などというニュースも耳にします。これはスポンサーサイドの継続不可能と言う理由があるのも事実ではないかと思う。この点に関してはなんとも言いがたい部分である。もし、自分が、自社がスポンサーになったときメリット・デメリットは十分考えなければなりませんが、メリットがあると思うスポンサーになる先であれば、デメリットがなければ続けてください。それには、出来る範囲で無理や過大な負担にならない事と、価値あるもの・ないものの付加価値の値段の許容範囲も重要な事であると思いますのでその点も考えて行ってください。



    各チーム母体・スポンサーをご覧になりたい方は下記サイトからご覧になってください。http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/7502/football/teams.html (結構詳しく出ています)



    正月の全国高校サッカー選手権大会の各都道府県の代表校決定が大詰めを迎えています。自分の後輩たちもやっと東京A代表をめぐり11月15日戦います。見に行きたいのですが都合により行かれないかもしれない。食欲の秋、スポーツの秋などいろりろありますが、皆さんは何か体を鍛える事していますか?Willなどゲームの擬似スポーツほどためにならないことはご理解されていると思ういますが・・・。



    地区大会の経過や各都道府県の代表校など ここ からご覧になれます。





    本社の人間は現場を知らない?

    本社の人間は現場を知らない、親会社は子会社の事を知らない。
    元請会社は、下請け会社、孫請け会社の事を知らない。



    この事が、当たり前のようになると何が起こるか?



    このところ、時折、我々建設関連会社の社員さん、特に現場の人の
    特殊な事件を目にします。又こんな事故が起こりました。



    川口市戸塚東の市道交差点で3日夕、乗用車とワンボックスカーが衝突し、乗用車の家族3人が死亡した事故で、武南署は4日、一時停止の標識を無視して事故
    を起こしたとして、ワンボックスカーを運転していた同市赤井、会社役員芝塚直美容疑者(33)を自動車運転過失致死容疑で逮捕した。芝塚容疑者は事故直
    前、北西に約450メートル離れた市道で追突事故を起こし、逃走中だったとみられる。非常識な逃走車の巻き添えで命を落とした一家。3人を知る人たちは悔
    しさをにじませた。続きは こちら から



    この建設会社の役員さんがどこの会社であるかは別として、この様なことが増えるのはなぜだろう?ここにある意味、少し変わった貧困ビジネスの構造があるのではないだろうか?
    貧困ビジネスと言っても、単に貧困層を対象に商売をするのではない。
    この場合、最初は貧困ではなかったかも知れないが、自分を守る為に、その他の層を利用して商売をする。そして、その結果、新たな貧困層が発生し、その結果として、この様な事故が起こりやすくする。今回の事故や暫く前の、大阪のひき逃げ引きずり事件は、個人の資質によるところが多いのかもしれないですが、そんな風潮を放置すればするほど、後になって後悔する事になります。



    皆さんも、建設関係の車が、よく自分の家の周りでウインカーも出さず道を出さずに曲がっているのを良く見ますよね。そんなとこに、もう既に意識の変化が現れているのです。



    我々の業界が、将来も無理なく遣っていけるには、何か少し考え直す事が必要なのでは?



    メーカーから流通、そして現場へ その中でどのようにコストをダブらす事のないようにするには、まずは流通部門の複層さを解消する事。そして、そこでそこに位置する企業がどのように存在を変えていくかが最大の課題となる。


    大工人工55万人に減少


    総務省統計局がこのほどまとめた平成17年の国勢調査(平成17年10月1日現在)によると、日本の労働力人口は、6546万人、5年前調査に比べ64万人、1%減少した。一方、在来工法の担い手である大工人口は55万4500人で、同比9万2300人、14.3%減となった。最近のピーク時である昭和55年調査時には93万6703人を記録しており、この数値と比較すると40%の大幅減となる。




     
       
          
          
          
          
          
          
          
          
          
       
       
          
          
          
          
          
          
          
          
          
       
       
          
          
          
          
          
          
          
          
          
       
       
          
          
          
          
          
          
          
          
          
    (千人)昭和45年昭和50年昭和55年昭和60年平成 2年平成 7年平成12年平成17年
    労働人口5332154390572316039163595670186609865462
    大工人口852868936805734761646554
    大工シェア率1.60%1.60%1.64%1.37%1.15%1.14%0.98%0.85%


