バックスマッシュさんのコメントを読みながら

バックスマッシュさんのコメントを読みながら…。(思い出した記事)







できる上司の「話し方」:伊藤忠商事社長 小林栄三




「10×10の掛け算式」人心を掴む極意





いかなる相手とのコミュニケーションであれ、私が一番大事に考えているのは、相手が何を言いたいのかを正確に把握することです。

 昔からの習性で、話をするとき、私は必ず相手の顔、特に目の表情を見ます。シリアスな話をするときほど目は口ほどにものを言う。どれだけ本気なのか。口先だけなのか。どの程度勉強しているか。あるいはどういう計算があるのか――。結構わかるものです。
続きは こちら からお読みください。感想があったらコメントください。



でも、10×10 でなく 300 × 300 を狙っているのはわれわれペイペイでは
無理かもしれないですが?





この記事へのコメント

おumaちゃん
2009年02月28日 08:27
2008年11月24日号日経ビジネスの特集
「縮み志向を吹き飛ばせ!熱い職場」
100回の会議より、1回の飲み会の方が効果あり…。
このような時は、ノミュニケーションも価値がある時もある。
会社によってやり方は様々でありますが、上司が部下を縮まさせてはならない。かってやった、同じ道を歩まない為に、叡智があるのに、同じ道を歩もうとしている。