富士ハウス倒産の余波を住宅建設業者が警戒する理由

富士ハウス倒産の余波を住宅建設業者が警戒する理由(ダイヤモンド・オンラインより)

 静岡県を地盤とする注文住宅メーカー、富士ハウスが1月に倒産したことが、住宅業界に思わぬ波紋を呼んでいる。同社は、工事請負契約2186件を抱えて破産。住宅を完成させるためには多額の追加支払いが必要なケースもあり、社会問題化しつつある。続きは こちらで お読みください。

「小沢代表から記者クラブ開放の言質をとった記者会見での質問」
ついでに、こちらも お読みください。
本当は歴史的は日だったのですが、残念ながら、この事により、今まで以上にマスコミ(記者クラブ)を敵に回す事になった。これで、役人とマスコミを敵に回した事になる。普通日本では遣りたい事もできない事となった。国民にリテラシーがあれば可能性があるが、それは期待できない。つまり、日本では、オバマでさえ出てこれないという事であります。

この記事へのコメント