    93509550





    追悼 ダントツの最下位の中でのインタビュー

    筑紫哲也×野村謙二郎 2000本安打達成








    たる募金(中国新聞より) http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/carp/gohito050508.html



    正直この時期(2005年06月23日)は、野村の事以外何も良い事の無かった頃、先の目標もあるのか無いのか判らないそんな時期だった。それは、前年のジョージ・W・ブッシュの再選からであった。日本国内では、三連続でサッカーワールドカップ出場が決まった事くらい。そして極めつけは、911の郵政選挙であります。前年の米大統領選、郵政選挙と、これほど安易に国民を選挙テクニックで騙す事ができるんだという落胆を感じていた歳だった。この事は、日本でも都合の良い事なら何でもありという安易な風潮を醸し出したと確信している。この第一弾は、不良債権処理における銀行への対応ではあるが…。



    2005年 ダントツの最下位 でもあの巨人とは僅か4ゲーム差であった。12年ぶりの最下位



    筑紫さん野村君同郷の2人が、このインタビューの裏で本音で何を考えていたかはここでは読み取れない。



    今シーズン最後の最後でこの選手層ですが踏ん張りかかったのを見てくれたでしょうね。夏には相当悪い状態になっていたようで、最後の最後の結果。もし、3位に残れたら僅かな夢も残して旅立ったかも知れません。でも、こんな中でも明日への夢の欠片も見えかかってきた今シーズン、できたら「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」の初戦を見せてあげたかった 合掌





    NHK特番と言っても地味ですが

    11月のテーマは「危機に立つ世界経済 どうなる日本」です。

              11月9日(日) 第1部 19:10~20:00  第2部 20:10~21:00



    番組HP http://www.nhk.or.jp/bsdebate/    









    クラシックが響く街へ~指揮者・飯森範親の挑戦~

    「発見・人間力」



    今日、早朝番組を見ていた。フジTVのTV批評の今野勉テレビマンユニオン副会長が出ていた。
    これに続いて、テレビ朝日の「発見 人間力」です。後者は自分達にダブらせて見ていた。
    「アピール・アンテナ・前向きさ・夢」…

    まったくその通りだ。前向きさと言うのは自分達の場合単なる前向きさでは、ままならない。先を読み、先手を打つ。時期柄それは今時点では、先行して守る管理するであった。でも、この事は、いち早く底を確認した時に、一歩先に行動できる。更には他の業者がその時点での不良債権処理に窮している時に、我々がそんな事をしていないようにする為に前向きさであります。



    世界で活躍する指揮者・飯森範親さんは山形交響楽団の魅力をアピールするために様々な取り組みを展開しています。

    ◆アピールする努力をしないと 魅力は相手に伝わらない◆
    山形の人は、自分たちのいいモノをもっと外に発信すべきだ…飯森さんは自ら動くことでアピールしていくことの大切さを実践しています。

    ◆ニーズを探るアンテナを張れ◆

    「音楽家はサービス業」と飯森さんはいいます。ニーズを探るためのアンテナに敏感であることがこれからの音楽家には求められているといいます。

    ◆常に前向きな気持ちがあれば 周りもついてくる◆
    「困難は次へのステップ…」飯森さんは、常に前向きな気持ちを持つことが将来の成功へとつながると信じています。

    ◆夢…クラシックが響く街◆
    そんな彼の夢は「クラシックが響く街」が増えていくこと…クラシックの魅力を伝えるためにまた新たなアイデアを考えています。
    http://www.tv-asahi.co.jp/ningenryoku/ オフィシャルHP



    http://blog.goo.ne.jp/chef-norichika/ 飯森さんのブログ



     経営者やリーダーは八間力を持たなければならない。どのような形が有るか、それは人様々であって良い。でも、それなりの人は会社の中で訳の判らない事を言っているだけでなく、外に向かって発信せねばならない。一部の実直なリーダーは、HPやブログまたはその他でメッセージを出しています。当然、その内容によっては大きな責任が伴います。でも、会社を帰営すると言う事は、そんな経営者一人のリスクより大きな、社員家族全員のリスクを背負っているのです。そんな事を考えた上で、自社・自業界の利益だけの為でなく大きな行動をされる事を望みます。





