生活防衛 住宅関連会社の倒産 (東京新聞より)

今年に入り、住宅関連会社の倒産が相次いでいる。木造注文住宅メーカー、富士ハウス(浜松市)の自己破産では、二千二百人以上が計五十五億円の被害を受け、一部の建築主が代金の一部返還を求めて提訴する事態に。未曾有の不況が続く中、専門家らは、出来高払いや保証制度利用などによる倒産リスクの回避を勧める。続きはこちら

この記事へのコメント