「ベリョースカ 白樺」新橋駅前ビル

300pxmoscow_city_on_21_july_2008
先日、モスクワシティー地区に建つ予定であった、ドバイに次ぐ、世界二位のモスクワターワーの建設が中断された。



新興国バブルの崩壊からであります。



[E:building]



モスクワターワーオフィシャルHP こちら



[E:down]



このモスクワシティー構想は、98年の通貨危機の際に一時的延期され、その後動き出して、左の様なとこまで来たが、再び中断される形となった。



[E:building]



[E:ng]



世界的に深刻化する金融危機の影響を受け、ロシアではウオツカの消費量にも
陰りが見えている。アルコール業界の関係団体が24日明らかにした。



それによると、2008年11月1日時点のロシア国内の倉庫や小売店での
ウオツカの在庫量は8200万リットルと、前年同期に比べて6倍に増えた。
近代ロシアでは前例のない在庫水準の高さだという。
   アルコール業界団体の会長は、ロイターに対し「人々は飲み物を含め節約して
いるが、これは可処分所得に対する金融危機の影響が関係している」と述べた。
   ロシアは世界的な金融危機の打撃を最も受けた国の1つ。株価は5月以降で
約70%下落し、労働者は失業や給与の未払いなどにも苦しんでいる。



昔、新橋東口にある駅前ビルに「ベリョースカ 白樺」というお店がありました。
まだ、冷戦時代(レオニード・ブレジネフ時代)で、殆どお店としては地味なお店でした。
どうやら、ソビエト崩壊の後の93年にお店はクローズとなったようであります。



モスコフスカヤ、ペルツォッカ、ハンター ウォッカ、レモンウォッカ、ストリチナヤ…
年二回ぐらいあるセールの時に数本買ってました。



話をウォッカに戻しますが、不景気の入り口で、ウォッカの消費量は上がり、宝くじや馬券の売り上げはアップする。しかし、その第二段階に入ると、もう一度急速にダウンする。そんな時期に入っている。住宅においても同じ事が言える。しかし、その未曾有の状態こそ、本当に誰も買わないような大底に到達する。しかし、その時、企業がその事を考えて動くかについては、あまり期待は持てない。



Main





日本の有力企業とは大違い

LG、下請企業に100%現金決済へ (ウォン5日連続安値更新中)















 LG電子をはじめとするLGグループ内の系列会社6社が下請け企業に対し、100%現金で決済し、金融支援も行うことにした。



 LGは24日、ソウル汝矣島のLGツインタワーで「LG下請け公正取引
協約宣布式」を開き、LG電子の南鏞(ナム・ヨン)副会長、LG化学の金磐石(キム・バンソク)副会長、LGイノテックの許永鎬(ホ・ヨンホ)社長、LG
生活健康の車錫勇(チャ・ソクヨン)社長、LG CNSのシン・
ジェチョル社長、LGエヌシスのチョン・テス社長ら6社の最高経営者(CEO)が下請け企業の代表らと「パートナー支援協約」を結んだ。



一ヶ月前の状況は http://news.nna.jp/free/news/20081002krw002A.html



最近の収益状況は以下の通り(代表的な収益源LGディスプレー)



20081015lgl







バックスマッシュさんのコメントを読みながら

バックスマッシュさんのコメントを読みながら…。(思い出した記事)







できる上司の「話し方」:伊藤忠商事社長 小林栄三




「10×10の掛け算式」人心を掴む極意





いかなる相手とのコミュニケーションであれ、私が一番大事に考えているのは、相手が何を言いたいのかを正確に把握することです。

 昔からの習性で、話をするとき、私は必ず相手の顔、特に目の表情を見ます。シリアスな話をするときほど目は口ほどにものを言う。どれだけ本気なのか。口先だけなのか。どの程度勉強しているか。あるいはどういう計算があるのか――。結構わかるものです。
続きは こちら からお読みください。感想があったらコメントください。



でも、10×10 でなく 300 × 300 を狙っているのはわれわれペイペイでは
無理かもしれないですが?





御社の上下関係の透明度、柔軟度についてお教えください。

 会社や業界が低迷した時。その時に何が必要かといえば、自分の経験上、上下間の意思疎通ではないでしょうか?
90年代の自分の経験です。状況が悪くなればなるほど、上司は現場を知ってか知らずか数字の事ばかり、結果として上下だけでなく会社がばらばらズタズタになった。そして、そのうち訳の判らぬリストラを始めてしまった。 
 ところで、皆さんの会社、この様なメールを送っている方の立場は、会長さんから普通の社員お方まで様々でありますが、自分の会社を冷静に見て会社内の意思疎通の面で、100点満点で何点を付けますか?
 またその点についてコメントがありましたら付け加えください。それから、出来たら、
メールと言うよりブログに書いてくださると良いのですが…。それは、300名対1名だと
そこで終わりですが、300名が書き込み、それを300名が見ると、300×300という力
の広がりになるのです。



一人ひとりでは何の力にもならなくても、それが集まれば大きな力になります。



(追補)早速、メールでは意味のある意見も入ってきてます。中には、何素人みたいな事をやるなあと批判的なものもあります。それで良いのです。批判の理由も当然、よく見る必要はあります。でも、そんな事があればあるほど意味があるのです。



 単純にスルーされるより、そんな事があるから、お互いに何かを言いたいのだと思います。ただ、否定非難する時は、自分側に負けない論理的なものを持たないと、結局は、子供の喧嘩で終わってしまいます。自分も会社内で、このような子供の喧嘩を遣った事があります。でも、そのような会社がその後どうになったかを自分の会社、または知り合いの会社を沢山見てきました。多くは、無くなっていきました。または、二回も大株主が変わった会社も知っています。



 ずっと提言しているのは、先を読んでおく習慣をつけよう。自分に都合の良い事は主張しても何の意味もない。つまり、現実は甘くない。そして、良いグループ・仲間を作ろう。でも、その仲間は、お互いに弱いとこを舐めあっているメンバーでは、意味がない。時には、そういうメンバーでも弱みを話し合い、強化対応する資質を準備しておくなど、切磋琢磨できるメンバーであるべき。単に、ゴルフや飲み会で、その時だけで後に影響しない会合を遣っている場合でない…。



でも、時には、返ってきたメールを読むと寂しくなる時もありますね…。



「半径2メートルの男」



ご存知のように、麻生さんの事です。日本社会、まだまだ、仲良しクラブしか駄目なのだろうか?勿論、一部地域を限って(他の社会と接しないという条件)なら、村八分は可能であると思える。ただ、その事は、相当制限が付く話。まあ、それでも総理になれる国なのだから、まだまだ余裕も余力も残っている。しかし、そんな事がいつまでも出来るほどの時間は残っていない。