    本当にする気なのか?(追補)





    先週とうとう、農中が表面的な証券化商品の保有について出してきた(6兆8230億円)





    今現在の表面的な損失と内訳程度でありますが、ABSについては三月末から比較しても1兆円残高が増えています。
    まだまだこの先どのような結果になるかは、ここからは完全にはわかりませんが
    こちら から御覧ください。





    以下の記事は以前のブログであります。





    農林中金、証券化商品への投資を拡大へ





    25日付の英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙は、農林中金が資産担保証券(ABS)や債務担保証券(CDO)などの証券化商品への投資を拡大する計画だと伝えた。向こう1─2年間で投資規模を少なくとも6兆円(540億ドル)拡大するという。   




     農林中金の幹部はFTに対し「証券化商品に投資しているのは、それらが10年前のようにクリーンになったためだ」と述べた。   



     FTによると、農林中金は投資ポートフォリオにおける証券化商品の割合を37%から50%に引き上げることを目指している。   



    よくある日本人の最悪パターンだ。今までやっていた事の良いとこ悪いとこ、それを分析して、次の投資行動をする。しかし、その事を振り返らずに、遣り方を継続してしまう。農中だから、一般の銀行より、営業面は弱いけれど、地域の組織として資金力はある。そんな、半官半民的な組織は、なかなか、方針を変えられない。



    かつての日本の様に、戦争を始めても、戦争を止められない資質。この事と同じでならない。日本の為にはと称して何でもありあり。これでは兵隊だけでなく、国民も堪らない…。まあ、今の世の中、老いも若きも謝る事ができない。責任を取るのが怖いと言う事であります。どこからこのような時代に入ったんだろう…。



    (農中関連記事)



    農中:欧米のABSに3兆円追加投資へ-サブプライム余波で妙味 サブプライム発覚後、次のような投資方針を出した(昨年10月) ここ



    そして、その結果として、今現在以下のような状況を生み出した。



    農林中金、米住宅公社債5兆5000億円を保有 国内で最大規模 ここ
    農林中金 サブプライム関連損失1869億円計上 ここ



    バブルの初期段階、住専処理に公的資金が使われたのは、この農中対策。住専7社に対する融資残高は、総貸し出し9兆9000億の内約60%の5兆
    5000億(農林中金8000億、信連3兆4000億、共済連8600億、全共連4500億)この様な、運用能力の無い金融機関を残しておくと問題は繰り返される。まして、この最大の危機を守ってあげるのだから何をかを言わんであります。今回起こっている事は、この時に匹敵する事であります。たぶん、本音としては、買い続けるしかない。そして、それが何とかなってもらうしかないと祈っているだけしか出来ないのかも知れない。



    民営化記念で、投資信託を売りまくった、日本郵政銀行。既に元本の60、70%の物が続出して、こんな物買ってないとなっている。来年創設となる老人マル優に株式配当だけでなく、投資信託の配当金も該当と言うのは上のような物への対策と思える



    今起こっている事で、一番悪いのは、節操の無い業者でありますが、彼らは結果としてペナルティを受けます。一番悪いのは倒産です。しかし、それよりも本質として悪いのは、管理の出来ない銀行と、その金融機関を管理しようとしなかった金融当局。更には、その事をしたくてもさせなかった政策当局の責任の方が大きいのかも知れません。



    そして、金融機関・金融当局・政策当局はあまりペナルティは受けません。逆に、困った時に何かの政策を出すと言う事により、焼け太りになるのが常であります。





    バベルの塔は完成するか?(追補)

    Img05a82369zikfzj



    ドバイ経済に変調 金融危機・原油急落…
    (日経ネットより)



     ここ数年で飛躍的成長を遂げてきたアラブ首長国連邦(UAE)ドバイの経済に変調が生じている。金融危機と原油価格急落の影響で成長をけん引して
    きた株式相場、住宅・不動産相場がいずれも下落に転じている。信用収縮により資金調達も難航し始めており、新規プロジェクトへの影響は不可避との見方が強
    い。天を突く高層ビルや巨大開発事業をてこにヒト、モノ、カネを吸い寄せてきたドバイの「ビジネスモデル」は転機を迎えている。



