やっと落ち着いた対応になるのか?

東芝、半導体新工場の着工延期を検討



 東芝が岩手県北上市で2009年春に予定していた半導体工場の着工の延期を検討していることが26日、明らかになった。8000億円超を投資し、携帯電話端末などの記憶媒体であるNAND型フラッシュメモリーの新工場を10年に稼働させる予定だった。



 新たな着工時期は低迷するメモリー市況の回復を見極めて判断するとみられる。東芝は「現段階で延期を決定した事実はない」(広報室)としている



東洋経済(1) 東洋経済(2)



自分で増産競争して、市況を崩し、ライバル企業ギブアップさせれば、天下になるが…。



でも、ここまでは研究開発全力投球で、設備投資は半分。しかし、これから、相手の体力が弱ってきているこれからは設備投資計画をするめるのに全力投球なのだか?底を見てから始めるのでは遅いので、この程度の時期から全力投球であるべきかと思うのだが…。



残念ながら、東芝も業績悪化となり、設備投資見直しへとなってしまうようである。



順張り経営と逆張り経営の差であります。



エルピーダについても同じであります。同社は東芝よりデリケートに遣ったのですが、結局は我慢できずに工場増設となった。その事により、最後にはMSCBというインチキ社債に手を出し、今のような状況を生んでしまった。11月6日の決算発表で坂本さんは、残念ながらブードゥを繰り返していた(そろそろ反発する…)。最後の日の丸半導体、東芝もそうですが、何とか残ってもらいたいのですが…。市況とはその事がなんだか判らない人にとってとてもきつい。この2社の元に、クリスマスが来るのかは判らない?



東芝IRサイトは こちら からどうぞ



Photo








スキル×モチベーション

あなたの skill × モチベーション= の答えはどのくらいですか?



スキルがゼロということは無いでしょう。だから、そのスキルのレベルの上下を補うのが
モチベーションだと言うことです。



そのモチベーション値の低下を招いている物は何かを考えれば、よい答えは
出てくるのではないでしょうか?



答え? 怠け?が一番今の日本人に多いかもしれない。何か聞くと判らないと言われる事が
よくありますが、その大多数は、怠け、答えを出さない逃げだと思われます。
次に障害なのは、自己中心の視野の狭さ?でも、それは、相手の立場に立ってみれば
ヒントは出てくる筈です。



日本の産業のコスト競争は、戦えば戦うほど負けてしまうのは海外との競争。でも
これは、相手が、上がってくる事を待つしか対応策は無い。製造業では、この答えが
出掛かっているが、まだ、トヨタレベルの会社でも最後の対応策がふらついている。



問題なのは、サービス産業の方。サービス産業といっても、所謂サービス産業から
我々、ルートセールスまで様々。でも、このサービス産業の方が、スキルや会社の規模より、モチベーションが左右する業種はない。



この事を経営者が認識して行動しないと、同じ事を繰り返すだけ。



経営者は、なぜ(自分の会社はそうでないと言うかも知れないけれど)そうなっているのかを考えながら、この先の時期を潜り抜けてください。



このように書いても反応は無いとは思いますが…。