建設業を含め現場の意識を高めないと…

建設業を含め現場の意識を高めさせないと何を言っても無理かもしれない…。



そうなってしまった理由は皆さんは、KYじゃなければ誰も理解しているだろう。
それを理解して対応が打てない、本社・本部ではこの先が危ぶまれる。



色々と見回していても、トップリーダーに大きな期待を掛けられる人は残念な事に
多くない。日本の今までの良いとこは、個々人の意識レベル高さだった。バブル以降
その事に変化が出てきている。しかしそんな事やって評価されるのかと言う事。



日頃付き合っている人は、そんな事が少ない人であり、でも、会社全体がそんな人
ばかりでない。会社によっては、そんな人は稀な会社もある。



これからは、何を遣っても数字にはなかなか表れない。でも、この1~2年に
その事をしておかねば後になって後悔するだろう。
お金の無い時には、頭と体を使うしかない。そんな事の繰り返しこそが明日への糧となる。



先ほど保険会社の人と話をした。現場はこれ以上負担を掛けられない、間接部門のコストを



どうするかが、今後の保険会社の行く末を決めるのではと言っていた。お互いの最後の合意は



日本では良くも悪くも生命保険バブルがあったと…。



◎未来への提言「人類学者エマニュエル・トッド アメリカ帝国以後の世界を読む」



NHK-BS1 放送日:2009年 2月28日(土)
放送時間 :午後10:10~午後11:00(50分)

番組案内はこちら  お時間があったら見てください。



この記事へのコメント