     「かかってくる電話は売りたいという話だけ」――。不動産コンサルタントのオミド・ゴルジ氏は投げやりに語った。ゴルジ氏が勤務する仲
    介会社はドバイ郊外の「マリーナ地区」にある。何10棟もの高層ビルを同時に建設し、世界中のクレーンの3割が集まるとされたドバイの活況を示す象徴の場
    所だ。



     ここで異変が起きている。10月に入ってから物件価格が下がり、大手不動産仲介業者によると「値下がり率は建設中の物件で10%。完成済みの物件でも下がっている」という



    (ここから下は以前書いたブログより)



    2008年5月18日(日)午後9時~9時49分  NHK総合





    今から30年前、地球上に人口1000万を超える都市は、東京、ニューヨーク、メキシコシティの3都市だけだった。いま、その数は20となった。上海、サンパウロ、ダッカ、イスタンブール…。ほとんどは、新興国の都市だ。20都市だけで世界のGDPの半分を占める。国連人口白書は今年、「都市の世紀の幕開け」を宣言した。

    煮えたぎる都市の地殻変動を描くシリーズ「沸騰都市」。第1回はドバイを取り上げる。
    世界最大の空港、世界最大の人工島、怒涛のようにオイルマネーが降り注ぎ、それを元手にあらゆる分野で世界一を目指す中東ドバイ。極めつけは、高さ800メートル、160階建て、世界最高の高さを誇る超高層ビル・ブルジュドバイ。2009年中の完成を目指して、今建設が24時間体制で進んでいる。ドバイ政府は、ブルジュドバイをピラミッド以来のアラブ社会の権威の象徴と位置づけている。

    世界の建設現場からクレーンを根こそぎ奪い、バングラデシュやパキスタンから母国の数倍の給料で労働者をかき集めるドバイ。世界が不況に苦しむ中、ドバイに群がる人々の欲望の物語を描く。



    http://www.nhk.or.jp/special/onair/080518.html NHKスペシャル



    http://www.burjdubai.com/ ブルジュ・ドバイ



    Photo





    プロとは何なのだろうか?

    ガンバレニッポン!まだまだあるぞ底力!



    ≪放送日時≫

    11/1(土)午後2:00~2:55      2(日)昼0:00~

    6(木)夜10:00~、深夜3:00~   7(金)午後2:00~




    ≪出演≫

    武者陵司(ドイツ証券副会長兼CIO)

    田宮寛之(『オール投資』編集長)、

    五十嵐敬喜(三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部長)




    ≪キャスター≫

    蟹瀬誠一(国際ジャーナリスト)
    http://asahi-newstar.com/program/keizaibattle/index.html
    昨夜、上記の様な番組を(再放送)見てしまった。最初の放送時から見るつもりは無かったけれど、偶然、時間が空いていたので見てしまった。30分間我慢して見ていたが、番組の後半は、あまりの酷さに見ることが出来なかった。
    上の三名は、御覧のように、この手の業界はプロであります。それなりの経歴を持っています。しかし、今のような波乱の中にあって、今までは何も効果のあるメッセージを出せずにいた人達です。いやはや、昨日の番組(再放送)には、言葉もありません。
     しかし、この事はなぜこの様になるのだろうか?企業や業界のスポークスマンだから…。
    業界の利害とはなんなのだろうか?この話は今の日本にあふれている話。言葉は悪いけれど、オレオレ詐欺の事を単純に批判できない。オレオレ詐欺紛いの事を平気で遣ってきている。名だたる企業でも、そう変わりは無い…。



    47歳トリオ?



    オバマ、lラム・エマニュエル、ティモシー・ガイトナー 

    上の三人は、恥ずかしながら自分と同じ年齢。大きな事を遣りたいとは思わないけれど、今の現状から海の向こうの事を見ていると、情けなさを感じてしまう。



    エマニュエルさんのホワイトハウス入りは以前から言われていたが、一番重要な人事として次の財務長官が誰になるか一昨日から、少し調べていた。



    懐かしいポールボルカー、ラリーサマーズはまだしも、ウォーレンバフェットやロバートルービンの名も出ている。上記4名が本音か冗談かはよく判らないが、その末席にティモシー・ガイトナー現NY連銀総裁の名が入っている。(ほっとした)



    ある人が言っていた、オバマ周辺からこの名前がわざと出されていて、その反応を見ているんだろうと、他の部署ならそこまでは必要が無いかも知れないけれど、財務長官だけは、市場との葛藤があるからだと…。その人曰くこれらの人全てに残念ながらネガティブ要因がある。先の4人にはここでは出さないけど、ガイトナーについては、知名度だと…。



    確かに、日本人ではその事を知る人はかなり少ない。自分も42歳でNY連銀総裁に2003年になった時気付いたのだから、それも年齢でびっくりしただけだったから…。その後の活躍はあまり聞かれなかったが、二年前だったか、ある時、グリーンスパーンを批判した。当然ベン(バーナンキ)についても批判した事がある。その理由がなんなのかは当時判らなかったが、内容は、その通りだと感心していた。







    新財務長官 ガイトナーの可能性を考えていた。勿論、その事があったからといって



    アメリカの金融危機が無くなる訳ではない。ただし、この半年、彼が陰日向となって
    嫌がるお年寄りを動かしてきた経緯はある。一時キッシンジャーのとこにもいた事もあり、政治的な意味合いも習っていたかもしれない。



     その中で、少しお遊びで、検索エンジンで「ティモシー・ガイトナー」を検索かけて
    日本ではどんな感じで取り上げられているかを見ていた。今日現在はだいぶ引っ掛かるようになっている筈だけど、一昨日は今より少なかった。



    そんな中で、上の方に株式評論家のブログが引っ掛かった、記事は11月1日かあ



    http://ameblo.jp/yoshiko115km/theme-10008924704.html そうかこの手の人でもこの程度の事さえ知らないのか…とガッカリしますが、この程度でも、評論家としてやっていけるのだから日本なんて困った物だ。



    Timothy_f_geithner_2


    Timothy F. Geithner





    残念ながら橋本愛三商店と長濱商店が行き詰りました。(追補)

    この二社は少し前から、取りざたされていたのですが、残念ながらこのような結果となりました。
    この事は、一部の特定の人と話していたのですが、あまり表沙汰にも出来ませんでした。
    市場関係に人には、この二社の話はせずに、浜問屋管理はどうしていますかと?投げかけました。結果として、極僅かな人しか反応を頂けませんでした。
    積極的に管理しているかどうかは、日頃の事を見ているとなんとなく判るのですが、それでも何か良い方向へと願うあまり聞いてみたのですが…。
     ところで、この二社については今までの取材の中で得た事、思った事を少し冷静に纏めてみようと思ってます。皆さんも、表の話、裏の話をお知りでしたらお教えください。



    8月20日のブログで少しヒントを載せたのでしたが… ここ でした。



    ジューテックプレスリリース こちら から



    【追加】 自己破産申請し破産手続開始決定を受けていた



    (株)橋本愛蔵商店(資本金3000万円、世田谷区上北沢5-37-1、代表村田作彌氏)は、10月22日に東京地裁へ自己破産を申請し、29日に破産手続き開始決定を受けた。
     破産管財人は鈴木和夫弁護士(港区新橋5-19-15、電話03-3431-8032)。債権届け出期間は11月26日までで、財産状況報告集会期日は2009年1月29日午後2時。


    先日、関係者筋のところへ伺ったのですが、この話はしていただけなかった・・・?





    今年度住宅着工数予測 再下方修正

    住団連、今年度住宅着工数予測を再下方修正 需要落ち込みで








     
    住宅生産団体連合会(東京・港、和田勇会長、住団連)は4日、大手戸建て住宅メーカー16社に対し10月に実施した2008年度の住宅着工件数の調査結果
    を発表した。今回の全体の予測平均値は106万4000戸と、前回7月の予測(109万1000戸)よりも2万7000戸減少した。7月にも着工件数を4
    月より下方修正しており、住宅需要の減退感が増している。


     戸建て注文住宅などを指す「持ち家」の予測平均値は32万3000戸と前回より7000戸減少。建売住宅やマンションなどを示す「分譲住宅」も28万1000戸と、同様に1万8000戸減った。アパートを含む「賃貸住宅」は4000戸減り44万9000戸となった。

    最近の建築確認件数等の状況について 国交省発表


    http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000051.html


    000026432